ここから本文です
気ままに気楽に
今日も息をしています。

書庫阪神タイガース

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
身長197cmという長身の体躯というだけで最大の武器である。
 
超久々の野球記事です。
 
俺の野球観戦の仕方はプロ野球ファンの多くと少し違いまして、個人の優れた才能の集合体が野球やサッカー等の団体競技であり、より個人プレーを重視して観る傾向がある。
 
したがってトラキチではあるんだろうけど、あんまりウリャー!!廃人虚ぶっ潰せ〜ってなノリはない。阪神ファンの友人に少しそういうガイキチ的な応援をするのが中学くらいまでは存在していたけど今は居ない。
 
だから腹立つけど、負け試合の甲子園の巨人戦で王の豪快な本塁打を観れたり、金本が骨折しながら雨の中、片手でHITした執念の座席、巨人が甲子園で胴上げしたけれどサヨナラ勝ちした2002年の巨人戦(浜中の起死回生の同点本塁打、今岡の本塁打)などなど、負け試合でも素晴らしいパフォーマンスが観れれば喜ぶ人間である、ソレはTV観戦も同じ。
 
しかしやはりココ数年と言いますか、もっと言うなら1985年以降、生え抜きのスター選手が一番12球団で育っていないチームであり、その課題は2014年現在も残る。
 
そういう意味では楽天や巨人なんかは自前のスター選手を育成しているし、そういう選手がMLBにて大活躍もしているのでやはりその部分ではタイガースは球団、フロント、現場全て含めて問題のあるチームと言われても仕方がない。
 
どういうルールであれ、今のプロ野球は3位でも日本一になれるふざけたシステムなのだから当然、ロッテの様に長期のリーグ戦より短期決戦に強いチーム作りをどこの球団でもしているがそういう動きもまるで見受けられない、相変わらず短期戦に超弱い、岡田が監督時代から10年以上変わらない。
 
しかし2013年ようやくそういうヘボ球団にも30年に一人かも?しれない逸材が入団した。
 
藤浪晋太郎である。
 
単純に高校野球、春夏連覇のエース投手だから勝ち運+実力は松坂級かソレ以上でダルビッシュを凌ぐアマチュア球歴で田中将弘級であるか体格がヘビー級なのでソレ以上であると俺は観ている。
 
今、阪神タイガースで生観戦で観たい選手は一人も居ませんがこの人は別格、TV観戦してても時折物凄い直球、カットボール、スライダーを投げている。
 
やはり野球の魅力は本塁打、空振り三振、盗塁、華麗な守備で5回までの浅いイニングでする犠牲バントなんてのは俺は大嫌いだからMLBばっか観る様になってしまった。
 
この人が球界を代表する大投手になれば阪神の黄金時代が一瞬だけ訪れるかもしれない。
 

開くコメント(10)

開くトラックバック(0)

イメージ 1
 
今年の阪神タイガースはここ3,4年常に課題であったチームの若返りになる分岐点になる年であるとみています。
 
鉄人、金本選手の連続出場記録が春先に完全に途絶えてココ2年くらい彼を無理に起用していた首脳陣もこの2011年後半戦の戦いぶりは、監督以下積極采配が目立っています。
 
ソレはひとえにどうしても実績のあるベテラン選手の野手で、オーダーを固めるとただ個人の打撃のみに期待する戦法をとりがちでそのベテラン選手が凡退すればソレでおしまいって攻撃ではなく、エンドランまでいかなくても例えば1塁ランナーが足が遅くてもリードオフをして走るそぶりを見せるだけでも、投手、特に左投手なんかは直接動きが見えますから、鬱陶しくなって集中力が散漫になり打者に対して単調な攻めになったりして打者は的が絞りやすくなるといった好影響が出ます。
 
確か?金本選手の連続出場が途切れたのは彼が代打で出場した際に1塁ランナーが盗塁して失敗し二死だったのでチェンジ、次の回の相手の攻撃で金本選手が守備につかなかったので連続出場が途切れました。
 
理想はカル・リプケンJrの様に自ら守備をしている途中でベンチに下がるといった英断を金本自身に下して欲しかったしワタシは彼の人間性が好きなのでそういう幕引きにしたかったんでしょうが、アクシデント的な記録の途絶え方になりました。
 
ただ今季はこの出来ごとによって、調子の悪い選手はベテランであろうが実績のある選手であろうがフル出場させない、無理させない、若手中堅に出場機会を与えるキッカケになり今現状もそうですが、2軍でくすぶっていた野手と1軍でも控えに甘んじていた内外野手の出場機会が増えました。
 
今年は優勝は難しいかもしれませんが、阪神タイガースにとって重要な位置づけになる年になりそうな気がします。
 
もし優勝できるとすればコレから20代の若虎選手が、1軍でドンドン活躍してベテランやレギュラーを脅かすような存在になるとしたらありうるかもしれません。
 
今日7/27の上本選手の満塁本塁打はある種予見できましたが、この森田選手の7/26の本塁打は、鳴尾浜の試合での本塁打は何度か観てパワーとバットスイングの早さは認めていたのですがさすがに、驚愕の1打でした。
 
そして今や中継ぎのエースとなった榎田投手、彼は前半戦のMVPです!!
今後は新人なので無理をするなといっても難しいですがうまく起用していただけるよう願っています。
 
こういう選手の活躍が今後も観れれば我がタイガースの未来は明るくなります!!
 
イメージ 2
 
 
 

開くコメント(6)

開くトラックバック(0)

さあ球春たけなわということで今や、おっさんが熱狂的に観戦するスポーツになり下がった日本プロ野球も開幕まで3週間を切りました。
 
近年、我が阪神タイガースにFA移籍もしくはトレードで移籍してくる大物選手は期待以上に働いてくれる選手が増えました。
 
1990年代はひどかったけどなあ〜名前はあえてイニシャルにするけどさ、M選手、I選手、Y投手、S選手などなど。
 
これらの選手は前所属球団での鳴り物ぶりの活躍と比べたらタイガースに来てホント駄目でしたね〜チヤホヤされるからなんかなあ〜。。。。
 
こういう悪しき習慣を劇的に変えたのが2003年にいろんな批判もされてますが星野仙一監督でしょうなあ〜、ガラッとチームの雰囲気が変わったもん。
 
まあでも1970年代には移籍して大活躍した選手もいます。
 
その中の一人がエモやんこと江本投手です。
 
漢字変換で名前がすぐに出ないので名字だけにしときますわ。
 
 
この映像はいつの時代でしょう。
 
1990年代初頭でしたかな?
 
30年以上野球を見続けてるファンからしたら阪急と南海が身売り、九州から球団が消滅、埼玉に新しい球団が出来るなんて夢にも思わなかったです当時。
 
エモやんっていえば南海からトレードされてきてタイガースでも結構、活躍した印象があります。
 
長身から投げおろす速球にプラス微妙に変化する今でいうツーシームみたいな変化球?エモボールなんてのを投げてよく巨人打線とか抑えていましたね。
 
ベンチがアホやから事件もよほど、この球団のフロント首脳陣に腹をすえかねた部分があったのであろうかと想像できます。
 
コレで思い出されるのがタイガースの久保投手です。
 
2009年2010年と2年連続ローテーションをしっかり守り、2008年にトレードでタイガースに移籍したわけなんですけどほとんど試合を序盤で壊すことなくゲームメイクをしてくれる素晴らしい投手です。
 
阪神の生え抜きの投手で最近2年連続ローテを守ってエースと呼ばれる存在は井川以降、誰もいません正直寂しいですが。
 
彼もメジャーで飼い殺し状態みたいだけどもう日本に戻って野球した方がいいんんじゃないの?って真面目に思います。
 
メジャーではどこも使ってくれないんじゃないかなあ〜。
 
まあ彼のことはおいといて久保投手です。
 
2010年は首脳陣の迷采配のおかげでまだ十分投げれるのに途中降板させられて勝利を落とした不運が数試合見受けられました。
 
年棒交渉でなかなか折り合いがつかずキャンプイン突入しても合意しなかったのはそういう側面もあったのかしら?と勘繰ったりします。
 
今年はそういうことがないように久保投手や城島捕手にベンチがアホやからのう〜って思われない采配をしていただいて我がタイガースを日本一に導いてほしいもんですね♪
 
 
 
 
 

開くコメント(7)

開くトラックバック(0)

イメージ 1
 
いよいよ明日、2月1日からプロ野球全球団のキャンプインであります。
 
世間的にはハンケチ王子、斉藤祐樹の話題で持ちきりではありますがこのブログの管理人は約40年来の阪神タイガースファンなので阪神タイガース中心に野球は観ます。
 
とは言っても前年のキャンプの集客数が2009年に比較して49%もダウンしてるので、盟主読売巨人軍ともども人気が低迷気味であるのは致し方ないところではある。
 
個人的には若手の成長、新戦力の活躍を期待したいところである。
 
おそらくレギュラー野手陣の平均年齢は12球団で一番高齢ではあると思われるので今年は完全なる新旧交代を期待したい処です。
 
この時期になりますと特定のプロ野球ファンは応援するチームの仮想オーダーを夢想するのですがワタシも夢想します。
 
1番センター 俊介(控え、柴田)
 
2番セカンド 平野(控え関本、大和)
 
3番ショート 鳥谷(控え、上本)
 
4番サード 新井(控え、野原)
 
5番レフト マートン(控え、金本)
 
6番ファースト ブラゼル(控え、林、桜井)
 
7番ライト 桜井(控え林、葛城、浅井、狩野)
 
8番キャッチャー藤井(控え、小宮山)
 
9番ピッチャー 久保
 
攻撃オーダーはこんな処です。
 
代打要員、桧山、金本等。
 
キャッチャーに関しては城島は開幕には間に合わないと思いますので彼の完全復帰までの間は藤井でしょう。
 
個人的には金本以外の控え要員がレギュラーを脅かしそのまま怪我とかしたらレギュラーを獲ってしまうくらいの活躍をして頂ければ攻撃陣はそう問題のないオーダーです。
 
それと金本の場合、記録の為だけの代打とかレギュラーで使うのは止めていただきたいです。
人気とかではなく現時点での走攻守の実力でオーダーの判断を真弓監督には望みます。
 
投手陣
 
先発:久保、能見、秋山、下柳、榎田、スタンリッジ
 
中継ぎ:小林宏、安藤、福原、江草、筒井、西村、渡辺、岩田、久保田、メッセンジャー
 
抑え:藤川
 
先発投手陣がやっぱり不安ですね。
 
もともと先発タイプの投手を敢えて中継ぎに記していますが彼らは2シーズン通して活躍した事ない投手ばかりで信用出来ないのであえて新人の榎田や秋山と先発枠を争ってイチから出直しという意味も含めて中継ぎにしてるのです。
 
しかもFAで高額選手を獲得したので、25だか28人のプロテクト枠に外れてる選手がこの上記に記した選手でいるかもしれないのでロッテ移籍ってなるかもしれないです。
 
新井選手の弟、良太選手とか育成枠の選手(ロバート・ザラテ等)は省きました。
 
正直まともに観た事もない選手だしプロの1軍でほとんどプレイしていない選手なんで。
 
今、フト思うに好き嫌いの別は置いといて中日ドラゴンズの落合監督は名将だと思います。
 
もし2004年からタイガースの監督を率いていればシーズン8連覇していたでしょう。
 
日本シリーズやCS等の短期決戦は運も左右するから必ずしも実力通りの結果はでないでしょうけどレギュラーシーズンの優勝はするとは思います。
 
真弓監督に彼の様な天賦の才を望むのは到底、無理ですが名前だけで実力の劣るベテラン偏重の起用をしなければ昨年の迷采配で落した10数試合の勝ち試合を拾えば充分優勝できるでしょう。
 
とにかく数年前から言われてる新旧交代、コレが無いと今季も厳しい戦いになりそうですが応援はしていきますよ!!
 
 
 
 
 

開くコメント(8)

開くトラックバック(0)

 
今晩の様に先制、中押し、ダメ押しと理想的な形で勝った試合の後は多くのタイガースファンは現在も含めて過去にも移籍してきてその年の優勝に貢献した選手に思いをはせるものです。
 
近くは2003年の金本選手、2005年のA・シーツ選手の元広島カープ出身の選手や今年で言えば城島選手なんかが挙げられると思います。
 
とりあえず今日はヤクルトに12対5の大差で勝利したので特に問題はなく来週からの甲子園横浜3連戦もいい戦いが出来るでしょう。
 
でこの動画なんですが非常に素晴らしいです。
コレは4月上旬のある試合なんですが城島選手は2,3塁からライト前タイムリーヒットを打つのですが2塁ランナー金本選手が足が速いのにホームにチャージせず3塁にとどまった事に怒っています。
 
多分3塁コーチャーがとめたんでしょうけど、城島選手はなんで還らんの、オッサン走らんかいや〜って英語か長崎弁でまくしたてているようです。
こういうちょっと怠慢にも思えるプレーに対してここ数年、金本選手に文句を言う選手はいなかったですがこの人は平気で言います。
 
ダイエー時代の若手の時に工藤投手や他のベテラン投手とケンカしまくってた逸話が蘇ります。
そしてこと野球に関して、勝つことに対しては先輩も後輩もないでってな感じは若き若菜捕手を彷彿させる部分はありますがスケールはより大きいです。
 
一説にはS・マリナーズが用意していた年棒8億円を貰ってるだけに打たなかったり、負けたりすると非難が集中しがちですがこういう勝利に執念を燃やす選手が移籍した事でタイガースがこれからより優勝、日本一に向けてもうひと頑張りするのではないかと個人的には思うのですね 

開くコメント(8)

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事