UNEPS国連緊急平和部隊の創設

ジェノサイドに即応する個人参加の「国連緊急平和部隊」創設提案

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

今月20日、国連安全保障理事会にて採択されたアフガニスタンにおける国際支援活動に対する「謝意」決議について、この決議に唯一棄権したロシアの「決議前」の言い分について、実は国内ではあまり詳しく報道されていません。そこで、資料として国連の公式ニュースソースであるUN News Center(国連本部広報センター)の記事からとくにその発言部分の引用(グレー枠内)をとりあげ全訳してお届けします。

安保理、国際治安支援部隊の任期12カ月延長を採択

Security Council renews international security force in Afghanistan for 12 months

20 September 2007 – Voicing its concern about increased violence and terrorism in Afghanistan, the Security Council has approved the extension of the NATO-led International Security Assistance Force (ISAF) in the country for another year, with the Russian Federation abstaining on the vote.

The other 14 Council members voted in favour of extending the mandate of the Force, which was established after United States-led forces ousted the Taliban regime in late 2001 to help Afghanistan’s then-interim authorities maintain security across the impoverished nation.

In doing so, the 15-member body also called on Member States to contribute personnel, equipment and funding to strengthen the NATO-led Force and make it more effective.

The Council also stressed the importance of improving Afghan security services in order to provide long-term solutions to security in the country, and encouraged ISAF and other partners to sustain their efforts to train and empower the National Police and other Afghan forces.

Speaking before the vote, Russian Ambassador Vitaly Churkin explained that while his delegation had traditionally supported ISAF and the continuation of its mandate, it could not support the current text because the new issue of maritime interception had yet to be clarified.

採決が採られる前、ロシアのVitaly Churkin大使は、同国はこれまで一貫してISAFおよびその任務の継続を支持してきたが、新たに加えられた[海上阻止行動]に関する問題が解消されていないため、現行の文面では支持できないとした。

“I should like to note that during the agreement of the draft resolution no clarity was made about the proposed new wording about the maritime interception component of the coalition Force which did not appear in all of the previous resolutions of the Security Council on Afghanistan,” he stated.

Churkin大使は「[決議に入る前に]申し述べておきたいことがある。草案の協議の中では、コアリッション部隊の海上阻止部門に関する新たな文言について明確な結論は出されなかった。この文はこれまで安保理で採択されたアフガニスタンに関するどの決議にも登場していない」と述べ、

“The maritime component is necessary exclusively to combat terrorism in Afghanistan and should not be used for other purposes,” he added.

さらに「海上阻止部門は、アフガニスタンにおけるテロとの戦いにのみ必要なものであって、それ以外の目的に利用されるべきではない」と付け加えた。

He also noted that there had been plenty of time to clarify his delegation’s concerns since the mandate of the Force did not expire until next month. “The unity of the Security Council has been sacrificed to undue haste.”

さらに大使は、ISAFの任期は来月失効の予定だったのであるから、ロシア代表団の懸念を解消するための時間は十分にあった筈だと指摘。「不当に性急な動きにより安保理の結束が乱されてしまった」と述べた。
国連本部広報センター(2007年9月20日付け)より

※追記 2007.09.26
外務省が国会で提出した資料によると、国連安保理ではこれまで、同種のISAFの期限延長を承認する決議について全会一致を欠いたことがなかったそうです。この新たな事実の確認により、ロシア大使のいう「安保理の結束が乱されてしまった」という発言の持つ意味がおわかり頂けるかと思います。それでもロシア側が決議に棄権票を投じざるを得なかったのは、これまでの決議の精神を尊重してのことだと言えるでしょう。すなわち、これまでの決議は伝統的に、ISAFの期限更新のみを承認する決議であったということです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事