穴と橋とあれやらこれやら

隧道や橋といった土木構造物など、様々なものを訪ねた記録です。新旧問わず記事にしていますので、古い情報にご注意下さい(笑)。

2011年3月25日、三重県西部〜奈良県東部を徘徊した際に出会った廃道。この日のネタで記事にしているものは、夕方近くの掛の沈下橋


ここは東吉野村。

奈良県道220号大又小川線の
イメージ 2
狭戸(せばと)トンネル・西側坑口。

面白くもなんともない現代トンネルだが、手前には…



こういうヤツにはつきものの、アレが。
イメージ 3
そう、みんな大好き(笑)、旧道でございます!




さっそく失礼して…。
イメージ 4
右手からごろっと崩れているところもある。



左手眼下を流れる四郷川を見下ろすと、
イメージ 5
相当くたびれた堰堤が。

よく見たらコレ面白いな…もっとよく見てきたらよかった、と今さら思ったり。


地図でわかるように、旧道は四郷川の流れに忠実に沿っており、この先で大きく曲がる。


その手前に…
イメージ 1
「警笛鳴らせ」標識が立ち尽くしておりました。

比較的今でも見る標識とはいえ、この立地ではやっぱグッときますな。まあこの時点では、この道が死んでいるとは思っていなかったんだけども。


カーブをクリアすると、
イメージ 6
一気に廃度がアップ。

さっきまではうっすらと見えていたダブルトラックも消え失せている。熟成具合こそまだまだながら、これは紛れもなく廃への緩やかな下り坂の途中にいる感じ。


両側ともに荒々しい路肩が好ましいこの道、
イメージ 7
間もなく終わるようだ。

日陰を抜ければ、





現道へと合流…
イメージ 8
しなーーい。

そうきたか(笑)。


現道へ接続するかと思われたその場所には、巨大なコンクリ構造物が。もちろん、狭戸トンネルの東側だ。どうやらロックシェッドがわりに、こうして延伸した構造になっているようで。

これを見て、この旧道はまぎれもなく死んだ道、廃道なのだと知った。



この先の突破はどう見てもリスキーだったので、
イメージ 9
おとなしく、来た道を戻る。

こうして見ると、廃道として絶妙なコンディションに見える。…まあ好みはあるだろうけど。ちょっと浅漬け的な?(笑)




そして、廻りこんできました、
イメージ 10
狭戸トンネル・東側坑口。

右端に写り込んでいるのが、先ほど引き返した旧道行き止まり付近になる。



ここを攻略できないか、
イメージ 11
再度見てみたんだけども、




うーん…カドまでは行ったんやけどねぇ…
イメージ 12
地味に怖いわコレ。

4枚上の旧道側からの写真を見たら伝わるでしょうが(笑)。足場は30cmあるなし、くらいかな?しかも写真では伝わりにくいけど、案外高さがあるのよ。

行こうと思えば行けたと思うけど(いや、強がりでなく・笑)、そこまでのリスクに見合う成果が全くないので、やめておいた。


い…行こうと思えば、行けたんだからねっ!(←馬鹿)



最後に。
イメージ 13
狭戸トンネルの建造は2006年。

従って、旧道落ち(=廃道化)も2006〜2007年ごろと思われる。ということは、探索時で4〜5年ものの若い廃道だったということになる。

本記事現在なら、ちょうど10年ものくらい。イイ感じになっているのではないかと。お手軽な廃道散策が楽しめそうですぞ。


…あぁ、現トンネル脇攻略は、自己責任で(笑)。



以上、完結。



この記事に

開く コメント(11)[NEW]


先日、ノートさんの車検が無事終了しました。


わたくし典型的なサンデードライバーですんで、特に大きな懸案事項はなし。細心の注意を払って変な道を走ってるからですね(笑)。逆に乗らなすぎてバッテリーが弱ってきてるとか。やっぱコンディション維持のためにもうちょい乗らないとな〜。


たださすがに、納車以来一度も換えていないタイヤ(ローテーションはしてますけどね)はかな〜りヘタってきてまして、
イメージ 1
先日もあーやんさん、セロ尾さんに失笑を買ったばかり(笑)。

たまに乗った時にはきっつい場所へ突っ込むこともしばしば(笑)でしたんで、まあ一度もバーストもせずによくもってくれたと思います。
タイヤ感じが、ファミリーカーソレではない(爆)。



なので、車検を機に、
イメージ 2
先日あーやんさんにいただいた(ほぼ?)ニュータイヤに交換!

さすがに純正ホイールと違って多少ホイールカバーが浮き気味。でも…それでいいのだ(笑)。

えー、ご覧のとおり冬タイヤでございますけど、南国・草津シミンのわたくしは、通年コレでいきます。つまり、普通のタイヤとして履きつぶします。もちろん冬タイヤとしての性能は失われていきますし、燃費も多少悪くなるでしょうが…

それでいいのだ(爆)。



そうそう、車検も終わったので…ってわけでもないのですが、
イメージ 3
貼っちゃいましたよ〜、あーやんさん!



2ヶ所、わかりますかね?



まずこれ。
イメージ 5
チェリオ公認(?)、世界のハッチバック!

いや〜、色味がルミナスレッドのボディカラーと合う!



そしてもういっちょ。
イメージ 4
リアガラスに、燦然と輝く(?)号泣砂防ダム!



イイね、最高だよ!あーやんさん、タイヤもステッカーも、ありがとうございました!



さー、果たして嫁さんはいつ気づくか…(爆)。


そして気づけば、コレが通算1500本めの記事でございましたわ。

この記事に

開く コメント(20)[NEW]


2011年6月1日。この日のことは初めて記事にするのだが、房総の隧道王子ことまききさん(最近はサイトをほったらかして遊び呆けて…いるのか仕事がお忙しいのか…笑)と合同探索。


…ってほど大したもんでもなく(笑)、JR外房線大網駅待ち合わせで、わたくしの未探索エリアを連れ回していただいた。


そんな流れで「イイ隧道あるぜ?」と(いや、そんな口調じゃないけど)、地図には隧道表記も何も書かれていないところへ連れて来ていただいたのだが


のっけから…
イメージ 1
ああ〜…房総よねぇ…って光景を(笑)。

いやもうね、ナチュラルに穴がありすぎなのよ(笑)。

ここは、金谷三区公民館という公共施設横の駐車スペース。その裏手のゴミ捨て場脇に、臆面もなく穴が開いておる。関西の感覚では信じがたい情景だが、これがごく標準的な房総クオリティ(笑)。

ご覧のとおりの完全人道サイズの隧道で、穴の脇にあるデカイ看板は、ゴミの分別と出し方のもの(笑)。


普通に立って正対した感じがコレ。
イメージ 2
低い。そして照明もない。けど、コレは…。



まずは、入洞。
イメージ 3
おおお〜。

低いし照明もないけど、堅く締まった洞床を見れば、全然現役で使われているのがわかる。

けっこう扁平に見える洞内だが、完全に安定しておりまったく崩落の危険は感じない。特筆すべきは、横穴がいくつもある…ように見えるが、


まききさんの強力照明に照らされた洞内をよく見ると、実際は
イメージ 4
奥行きはほとんどない。

こういうのって、かつて防空壕としても使われていた隧道に多いように思うが、ここもそうだったのではないか、と。状況証拠もあるのだが、それはまた最後に。


振り返ると…
イメージ 5
はい、強力照明は、まききさんの隧道探索用スペシャルマッシーン、テリオスキッドのルーフ照明でございました(笑)。



そして、反対側をズーム。
イメージ 6
素掘りながらの、扁平かつなめらかなアーチ。

このテイストは、房総ならでは、ですなあ。美しい…。



まず見られない、
イメージ 7
関西圏でこのテイストは。




さあ、
イメージ 8
抜けまする。




もちろん道は続き…
イメージ 9
木立を抜けて続いている。




ここで航空写真を。
イメージ 10
中央のマーク部分が隧道。こうして見ると、確かに北側の集落からは公民館含めて近道になる。

ただねぇ…普通は山を越えてくるのよ、こんな低い山ごとき。

いともあっさりと隧道掘っちゃうのが、房総クオリティの真髄(笑)。あるいは…防空壕を戦後改造して隧道にした可能性もあるけど。


イメージ 12
個人的に、まききさんの名シーンがこちらになります(笑)。

この時に「うわ!八つ墓村やん(笑)」と思っていたのは、内緒…でもないか。現地でも言ったような(笑)。

ちなみに右手に提げているのは、氏のハンドメイドによる特殊照明!こうして見るとテールランプまで点いてるのね。芸が細かい(笑)。


さて、改めて、北側坑口を。
イメージ 11
イイわ〜。

房総のヒト、見慣れてるんだろうけど、それは贅沢ってもんですよ(笑)。近くに欲しいわ〜、こんな隧道(笑)。


いや〜、ステキすぎるわ、房総。



戻ります。
イメージ 13
いや〜、コレが普段使いされてる隧道だっつうんだからタマリマセンな。





さて、冒頭の金谷三区公民館駐車スペース脇には、他にもこんなものが。


隧道向かって左手のほうには、
イメージ 14
煉瓦で大雑把に封鎖された穴。

それともう一つ、封鎖された穴があった気がする。



そして、冒頭の写真で右側に駐車している車たちの背後にある倉庫。

そのさらに裏手には、
イメージ 15
三連の穴!




でも、内部を探ってみると、
イメージ 16
奥行きは浅く、しかも横穴でつながっていた。

先ほどチラッと書いた「状況証拠」ってのが、これらの穴たち。どうやら防空壕として掘られたものらしかった。



中には、このように
イメージ 17
本格的な部屋状になった部分も!

ほぼ往時のままで残っていると思われるこれらの防空壕、隧道とはまた違った意味で興味深く観察した。



最後に…
イメージ 18
お手製の照明で防空壕奥を照射する、まききさんの雄姿!


オチ的に使うな?
いやいやそんなつもりはモートーございませんよ?


ぐふふ。



以上、完結。


しかし…いつの間にやら大網白里町って、市に昇格していたのね〜。



この記事に

開く コメント(23)[NEW]

次回予告篇


八つ墓村の…





イメージ 1

祟りじゃあああああああああ!!!









あっウソです。全然怖くないです。



そしてこの人は、多治見要蔵ではありませんのよ(笑)。




【本篇】に続く。



この記事に

開く コメント(16)[NEW]


たまには新しめのネタもやっとかないと…てなわけで、現時点で最新のネタをご紹介。…極端ね(笑)。



2017年1月4日、このネタで始まった年頭の徘徊も早や夕暮れ、終了モード。

あとは帰るだけ…のつもりで奈良r782を北上中に…
イメージ 1
なんか引っかかる光景が視界の隅に映ったので、急きょストップ!

相変わらず前を見て運転してない奴(笑)。しかしアレは…見間違いか?



確かめるべく接近して見れば…
イメージ 2
あー!やっぱり!

えーと、伝わるだろうか?この感じ。最初見えたときには沈下橋に見え、一瞬後に「なんかおかしいぞ?」と感じて停まったのだが、


これ。
イメージ 3
クラ〜ンク!!

橋梁と呼べる部分は手前と向こうに分散しており、その間はもともと中州的な部分を嵩上げして無理くり固めたかのような強引な造り。
そしてさらに強引なのは、桁部分を極力短くするためか、流れの最も狭い箇所を選んで架けたがために、超タイトなクランクができちゃっているんである。コレは面白い!



いや〜、なんぼなんでも、
イメージ 4
これ、車は無理でしょ、たとえ軽トラであろうと。

見てのとおり、これは農道なんだけども、たぶん車は県道路肩に置いて、耕運機的なものを渡して持ち込んでいるのではなかろうか、と想像。うす〜く轍が見える気がするが、信じない(笑)。


いや〜しかし、
イメージ 5
この橋って、なんて呼ぶのが正解なんだろうか。

欄干のない薄い桁…これを見ると沈下橋だと思うのだが、いろいろあまりに異形すぎて…考えた結果、根拠もないけど「冠水橋」と呼ぶことにする(笑)。


いや〜、こういう橋って、
イメージ 6
橋梁趣味の中でも王道ではない…ってか邪道だとは思うんだけども。

でもこういうのが、大好きなのよね〜!



おまけ。


この橋の動画を撮ることになんの意味があるのか、我ながら不明なんだけれども、せっかく撮ったんで(笑)。一応、音量注意で。




以上、完結。


この記事に

開く コメント(30)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事