緑水の森支援活動ブログ

〜震災支援として心のケア活動を行っています〜

緑水の森被災地被災者支援活動

イメージ 1
 
 
緑水の森支援活動・熊本地震をうけて活動再開!



被災された方へ、
無料カウンセリングを行っております。
ご希望の方は、  
 件名に「カウンセリング」と記載してください。 
 
避難者の方は、
どこの県からの避難であるかをご明記ください。
 


 
 
東日本大震災に関わるすべての支援業務は、
2016年4月より、
一般団法人 JAST (日本ソーシャルセラピストアカデミー)へと
引き継ぎいたしました。

お問い合わせは、

一般社団法人 日本ソーシャルセラピストアカデミー(JAST)


 
 
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
 
             
                 支援者・被災者という立場の枠を越え、
               人と人の繋がりを第一とし
                     調和を図るものとする。(活動理念第9条)
 
 
東日本大震災後の被災三県に留まらない多次的影響を鑑み、
被災者、避難者、困窮者にとどまらず、心に傷を負い、
自己回復が望めない状態に陥っている人に対して、
メンタルケアを中心とした支援を展開。
負のループから抜け出すための手助けを行う。
さらには、自立を目的とした息の長い伴走支援を個別ケースごとに行う。
 
以上の理念を掲げ、緑水の森被災地被災者支援活動は、
2011年3月11日より様々な活動を展開して参りました。
 
 
活動を継続していく中、
心の問題が深まっていく現実と心のケアを必要とする人の多さと、
それらの問題に応えていく対人援助職の圧倒的な数の足りなさと質の低下を
目の当たりにすることになりました。
 
緑水の森支援活動メンタルケアチームでは、
そのような問題に対し、
抜本的な解決策を提示していくことの重要性を感じており、
まず手始めに、
質の高い対人援助職の育成事業を展開することといたしました。
また、個別対応のカウンセリング事業に携わる専門家が、
長期に渡りこの活動を継続していくことのできる仕組みづくりを
考慮していく必要性を感じております。
 
 
そのような理由から
2013年11月
緑水の森支援活動代表の大谷哲範を筆頭とした
一般社団法人 日本ソーシャルセラピストアカデミー
《通称JAST》を設立いたしました。

 
この大きな災害から学んだ教訓を、
広く世の中の人たちと共有したく思っています。
 
 
新団体とともに、これからもよろしくお願いいたします。
 
                                    代表  大谷 哲範
 
 
 

【寄付金振込先】
山形銀行 東青田支店
普通 212393
緑水の森再生委員会
会長 大谷哲範
 

その他の最新記事

すべて表示

熊本地震への支援

2016/5/6(金) 午後 9:36

2016年4月14日から頻発している、熊本県を中心とする地震『熊本地震』により、 被害に遭われた皆様に心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。 被災地の一刻も早い復興をお祈りいたしております。 緑水の森支援活動 ...すべて表示すべて表示

宮城県水害 栗原市

2015/9/28(月) 午前 2:02

床上浸水170棟 床下浸水 270棟余 ・・・と、先日の台風の水害により、大きな被害のあった宮城県栗原市を訪れ、視察と作業を行ってきました。 栗原市では、地元社会福祉協議会が、ボランティアセンターを開設しておらず、この膨大な ...すべて表示すべて表示

毎日の相談業務の他にも、わたし達は、保養プログラムやイベント等に参加し、 相談をお受けする機会があります。 9月19日(土)、葉っぱ塾主催の保養プログラム「森の休日」に参加し、 9月20日(日)は、寒河江で行わ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事