ここから本文です
PUNIP CRUISES(プニップ・クルーズ)
遊覧船からメガクルーズシップまで、古今東西の客船と船旅に関する絵と写真のブログです。

書庫その他

すべて表示

先週の火曜日は東京港と横浜港のハシゴ


まずは晴海ふ頭のシップウオッチング専用船? 「アーバンランチ」に乗って…



本年度最後の「にっぽん丸」晴海接岸中の姿を海上から激写いたしました。




「にっぽん丸」の背後ではオリンピックの選手村が建設中

こうした光景もあと2〜3年で見られなくなってしまうのでしょうか?





引き続き横浜港に移動

今年初めての外国客船「フォーレンダム」が大さん橋に接岸中




お馴染み象の鼻パークから




花の種類にはまるで疎いわたし… お、オランダ船とチューリップの組み合わせだ!

って撮って、よく見たらどうやらポピーでした(-_-;)




イメージ 1
新港ふ頭のMARINE & WALKに到着

ちょっとオサレな風景




MARINE & WALKの二階デッキから




新港ふ頭の西側は、将来プリンセスクルーズが優先使用する旅客ターミナルを建設中。

たくさんあった上屋はすべて撤去されてほぼ更地になっています。

ここのシンボルのハンマーヘッドクレーンはどうやら保存されるようでほっとしました。

再来年からはこの向きで「ダイヤモンド・プリンセス」を見ることになりそうです。




そうこうしているうちに今回のお目当てのフランスの海洋調査用帆船「タラ」TARAが入港してきました。




今回が初来日なのでしょうか?




新港ふ頭の先日のグリーンピースの帆船と同じ場所に接岸





植木が邪魔だぁ〜




オランダの客船とフランスの帆船の無理やりのツーショット

実は2隻のあいだに極東の某国の工作船がひっそりと隠れています(笑)




近くに寄ると思っていたより大きかったです。




昭和の時代に描いた未来的デザインのキャノピー風ハウス部分

まさか、これ、松本零士先生のデザインじゃないっすよね?





残念ながら船内見学は出来ませんでした。

このあと、再び東京港の戻って格安の島への旅に出かけるのでした。



書庫その他の最新記事

すべて表示

  • もう、だいぶ日にちも経ってしまいましたが、先日横浜港大さん橋で行われた津軽海峡フェリーの新造船「ブルーハピネス」の船内見学会の様子です。 ホームグラウンドの函館ではフェリーターミナルに並列で並ぶことはあってもこうして ...すべて表示すべて表示

  • 元津軽海峡フェリー(東日本フェリー)の青函航路の高速フェリー「ナッチャンWorld」が8年ぶりに横浜港にやってきました。 …と言っても現在は高速マリントランスポートという別会社に所属し、防衛省のチャーターで災害救難用輸送船 ...すべて表示すべて表示

  • わたしが所属するアマチュア船舶絵画家のサークル SOUTH PIER 毎年春の恒例の横浜港大さん橋での絵画展が今年も 来月9日(日)から25日(火) の17日間に渡って開催されます。 こちら→ Faceb ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事