人生 日々感謝

感謝の心は幸せの感受性を高めます

全体表示

[ リスト ]

鶴林寺(東播州の旅ぁ

イメージ 1 
鶴林寺
高麗の僧、恵便法師は物部氏の迫害を逃れこの地に身を隠した。
聖徳太子は恵便法師を慕っておとずれ、三間四面の精舎を建立したのが鶴林寺の始まり。
釈迦が入滅したとき、沙羅の木がまるで鶴の羽のように真っ白になって枯れたことから鶴林寺と名がついた。

イメージ 2 
仁王門
三間一戸、本瓦葺、入母屋造の楼門
鶴林寺の大伽藍にふさわしい仁王門である。
下層が高く、上層が低くバランスの取れた美しい姿を見せる。
両側に仁王像を祀る

イメージ 3 
本堂
七間六間の雄大なお堂で、鶴林寺で最大の建物。
本瓦葺の入母屋造。屋根の色合いが半分違って見えるのは?
堂内は礼堂の外陣と内陣に区分され、内陣には宮殿と呼ばれる大きな厨子が設置。
宮殿は五間に区切られ、各扉が開かれていました。

イメージ 4 
薬師如来
この写真はお借りしています
宮殿厨子の中央に祀られている本尊薬師如来坐像。
両脇侍像、二天像を含めて五体は秘仏で、今回特別にご開帳されている。
薬師さん以外は宝物館に出品。
平安前期の古像で、榧材の一木造。
高さ132.9cmで半丈六の大振り、表面の漆箔は後世のもの。
頭部が大きく、体躯の奥行を執り、量感豊かで落ち着いた感じの薬師さんである。

イメージ 5 
太子堂
太子堂創建900年記念。祝いの垂れ幕が太子堂を覆う。
方三間、桧皮葺、宝形造の美しい姿の御堂。
後に一間の縋破風をかけ礼堂を設けている。
堂内の中央に須弥壇があり、釈迦三尊、四天王を祀る
天井には典雅な天蓋を吊るす。
室内には、九品来迎図、涅槃図、柱絵、壁画など描かれているが長年のススで覆われ肉眼では見えない。
県下最古の建築物を物語る。

イメージ 6 
新宝物殿
開館記念特別展が行われている。
数多くの宝物が展示され、播磨の法隆寺と異名を持つ。

イメージ 7 
ポスター
国宝太子堂900年記念<壁画復元による太子堂内部再現>
60年間秘仏とされる国宝本堂秘仏本尊特別ご開帳

宝物館
イメージ 8 
月光菩薩像
この写真はお借りしています
本堂薬師如来像の脇侍
高さ148cm、榧材の一木造。
下半身の厚みがあり、量感豊かである。

イメージ 9 
日光菩薩像
この写真はお借りしています
本堂薬師如来像の脇侍
高さ149.5cm、榧材の一木造。
脇侍の両側に持国天、多聞天の2天が安置。
薬師さんを含めこの5体が秘仏である。

イメージ 10 
金銅聖観音立像
この写真はお借りしています
白鳳時代の聖観音像。
高さ83cm、右に腰をひねり、すらっとしたお姿てで立つ。
ふくよかなお顔で、どこかあどけなさを感じさせる優しい観音様である。

イメージ 11 
十一面観音像
この写真はお借りしています
手先が欠損しているが、重厚で量感豊かな素晴らしい観音様である。
一木造の平安初期の優作である。

イメージ 12 
常行堂
本堂を中心に、太子堂(法華堂)と対比して建てられた。
元は桧皮葺であったが1566年瓦葺に変えられた。
常行三昧堂ともいい、阿弥陀仏の周りを念仏しながら回る修行場。

イメージ 13 
新薬師堂
本堂の薬師如来は秘仏なので、新しく薬師堂を建てた。

イメージ 14 
薬師三尊
本尊が秘仏でいつもお参りできないので、新しく薬師三尊をお祀りした。

イメージ 15 
三重塔
室町時代の創建、江戸時代に大改修が行われた。
近年放火で一部が損傷したが、1980年の解体復元でよみがえった。

古刹鶴林寺の歴史に思いを馳せるとともに、刀田の太子さんとして今も親しまれている。
大勢の信者と観光客に驚きました。

「史跡めぐり」書庫の記事一覧

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者995377
ブログリンク022
コメント04572
トラックバック016
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事