ここから本文です
PUNIP CRUISES(プニップ・クルーズ)
遊覧船からメガクルーズシップまで、古今東西の客船と船旅に関する絵と写真のブログです。

書庫中、短距離カーフェリー

すべて表示


東京港竹芝からお世話になったジェット船「セブンアイランド虹」を三浦半島の久里浜港で見送ったあと、こちらも「かなや丸」で墓相半島の金谷港に向けて出発

これから浦賀水道で繰り広げられるショータイム鑑賞に向けて船内で小休止




久里浜港を出港するとすぐに先ほど「セブンアイランド虹」で追い越した出来立てほやほやの試験航海に出ていく商船三井フェリーの二代目「さんふらわあ ふらの」が見えてきました。

タイミング的には向こうがちょっと早すぎるかとも思いましたが、彼女はかなりゆっくりと航海しています。





さらにその後方に三菱重工本牧工場でドック入りしていた太平洋フェリー「きそ」も見えてきました。

イッツ ショータイム!





金谷港からは僚船の「しらはま丸」も登場




「しらはま丸」は「さんふらわあ ふらの」の目の前を通過しました。




かなり遠いですが、「かなや丸」から見た右から「さんふらわあ ふらの」「しらはま丸」「きそ」のフェリー3ショット

フェリーファンにはたまらない光景ですね。




毎度おなじみ「しらはま丸」との反航シーン

「きそ」のトッピング付き




「さんふらわあ ふらの」が目の前を通過していきます。

磯子の造船所で造っているところを見た時よりも船首の短さが際立っている気がします。

同じ新造フェリーでも垂直ステムを採用した新日本海フェリーの「らべんだあ」の船首が長いのに比べると見事に対照的ですね。




船体の中央部のアップ

パイロットさんがちょうど下船するところなのでしょうか?

さんふらわあマークの上のハウス部分に角窓が二段でズラリと並んでいるのは彼女自慢の2層吹き抜けプロムナードですね。

その上にはベランダ付きの客室が見えます。

見た感じ、屋根がないようにみえるのでベランダではなくて正真正銘のバルコニーでしょうか?






イメージ 1
我が「かなや丸」は後ろを回り込むように通過します。




もちろん、今回の旅はこの船を浦賀水道で見ることを目的のひとつとして乗ったのですが、まさかこんなに絶好の位置から見られるとは思ってもいませんでした。

しかも快晴




晩冬の日差しをたっぷり浴びて美しく輝く船体




左舷に移動すると、「きそ」が真後ろに迫ってきました

まるで「いしかり」に乗って三陸沖で太平洋フェリー同士のすれ違いを見ているようです。

汽笛を鳴らさないのが唯一の違いですね。




右舷後方には「さんふらわあ ふらの」



そして右舷後方には「きそ」

本来なら東京湾では決して見られないはずの北海道航路フェリーのランデブーにこのときのわたしの興奮はMAXに達していました。





スマホで見るとこんな感じ

ちょうど「かなや丸」は2隻のほぼ真ん中を通過したことがよくわかります。





富士山を真ん中に入れてのツーショット

ちなみに画面中央やや左を通過していくのは海上保安庁の「しきね」です。

ふだん、横浜にいる船ですね。





来年もこんなシーンが見られるといいですね。




だいぶ遠ざかったあたりで「さんふらわあ ふらの」の煙突から盛大に黒煙が上がってました。

こういうのを見ちゃうと先日の第一回試験航海中止と言い、なんとなく不安になります。

これが「おがさわら丸」だとごく当たり前のシーンなんだけど(笑)

でもこの後はずっと順調に相模湾を航海し続けている様子でした。

次回、金谷港で下船、鋸山に登って見た東京湾編に続きます。













書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 春のこの時期は東海汽船のジェット船はほぼ毎日、三浦半島の久里浜と房総半島の館山に寄港してから伊豆諸島の大島に向かいます。 今回、この2航路と東京湾フェリーを利用して東京〜久里浜〜金谷=館山〜東京という東京湾を変則の三角形でめぐる ...すべて表示すべて表示

  • 横浜港の保存貨客船「氷川丸」の普段は公開されていない場所を見てまわる特別ツアーに参加してきました。 いつも当たり前のようにこの山下公園に泊まっているので気に掛けることもあまりないのですが、戦前の太平洋航路の貨客船がき ...すべて表示すべて表示

  • 母島に向かう「ははじま丸」

    2017/2/13(月) 午後 10:07

    ここのところ、このブログではあまり絵をアップしていないので… 先日東京港で撮った写真をベースにした父島〜母島航路の貨客船「ははじま丸」です。 船を揺れてる感じで描いてみたら、本当に船酔いみたい ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事