t-28マイペース

ブログ始めました!ウェットブラスト受付中

ウェットブラスト

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ウエットブラストのご依頼

ウエットブラストの事で電話がかかってきました。
車のミッションケースの一部分のベルハウジングの加工依頼です。
 
何やら、40年は経っているとのことでした。油汚れは少しあるとのこと
イメージ 1
かなりの汚れです。
イメージ 2
内側も汚れがかなり付いています。内側なので油汚れだけだと思いますが。
 
油汚れなら、まずはスチーム洗浄をすればそこそこ取れるかなと思ったものの・・・・・。
イメージ 3
40年の年月はスチーム洗浄ではほとんど落とせませんでした。
霰も降ってきて、アラレブラストに期待したけど、・・・・・寒いだけでした(笑)
            寒いのはおやじギャグかも(大笑)
イメージ 4
張り付いていたガスケットなどは吹き飛んだので高圧洗浄の威力はあるはずですが、
汚れが強力でした。
 
 
イメージ 5
見て見て見てぇ〜〜、ぴっかぴっかですよ〜〜。塗装したんじゃありませんから。
イメージ 6
好みはあるだろうけど、新品よりひかっていると思います。
艶は少なくなるけどもう少し粗めのメディアを使いたいんですけどね。
(効率アップの為)
イメージ 7
予想以上に時間がかかりましたけど、自分でも納得できる仕上がりになったと思います。
 
宅配便にて発送、到着後ご依頼いただいた方より、喜んで頂いた生の声が聞けて(電話ですが)
こちらもうれしく思います。
 
   ウエットブラスト加工受付中です。
 
〜〜〜〜〜コメント欄に内緒で連絡先をくだされば、こちらからメールいたします。〜〜〜〜〜
 
 

この記事に

開く コメント(4) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

ウエットブラストその3

たまには機械を作動させないと、・・・・。
 
チョット時間が出来たので、遊びますかと言うことで、
 
これは車の部品です。普段、日の目に合うことはありません。
 
エンジンの前に付いているファンベルトのオートテンショナーと
 
言いまして、自動的にベルトの張りを一定に保っている部品です。
 
1BOXカーのエンジンの下の方に付いているので、
 
なかなか見る機会もありません。
 
これは外した部品ですから、汚れてきたなくなっています。
 
長い間、お疲れ様でした。
イメージ 1
このままブラストしてもいいけど、メディアが無駄に汚れるので、
 
簡単に、ナイロンブラシで、汚れを落とします。
イメージ 2
先ほどより、いくらかはましですが、汚れ、錆がこれ以上は、
 
ナイロンブラシでは取れませんでした。
 
これからウエットブラストで綺麗にします。
イメージ 3
撮影状況が違うので、多少見え方が違いますが、
 
どうでしょうか?綺麗になったと思いませんか。
 
塗装じゃありません、アルミの地肌です。
 
左下の丸い部分は、鉄のワッシャーなので、
 
今使っている、細かいメディアでは、あんまり綺麗には出来ません。
 
レストアなどのお手伝いが出来れば、良いと思っています。
 
ご要望があれば、仕事として受けますが、送料とかを考えると、
 
近くの人が、良いですかね。
 
 

この記事に

開く コメント(10) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

ウェットブラスト実験 その2

実験 その2 と言うほどではありませんが、これはこれでいい感じ?
 
イメージ 1
車のインタークーラーのパイプです。放熱効果を上げるためなのか、
わかりませんが、表面がでこぼこ?ザラザラ?上手く言えないし、
画像じゃわかりにくいかもしれないけど、自分的には、
新品より綺麗だと思います。
この加工は細かいメディアのおかげで、表面がつぶれないから、
とっても、自己満足です。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

ウェットブラスト実験 その1

以前から、気になっていました。ウェットブラスト、既製品は、百五十万円越です。
そんなもの、俺には買えません。
う〜む、何とかならないものか???
ネットで色々調べていると、色々ヒントが!!何とかなりそうに、思えてきました。
まったく同じのは無理でも、そこそこ使えればO.Kだと・・・・・
ブラストBOXは、オークションで手に入れて、無い知恵しぼって、
あれこれ考え機材も購入、いざ実験です。
イメージ 1
予想以上の仕上がりです。右半分、ブラスト処理済です。(塗装じゃ有りません)
鋳造の継ぎ目など、傷は消えません。
メディアが細かすぎたかもしれませんが、上々の出来に満足です。
 
空冷のフィンの奥はできるのか?
イメージ 2
フィンの奥の方もこれだけきれいになれば、O.Kでしょう。(自己満足)
画像は、ありませんが、知り合いの車屋さんに古いアルミの部品を借りてきて、
ブラスト処理後、お返ししましたら、この仕上がりなら、
お金を貰える仕上がりだと、お墨付きを頂きました。
 
レストアなどのお手伝いが出来て、良い知り合いが出来て、
収入も増えれば、とってもうれしいです。
 

この記事に

開く コメント(8) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全1ページ

[1]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事