ここから本文です
PUNIP CRUISES(プニップ・クルーズ)
遊覧船からメガクルーズシップまで、古今東西の客船と船旅に関する絵と写真のブログです。
ある暑い夏休みの一日、伊豆半島の東の玄関口の熱海にやってきました。
この熱海は温泉地の港町として有名ですが、レース好きのわたしとしては、やはりモナコのモンテカルロに似た街並みが気になります。
ヨットハーバーの奥はまるでヌーベル・シケインからタバコ・コーナー(笑)




この港町から画像の「イルドバカンス プレミア」(271トン)に乗船して沖合に浮かぶ小さな離島の初島に向かいました。





この船は一昨年にこの初島航路を運航している富士急マリンリゾートが20年ぶりに新造した客船

もちろん、わたしは初乗船…っていうか初島自体が大学生のころに行って以来なので数十年ぶり

当時乗ったのが初代「イルドバカンス号」だったのか、「パイオニア号」だったのか、記憶が定かではありません。




船内は家族連れや若い方のグループでいっぱいでした。





高そうなモータークルーザーやヨットがならぶハーバーに水中観察遊覧船「サンレモ」が入港してきました。

この船は以前茨城の大洗港で「ダイビング パイレーツ」と言う船名で運航していたころに乗船したことがあります。

ちなみに現在の大洗港の遊覧船「パイレーツ」はかつての商船三井客船「にっぽん丸」のテンダーボートの「あさなぎ」です。




いよいよ出港、画面の右手上には謎のお城「熱海城」が見えます。

もちろん、この地に本物の城が築かれたことは歴史上全くありません。





出航してすぐ、大島から「セブンアイランド虹」がやってきました。





やっぱりジェット船は翼走しているがかっこいいですね〜

乗ると…まぁなんと言いますか…単なる幅広のローカル旅客機ですが(笑)





あっという間に入港していきました。





こちらは一路、初島に向かいます。




客室から操舵室が眺められるのも楽しいです。

そういえば昔、東海汽船も「かとれあ丸」とかはブリッジ裏の展望室から昼間はこうして操舵室が覗けたような記憶があります。




どんどん進みます。




船内の客室はこんな感じ(撮影は初島到着後のもの)

ごく一般的な遊覧船の客室と言った感じですが…




最下層のデッキに降りるとこんな絨毯敷きのお部屋

この船は遊覧船ではなくてれっきとした離島航路の客船なんですね〜

でもブルーを基調にして海底生物のレリーフが飾られた室内はなんとなくお洒落です(^O^)





熱海出航後、ほんの30分で初島に到着

この島は熱海の沖合10キロに浮かぶ周囲4キロの小さな島 

湘南の観光地である江ノ島とほぼ同じぐらいの広さです。

ただし伊豆の島と言っても東京から東海汽船で行く伊豆諸島には全く属していません。





イメージ 1
島の北側にある小さな漁港に到着




こんな島の生活物資を降ろす風景からも見た目とは裏腹にこの船が離島航路の貨客船であることがよくわかります。




船内側から撮るのを忘れましたが、画面右手にバリアフリーのエレベーターが見えます。

こんな300トン足らずの船にもエレベーターが設けられる時代になったのですね。





この港は岩場だらけのこの島で唯一の海水浴場を担っているようです。

いかにも日本の島の夏風景




近くで泳いでいる人がいるのにどんどん出港





なかなかかっこいいデザイン

でもこれまでのこの会社の船のトロピカルな花柄ペイントに較べるとはるかに地味なのは否めません。

どうせなら船名の似ている戦前のフランス客船「イル・ド・フランス」にあやかって白黒ツートーンの船体に赤い煙突にすればよかったのに(笑)





こうして「イルドバカンス プレミア」は熱海港に戻っていきました。

この初島で数時間プチリゾート気分を味わった後、もと来た熱海ではなく今度はちょっと古い僚船の「イルドバカンス3世号」に乗って熱海より少し南の温泉都市の伊東に向かうことにしました。

次回、初島航路航海記 後編に続きます。



書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 一昨年の横浜発着クルーズの開始以来、すっかり大さん橋のお馴染みさんになってしまったプリンセスクルーズの「ダイヤモンド プリンセス」 横浜港に別件で用事があって出かけたので出港を見ることにしました。 JR桜木町近くの某 ...すべて表示すべて表示

  • 伊豆諸島 4隻リレークルーズ 2016 その4  からの続きです。 さて、今回の旅のしめくくりである4隻目、つまり最後の乗船は東海汽船の貨客船「橘丸」 伊豆大島の岡田港から東京港竹芝ふ頭に向かいます。 ...すべて表示すべて表示

  • 伊豆諸島 4島リレークルーズ 2016 その4  の続きです。 式根島、野伏港で「フェリーあぜりあ」を下船したわたしはこの旅行3隻目の乗船「セブンアイランド友」が来るまでの1時間すこしのあいだ、この情緒ある島の小さな漁港を ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事