ここから本文です

書庫阪神タイガース

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


イメージ 1

日本のプロ野球は2007年以降、熱を入れて観ないようになった。

それはCSとかいう短期戦の結果次第では2位、3位チームがセ・リーグ、パ・リーグともに日本シリーズに出れる可能性があるからである。

今も昔も資金力の乏しいチームが優勝するのは困難でそれは戦術や戦略でやりくりするものであり、それで優勝したりするから野球の醍醐味があったりするのだけれど初めから3位以内狙いなんていうのは興ざめだし、観ているファンも納得しないんじゃないだろうか。いづれ公平な形での運営を望みたい、プロ野球は。

とはいえ俺は40年以上の阪神タイガースファンであるからして地元のこのチームの動向に関してはいつも気にはかけている。

正直、星野監督が監督をしりぞいてから観ててわくわくさせるような、期待させるような野球をここ10数年してきていない。

岡田、真弓、和田と元阪神選手の監督が指揮していたけどどれも球場に足を運んで応援したくなる野球はしていなかった。

一つは打撃が貧弱で例えば今のホークスのような生え抜きの4番や主砲が居て豪快な本塁打を撃って打ち勝つ野球がまるでないのが一つの要因である。

星野阪神はじゃあ生え抜き強打者が居たか?と言えばいなかったけど星野のカリスマ性に加え大量移籍補強した選手と生え抜きが融合して、とにかく粘り強い野球をしていた。

9回裏二死になるまで逆転を予感させるくらいの粘り強さがあったから観てて面白かった。

来季2016年から阪神タイガースは大幅に首脳陣が入れ替わり、金本新監督の体制の下でどういう野球をするか楽しみである。

因みに俺はスワローズの優勝は絶対ないと予言する、ドラフトで空くじで喜んでいる間抜けな監督には運がまず来ないと思う。

イメージ 2

タイガースが弱い理由の一つに生え抜き大砲が30年以上居ないこと、もしくはその素養を持った選手を潰してきたことにある。

確かに150km以上の速球を投げる投手や、飛距離130m以上飛ばす選手は育てようにも育てれない、元々の素養が必要である。

だが星野以降の監督は試合を勝つことにこだわるために生え抜きの大砲育成を怠り、1軍で結果を出した若手を継続起用しないから、いつまでたっても小粒な他球団に行けば守備要員か下位打者としてしか起用出来ない生え抜きしか居ない。

守備の上手な選手はどの球団にもごろごろ居るし、長距離砲が日本球界全体に不足していて外国人頼みなのが現状だ。

優勝とかにはこだわらないのでとにかく長距離砲が出てくるのを強く望みたい、そういう選手を育成できる人が監督になったと思うから。

江越なんかは来年1軍で打率は低くても20本、本塁打を撃たないといけないし鳥谷も20本以上本塁打打てないのなら、ショートで毎試合出ないようにすべきでそういう判断が出来るし言える監督だと思う。

今、オフシーズンで金本監督が選手以上に目立っているけどそれじゃだめだ、選手が監督を驚かすくらいのアピールをしなきゃいけない。

とにかく来季のタイガースの野球に期待したい。


こういう勝負強い劇的な一打を撃てる選手が出てくることを強く望む。

この記事に

イメージ 1
 
阪神タイガースがレギュラーシーズン2位(140試合以上)で首位の読売ジャイアンツに7ゲーム差の大差をつけられながらクライマックスシリーズ(プレーオフ制度)のお蔭で巨人に変わり日本シリーズ進出となりました。
 
2004年からパ・リーグが始めた制度だけれどコレは個人的に廃止してほしい。
 
Aクラスに入って短期決戦だけに強いチームであれば3位であっても日本一になれるシステムは駄目である。
 
この辺のことはまた機会を改めて持論を展開したい。
 
ただ胴上げとかビールかけをしなかった阪神球団の姿勢は評価したい。
 
2014年のセ・リーグで一番強かったのは巨人であるのは間違いないし優勝しているわけで阪神はこの勝ち抜け短期決戦底抜け脱線ゲームで勝っただけだからね。
 
そこで焼肉でアール
 
イメージ 2
 
今の家の近所にある焼肉店、一龍に行く。
 
日曜日でも超満員のお店なんで要予約が必要なんだ。
 
6000円〜8000円で二人で腹一杯肉食べれるし肉質がいいので地元の大人気店。
 
イメージ 3
 
この店に来店するのはもうこれで6回目くらいかな?もっと行っているかも?
 
今の家から歩いて5分の処だから楽なんよね。まずルービ♪
 
ホントは瓶ビールの大瓶頼んだけど店主が間違えて生中持ってきよったけど気にしない気にしない
 
イメージ 4
 
ロース・カルビ(バラ)3人前づつで6人前、これで5000円弱だからリーズナブルと言えよう。
 
ちなみにロースは舌の中で溶けるような柔らかい肉だ。
 
もう部分入れ歯の予定で下の歯全体が入れ歯になるのでモツ系は俺は食えない、柔らかい肉しか食べれんのや(涙)
 
モツ系はもう10数年食べてへんけれどスタミナつくのかな?どうせ食べれないから関係ないけどさ。
 
月に1度はなんやかや理由をつけて今焼肉食べてます、小市民のささやかなご褒美としてそして明日への活力源としてね♪
 
気分としてこの動画を貼ります。
 
この曲は大声でよー歌いながら行進したもんや、ドンデンガンとか擬音を発しながらね
 
アフロアメリカンの食生活って肉食なんだろうか??
 
この圧倒的POWERは見習いたいね、精神も体力も!!
 

Village People - Macho Man ♪

この記事に

藤浪晋太郎という男

イメージ 1
 
身長197cmという長身の体躯というだけで最大の武器である。
 
超久々の野球記事です。
 
俺の野球観戦の仕方はプロ野球ファンの多くと少し違いまして、個人の優れた才能の集合体が野球やサッカー等の団体競技であり、より個人プレーを重視して観る傾向がある。
 
したがってトラキチではあるんだろうけど、あんまりウリャー!!廃人虚ぶっ潰せ〜ってなノリはない。阪神ファンの友人に少しそういうガイキチ的な応援をするのが中学くらいまでは存在していたけど今は居ない。
 
だから腹立つけど、負け試合の甲子園の巨人戦で王の豪快な本塁打を観れたり、金本が骨折しながら雨の中、片手でHITした執念の座席、巨人が甲子園で胴上げしたけれどサヨナラ勝ちした2002年の巨人戦(浜中の起死回生の同点本塁打、今岡の本塁打)などなど、負け試合でも素晴らしいパフォーマンスが観れれば喜ぶ人間である、ソレはTV観戦も同じ。
 
しかしやはりココ数年と言いますか、もっと言うなら1985年以降、生え抜きのスター選手が一番12球団で育っていないチームであり、その課題は2014年現在も残る。
 
そういう意味では楽天や巨人なんかは自前のスター選手を育成しているし、そういう選手がMLBにて大活躍もしているのでやはりその部分ではタイガースは球団、フロント、現場全て含めて問題のあるチームと言われても仕方がない。
 
どういうルールであれ、今のプロ野球は3位でも日本一になれるふざけたシステムなのだから当然、ロッテの様に長期のリーグ戦より短期決戦に強いチーム作りをどこの球団でもしているがそういう動きもまるで見受けられない、相変わらず短期戦に超弱い、岡田が監督時代から10年以上変わらない。
 
しかし2013年ようやくそういうヘボ球団にも30年に一人かも?しれない逸材が入団した。
 
藤浪晋太郎である。
 
単純に高校野球、春夏連覇のエース投手だから勝ち運+実力は松坂級かソレ以上でダルビッシュを凌ぐアマチュア球歴で田中将弘級であるか体格がヘビー級なのでソレ以上であると俺は観ている。
 
今、阪神タイガースで生観戦で観たい選手は一人も居ませんがこの人は別格、TV観戦してても時折物凄い直球、カットボール、スライダーを投げている。
 
やはり野球の魅力は本塁打、空振り三振、盗塁、華麗な守備で5回までの浅いイニングでする犠牲バントなんてのは俺は大嫌いだからMLBばっか観る様になってしまった。
 
この人が球界を代表する大投手になれば阪神の黄金時代が一瞬だけ訪れるかもしれない。
 

この記事に

なんとか今年は頑張って欲しいもんである。

しかしセ・リーグは横浜以外どこが優勝するかマジで予想できないぞよ。

我がタイガースが優勝してくれたらなあ〜


イメージ 1


コレは因みにリンクが張られていまして各球団の現在の詳細な成績がクリックすると見れますよ。

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

この記事に

イメージ 1
 
今年の阪神タイガースはここ3,4年常に課題であったチームの若返りになる分岐点になる年であるとみています。
 
鉄人、金本選手の連続出場記録が春先に完全に途絶えてココ2年くらい彼を無理に起用していた首脳陣もこの2011年後半戦の戦いぶりは、監督以下積極采配が目立っています。
 
ソレはひとえにどうしても実績のあるベテラン選手の野手で、オーダーを固めるとただ個人の打撃のみに期待する戦法をとりがちでそのベテラン選手が凡退すればソレでおしまいって攻撃ではなく、エンドランまでいかなくても例えば1塁ランナーが足が遅くてもリードオフをして走るそぶりを見せるだけでも、投手、特に左投手なんかは直接動きが見えますから、鬱陶しくなって集中力が散漫になり打者に対して単調な攻めになったりして打者は的が絞りやすくなるといった好影響が出ます。
 
確か?金本選手の連続出場が途切れたのは彼が代打で出場した際に1塁ランナーが盗塁して失敗し二死だったのでチェンジ、次の回の相手の攻撃で金本選手が守備につかなかったので連続出場が途切れました。
 
理想はカル・リプケンJrの様に自ら守備をしている途中でベンチに下がるといった英断を金本自身に下して欲しかったしワタシは彼の人間性が好きなのでそういう幕引きにしたかったんでしょうが、アクシデント的な記録の途絶え方になりました。
 
ただ今季はこの出来ごとによって、調子の悪い選手はベテランであろうが実績のある選手であろうがフル出場させない、無理させない、若手中堅に出場機会を与えるキッカケになり今現状もそうですが、2軍でくすぶっていた野手と1軍でも控えに甘んじていた内外野手の出場機会が増えました。
 
今年は優勝は難しいかもしれませんが、阪神タイガースにとって重要な位置づけになる年になりそうな気がします。
 
もし優勝できるとすればコレから20代の若虎選手が、1軍でドンドン活躍してベテランやレギュラーを脅かすような存在になるとしたらありうるかもしれません。
 
今日7/27の上本選手の満塁本塁打はある種予見できましたが、この森田選手の7/26の本塁打は、鳴尾浜の試合での本塁打は何度か観てパワーとバットスイングの早さは認めていたのですがさすがに、驚愕の1打でした。
 
そして今や中継ぎのエースとなった榎田投手、彼は前半戦のMVPです!!
今後は新人なので無理をするなといっても難しいですがうまく起用していただけるよう願っています。
 
こういう選手の活躍が今後も観れれば我がタイガースの未来は明るくなります!!
 
イメージ 2
 
 
 

この記事に

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事