UNEPS国連緊急平和部隊の創設

ジェノサイドに即応する個人参加の「国連緊急平和部隊」創設提案

全体表示

[ リスト ]

(続)多国籍軍参加は集団的自衛権の行使に当たらないか

横路
世の中では、「集団的自衛権」と「集団的安全保障」とを混同して議論することが多いんです。国連というのは、集団的安全保障の仕組みです。小沢さんが言ったように、戦争は違法だと言うことを前提にしていて、もしもそれに反した国が出てきたらどうするのか、ということを決めるところが国連なんです。

そして、そういうルールの中でも、もし他国から武力攻撃を受けた場合には、国連が機能するまで時間がかかるので、それまでは各国に集団的自衛権を認めます、という話なんです。

小泉さんの決定は、アメリカが自衛権を発動したのに協力するということですから、これは実質的に集団的自衛権の行使なんです。小沢さんや私が言っているのはそうではなくて、集団的安全保障の仕組みが国連そのものなんだから、その仕組みに日本も積極的に関わっていきましょうということです。

これは日米安保条約とも矛盾しない考え方なんです。日米安保でいえば、日本が攻撃されたとき、アメリカが支援することになっている。しかし反対に、小泉さんがやろうとしていることのように、アメリカが攻撃されたからといって日本が支援する、という規定にはなっていないんです。

小沢
日米安保条約の前文には「お互いが国連憲章に基づいて、個別的集団的自衛権を保障することを互いに確認し」と書いてある。これは横路さんが言ったように、国連の決定がなされるまでの間は、個別的自衛権、集団的自衛権をもって平和を乱す侵略に対抗しようという規定です。さらに、「国連の決定があった場合には、この日米の措置はその時点で終わる」と書いてある。

「日米安保は国連憲章と相反する」と、かなりの知識人でも言うんですが、とんでもない。日本国憲法も日米安保も、みんな国連憲章の考え方の枠内で出来ているんです。

日本の有事の際に出動可能か

小沢
性格上は、「国連部隊」に徹すべきです。ただ、普段の訓練は自衛隊と一緒にやらなければならないだろうし、人員や装備の融通性もあるでしょう。だから、勝手に出動することはできないけれど、国連から「緊急事態だから、まずは日本の待機部隊も参加せよ」という命令が下れば、そのときは出動すればいい。

横路
同感です。原則的には国土防衛は自衛隊、待機軍は国連への協力と、はっきり分けたほうがいい。

小沢
僕が描いているイメージは、将来、この待機部隊を国連に預けてしまい、国連の「御親兵」にしたい、というものなんです。

この記事に


.


みんなの更新記事