野生植物の佇まい (+DTM)

虫・色から、ブログ名を変更しました!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 たまたま通りかかったお茶のお祭り。昼にラーメンを食べて喉が渇いていたので、お茶をいただいき、座ってぼんやり食後の時間を過ごしていたら、すぐ近くで手もみのお茶職人たちが茶葉を作っていました。

見学していると、お茶に70年かけているというその職人さんの動きは音楽のようで、伝統芸能の踊りのようであり、そしてビートでした!
感動のあまり、二時間くらい張り付いて見学したり、話を聞いたり映像を撮ったり。

トキオ(ですっけ?)の城島さんとかと1年間くらいテレビの放送にも関わった方だそうです。

家に帰って、先日作ったばかりの夜桜と合わせるとぴったり!!120bpm!!

素晴らしい日本のビートでした。お茶を注ぐお姉さんも見事!!





イメージ 1


この記事に

開く コメント(1)[NEW]

ひらく - 夜桜(試作)

  先日、「音」という曲の歌詞をアップしたんですが、改めて書き出してみると、DTMを始めた頃のことを思い出しました。毎夜、遅くまでPCに向かい曲を作ってはボツになり、いつの間にか外が明るくなっていることもしばしば。。。が、最近は毎晩飲んでばかりで、体重も2、3キロ太りました(TT)

これはいかん!!と先日「ハルジオン」を作ったばかりでしたが、次に取り掛かることに!!

ひらく - ハルジオン feat.初音ミク

新しい曲は、ちょっと不思議で神秘的な春の夜の空気感をイメージして作りました。
今夜で3日目。壁紙が良いのがなかったので、今年の春は夜桜の写真でも撮りに行ってみたいと思います。

今回は、ボーカルは無し。最初は入れようと思って初音ミクのトラックも準備してメロディまで打ち込んだんですが、ボツになりました。
だいたい後半までできたけど、、、途中曲の切れ目やサビの前あたりに、「ビールもってこい!!」や「ビールお代わり!!」とか入れた方がいいかな・・・(^^;


ひらく - 夜桜(試作)


この記事に

開く コメント(0)

ありがたいことに、数名の方からこの曲歌いたいとメールいただきました(>_<)!
が、歌詞をどこにも書いてなかったようで、(動画にもあるけど、所々間違ってた(汗))、とりあえずこちらに記録しておきます。

DTM&初音ミクをはじめて1年の記念?に作った「音」という曲です。

ひらく - 音 feat.初音ミク

------------------歌詞---------------------

真っ白のキャンバスに音を書き留めていけば、
誰もまだ知らない場所に行ける気がするんだ。
初めは音ずればかり、もうどうにもできなくて、
手当たり次第に音を詰め込むしかできなかった。
何度も立ち止まって、その度諦めかけた。
ただ先に見えた音に近づきたくて。
気が付けば夜明けになって、辺りは明るくなるのに、
止まった指先にはまだ何も見えてこなかった。
焦る気持ち押し込めて、ただ書くことだけでいい。
もう少しだけ近づけば、もう届きそうだよ。

音を探すんだいつの日か出会えることを信じて。
止まった時計も動き出す、そんなリズムを見つけたいな。
振り返ってばかり、いつまでも先には進めないから。
今はとにかく書き続けるよ、もうそれだけで十分だよ。

空を眺めていると、新しいメロディが
浮かんでは消えて行って、書き留めきれなかった。
失敗ばかり。通り過ぎてく音たちの涙に気づかないふりをした。
もう一度会いたかった。でもそれを探すのは、
今の自分では力不足だった。
耳をすませば、世界は音に満ち溢れていて、
季節が変わるように、また音も巡ってくる気がして、
その時を待ってるね。
もう手を離さないよ。

音を探すんだいつの日か出会えることを信じて。
止まった時計も動き出す、そんなリズムを見つけたいな。
振り返ってばかり、いつまでも先には進めないから。
今はとにかく書き続けるよ、もうそれだけで十分だよ。

---------------------------------------------

この記事に

開く コメント(0)

ようやく歌詞を入れ終わりました。。。

ひらく - 風 feat.初音ミク


-------------歌詞-------------
流れる雲を追いかけながら、
吹き抜ける風をいっぱいに感じたい。
時には雨の日だってあるけど、
じっとしていても始まらないよ。
例えばあの時、こうすれば良かったとか思っても、
今から時間が戻る訳でもないし。
前を向いて進んでいけば、きっといつか見つかるから。
そう信じてれば、必ず風向きも変わるんだ。

踏み出す勇気が欲しくて、でも、
時間だけが過ぎていて、地図にない道もあって。
沈んでく夕日を見送った後の、
ちょっぴり切ない気分も嫌いじゃないけど。
時には辛くて前も見えないことだってあるよね。
どこまでも続いてる星空みたいに、
答えなんて、そんだけ沢山あるってことだからね。
挫けないで。
風の向かうままに。

朝もやの晴れたこのひらけた場所には、
どんな新しい景色が待ってるのか知りたくて、
逸る気持ち、止まらない風のように駆け回って、
呼んでいるよ。
風の集う、明日へと。
-------------------------------

なんというか・・・、いつもはボーカル少な目なのですが、今回ほとんど歌ばかり!!
いつもの2曲分くらい歌詞を入れる羽目に・・・。
毎度、最初の一言が出て来ずに苦労しました。苦労した割に結局自分では思いつかず、一番の一行目はカエル子が考え、二番の前半部分は、ボカロ友達のきむらさんとのメールのやりとりから抜き出したり書きかえたりして、使いました!!
他、うさぎちゃん君をはじめ数名の方にも聞いていただき、曲の雰囲気を単語で表してもらったりして、後半に行くほど、ネタ的に苦しくなり怪しい感じになってますが(汗)、なんとか入れ終えました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

が、苦労した割に、ライブでの使い道があまり思いつきません!!ボーカルの人が見つかったら歌って貰えばいいかな。。。




この記事に

開く コメント(2)

怒られた・・・。

 鹿児島県の南薩地域に「疱瘡踊り」という伝統の踊りがあり、県の無形文化財にも登録されています。

疱瘡とは、天然痘のことで、当時の人々ではどうしようもなかった病気を、この踊りを踊ることで病気の予防や治癒を願ったそうです。

先日、鹿児島県日置市吹上町永吉という地域の疱瘡踊りの練習をがあるという情報をもらい、ちょっと興味があったので見に行ってきました。

練習自体は最後の辺りしか見れなかったのですが、高齢の方を中心にこの踊りを保存されている様子にビビッときて、伝統を守る活動をされている方やその地域の事をイメージした曲を、家に帰ったらすぐに作りはじめました。

この吹上永吉地域の疱瘡踊りは、25年前に一旦途絶えてしまったそうです。そして8年ほど前に地域の方から復活させようとの声があり今に至るそうです。幸い踊りや音楽の映像も残っていたらしく、そのままの形で復活できたそうです(日置市伊作の民俗資料館の方に詳しく教えていただきました)。

曲を作った時は、その後どうしたいかとか何も考えていなかったんですが、ふと、踊りをその伝統のまま、私が作った電子音だらけ(しかもボーカルが初音ミク)の曲でその地域のおばちゃんたちが踊ったりすれば目を引いてこの踊りに関心を持つ人が増えないか?という事を思いつきました。

ひらく - ハルジオン feat.初音ミク

そして地域のおじいちゃん・おばあちゃんたちが踊りの中で渾身のべ〜をしたらかわいいに違いない!!(歌詞はこちらをご覧ください)と最初は思っていて、さっそく、この踊りを復活させた会長さんの家に突然押しかけて、この話をしたところ、若い人たちに興味を持ってもらうのはとても良いことだから、次の練習の時に会の皆さんに話してみると良いですよと言っていただきました。

ということで、この前の土曜、踊りの保存会の中でこの曲を披露させてもらうことになりました。

で、当日、早めに会場に行き、とりあえず挨拶を済ませたらあるおじいさんが話しかけてきました。
疱瘡踊りは神事だから、私たちは楽しむために踊りを踊っているんじゃないんだ。あなたたちは楽しむために踊りをしようと思っているならそれは見当違いだという事を言われました。

もちろんその点は分かっていて、多分怒る方もいるんじゃないかと想定はしていたんですが、神事自体に干渉しようという話ではないという点は強調しました。

とにかく若い人がいないことには後につなげることはできないという点での認識は一致していたので、神事とは関係なしに関心を持ってもらえる活動なら・・・と理解は示していただき、まずは踊り自体を勉強しろと言われ、疱瘡踊りの細かい流れなどもとても丁寧に教えていただきました。

踊りの練習が終わり、いよいよ、曲のお披露目の時間。
歌は歌詞のカードがないと一回では聞き取れないだろうと(特に高齢者ばかりなので)と、無駄に丁寧に「べ〜」のとこもしっかり書いていたので、一旦、理解を示してくれた方も、それを見てまた怒りだすんじゃないかと、ちょっとひやひやしながら再生しました。

せっかくなので友達の「うさぎちゃん」君に見よう見まねの疱瘡踊りを曲に合わせて披露してもらいました。
(疱瘡踊り自体は、女性が踊る踊りだそうで、それも当日知りました(TT))

曲を流してしばらくすると、偶然練習場の公民館の別の部屋で遊んでいてちびっこたちが音楽を聞きつけ集まってきて(←初音ミクの声に反応したに違いない!)、再生中、私が後ろを振り返るとどこから湧いてきたのか、7、8人くらいの地元の小学生がうさぎちゃん君の踊りを見ていました。

踊りの方々もそれが嬉しかったのか、べ〜のとこは何にも触れず、曲も意外にうけてて、踊りのテンポ上げれば!等、色々ご意見もいただきました!!

最初怒っていたおじいさんも、なんで今日初音ミクちゃんを連れて来なかったんだ!!本人に会いたかった!!と言い出す状態に(^^;
(PCのソフトだし、連れていけない・・・!!)

というわけで、とりあえず私自身、具体的にこれからどうするかどうしたいのか等、あやふやのままの第一歩を踏み出したのでした。これから会のみなさんと考えていければと思っています。

練習後、とりあえず集まったちびっこたちと成り行きで一緒に鬼ごっこやドッジボールをしたんですが、これは気を引くチャンス!と、一緒に遊んだんですが、鬼ごっこでは、か弱い子鹿のように追い回され、ドッジボールでは集中砲火を浴び、現在筋肉痛です(TT)
遊びをしながらも、踊りの練習をしたいと言ってくれた子も数人いたので、少しずつでも地域のちびっこからだけでも「疱瘡踊り」ができる人たちが増えていけばいいなと思います。


この記事に

開く コメント(11)

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事