全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

きょうHMVから届いたCDは、韓国出身のクラシックギター奏者である朴葵姫(パク・キュヒ、kyuhee
PARK)さんのデビューアルバム『Sueño スエーニョ〜夢』です。

バロック期のD.スカルラッティ、ギター古典期のレニャーニ、ロマン派のタレガ、20世紀南米のバリオスと
いった四人の作曲家の手になる作品を扱ったアルバムで、ブックレットに寄せられた福田進一さんの一文
にあるように、その演奏は至って「滑らか」。テンポ運びは中庸で(例えばレニャーニ「カプリス 第7番」
を村治佳織さんの『エスプレッシーヴォ』音が紡がれていくスムージーさが、聴く者の耳を引きつけていくものではない
かと思います。トータルプレイングタイムは50:28と、現今のCD作品としては短めですが、その分\2,520
という安めの価格設定になってますので、損感覚はないですね。たまにはジャケ買いもいいかも。

なお、アルバムタイトルになっているタレガの「スエーニョ〜夢」は、コチラで彼女の実演を視聴できます。

【追記:2011年2月13日に大阪豊中で行われたリサイタルに関する拙ブログの記事はコチラ。】


『朴葵姫(パク・キュヒ、kyuhee PARK):Sueño スエーニョ〜夢』(fontec FOCD9480, 2010年録音)
01 バリオス:森に夢みる
02 バリオス:扇の国
03 バリオス:ワルツ 第4番
04 レニャーニ:『36のカプリス』より第22番
05 レニャーニ:『36のカプリス』より第7番
06 D.スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K.32(L.423)
07 D.スカルラッティ:ソナタ イ長調 K.322(L.483)
08 D.スカルラッティ:ソナタ ト長調 K.14(L.387)
09 D.スカルラッティ:ソナタ ト長調 K.391(L.79)
10 タレガ:夢
11 タレガ:二人の姉妹
12 タレガ:椿姫の主題による幻想曲

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ご無沙汰です。

こういう方が出てきたんですか。
まだあどけないようで、いかにも小さな時からギターになじんで、自然にギタリストになったという、最近良く見るパターンの人のようですね。

やはり、高校生くらいからスタートした昔のプロたちとは、楽器との一体感が違うと、“昔のプロ”がよく言ってます。ただし、それは技術的なことで音楽の創り方とは別の問題ですが。

2010/8/13(金) 午前 0:55 たっちん 返信する

顔アイコン

>たっちん様。ご無沙汰であります。

3歳のときからギターを始められたそうで、英才教育を施されていたのでしょうかね。確かに「最近のパターン」で出現したと言えるようですね。
技術もしっかりしていると思いますが、情感にあふれたその表情豊かな演奏を聴いていると、ロマンティックな音楽の創り方に関してはしっかりしたもののようにボクは感じます。うっとりするようなロマンティシズムさがこの人の特徴でしょうかね。

2010/8/13(金) 午後 3:18 tiento_antiguo 返信する

顔アイコン

いや凄い人が出て来たものです。NHKBSのクラシック倶楽部で初めて聴き、驚きとともに感動で涙が出てきました。音楽性といい、テクニックといい、素晴らしいの一言に尽きます。恐れ入りました。

2011/4/16(土) 午前 0:00 [ - ] 返信する

顔アイコン

2月に大阪でリサイタルを聴きましたが、とても巧い人だと思いました。
放映された武蔵野公演は、大阪公演の主催者さんのお話によると、とても出来が
良かったとのことです。残念ながら、ボクはBSを視聴できる環境ではないので
確認できませんが。。。

2011/4/16(土) 午後 4:19 tiento_antiguo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事