ここから本文です
ナンミンウォッチ
難民問題に関して日本では報じられない最新情報をお届けします!

書庫犯罪の増加

すべて表示

既に過去の2015年末の事件ですが、オーストリアの首都ウィーンで、2015年の大晦日に、9人のイラク人難民申請者 (5人は在留権を獲得、4人は当時申請結果保留中) が28歳のドイツ人女性を集団強姦したとして、現在裁判が行われています。


1名を除き容疑を否認していますが、DNA検査により6名は一致しているとのこと。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

裁判所へ連行される容疑者たち

被害者女性は深夜2時ごろから女友達とバーレストランでお酒を飲んでいたところ、加害者たちのうち4人に連れ去られ、残り5人が待っていたアパートに連れ込まれました。

かわるがわる行われた虐待は2時間に及び、被害者女性はその後入院とPTSDの治療が必要となりました。

22歳から45歳の加害者たちは2015年5月から12月の間に通称バルカン・ルートでオーストリアに入国しました。

31歳のMohamed Al-A.は「ウォッカで酔っていた」と犯行を認め、 彼はNazar Al-J.、 Mohammed Al-T.、および 首謀者とみられるAlaa Al-J.とともに女性を連れ去り、Hader Al-A.、Mustafa Al-J.、 Nael Al-J.、Marwan Al-J.および Sabah Al-J.がアパートで待ち受けていたとみられています。

犯人のひとりは、虐待のあと被害者とセルフィーを撮影しました。また裁判所によると1人を除いては誰も犯行に対する悔悟の念を見せていないそうです。それどころか、何人かはDNAテストの結果を見せられても犯行を否認しているとか。1人は、「親戚から彼女を『勧められた』」、また他は「彼女は何でも参加したいと願っていた」と主張。

もっとも、これだけでは、日本でも同様の事件があるではないか、という主張をもって、「難民受入が原因ではない」という人もいるでしょう。

しかし、加害者グループは皆家族・親戚であり、しかもMirrorによると、犯行前に、アパートにいる女性の家族をあらかじめ皆退去させた、というのです。


つまり、一家ぐるみであって、女性の家族も承知のうえでのことです。

一族郎党みな反社会的行動が染みついているのでしょうか。

いえ、そうではなく、一族郎党皆、「我々と異なる倫理観を持っている」のです。

日本では、このような人物に対して、その家族は表面的にでも「うちの息子がこんなことをしでかして・・・」と謝罪したりすることもあるでしょう。


しかし、それをさらにさらに超えているのがこの事件だと思います。

「家族で一緒に集団強姦」。

日本や西洋でありえますか?

これは、ある価値観がその家族内で世代、性別を超えてひろく共有されていない限り起こりえないことです。

それは、「非ムスリムはクズ同然」という価値観と、「女性は男性より劣る」という価値観と、さらにそこから導き出される「非ムスリム女性には何をしてもよい (モノ・性奴隷)」という考えです。

こんな人たちを入れてしまったヨーロッパはどうするのでしょうか?

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 先ごろ発表された JARによるシリア人学生6名の受け入れ 。民間団体による試みとしては日本初です。 発表資料によればその概要は以下のようなものです。 受入人数6名:男女それぞれ3名、10代2名、20代4名。 (書類選考とトルコでの面接を経て212人の応募者から選抜) 本年4月からの ...すべて表示すべて表示

  • 最近ちらほらメディアでも報じられるようになった文科省とJICAのシリア難民学生受入プログラム。JICAに問い合わせるなどして情報収集しました。 今のところ判明したのは 以下のような事項です。 受入学生数は1年に20名、これを5回行う。(総勢100人:ただしJICAとは別枠で日本政府はあと50人受け入れるらしい。) ...すべて表示すべて表示

  • 「国際社会の責任」

    2017/2/14(火) 午前 8:38

    先日、テレビを見ていたら、 イエメンの紛争地帯で活動中の 国境なき医師団の女性看護師さんが、トランプ氏の7カ国入国禁止令に絡み、インタビューを受けていたのを見ました。 白川優子さんというその看護師さんは、世界中の紛争地での医療活動に携わった優秀な医療従事者さんのようです。 その白川さんが仰っていたあることが、数日間頭のなか ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事