ここから本文です
PUNIP CRUISES(プニップ・クルーズ)
遊覧船からメガクルーズシップまで、古今東西の客船と船旅に関する絵と写真のブログです。

書庫全体表示

津軽海峡ヨコハマ景色

特報です。

な、な、なんと、来る2月28日(火)と3月1日(水)、横浜港大さん橋が津軽海峡になってしまうことになりました。

まず、28日の午前9時に函館からウェーブピアサー型高速カーフェリーの「ナッチャンWorld」が7年ぶりに横浜に入港

かつて青函航路に就航していましたが、今は防衛省が津軽海峡フェリー(高速マリントランスポートという別会社)からチャーターして災害派遣用に使用している船ですね。

2009年の初来航、2010年の二回目の来航に引き続き、今回も船内が一般公開されるようです。

続いて同日の夕方5時30分、その津軽海峡フェリーの青函航路新造船「ブルーハピネス」が瀬戸田の内海造船から函館に回航途中に横浜に立ち寄ります。

翌日は「ブルーハピネス」がお披露目されてやはり一般公開

両日とも大さん橋のCIQスペースでは津軽海峡の特産品の物産展が行われます。

そして夜7時に「ブルーハピネス」が、22時に「ナッチャンWorld」が横浜を出港というスケジュールのようです。


いや〜 これは実に楽しみ

楽しみ過ぎてまた大さん橋の想像図をはがきサイズで描いちゃいました(笑)

イメージ 1
この通りの位置と向きで並んでくれるといいですね。


あ、そうそう、この3日後の3月4日には新日本海フェリーの新造船「らべんだあ」もこの横浜港大さん橋にやってきてやはりお披露目一般公開を行います。

ここのところ、国内の旅客航路は新造船ラッシュ

この調子で商船三井フェリーの「さんふらわあ ふらの」も一般公開してくれないかなぁ

最新の画像を元に描いた彼女の完成予想図も貼っておきます。
イメージ 2
煙突の下、縦長の窓が二層に渡ってずらっと並んでいる部分は2デッキぶち抜きのプロムナードのようです。

就航が楽しみですね。











この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事