穴と橋とあれやらこれやら

隧道や橋といった土木構造物など、様々なものを訪ねた記録です。新旧問わず記事にしていますので、古い情報にご注意下さい(笑)。

全体表示

[ リスト ]

【前篇】より続く。
 
 
 
 
なんかあり得ない線形の予感バリバリ!いよいよ入洞!
 
…の前に(爆)。坑口を確認しておこう。
イメージ 1
 
完全なコンクリート製トンネルだが、アーチ環と迫石を模した装飾が地味〜に施されている。アーチ環の
左端には小さな表示が。見にくいが「トンネル内点灯」と書かれている。そしてその上には簡易な信号?
っぽい装置が。信号で制御していた時期があるのだろうか?てか、離合もできないのに止めてもしゃーない
よなあ。反対側ポータルには何も付いてないので、やはり交互通行用ではないようだ。
 
ちなみにトンネルリストによるスペックは、昭和27年製、延長21m、幅員4.5m、高さ3.0m。この地味な数値
では表せない驚愕の洞内ワールドへ、いざ。
お遊びはここまでだ!
 
 
 
 
 
 
にょ〜!
イメージ 2
 
にょにょ〜!!
イメージ 5
 
にょにょにょ〜!!!
イメージ 6
 
 
な、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんじゃこりゃあぁあ!!!!
イメージ 7
想像はしてたよ、こんな感じやろな〜とは。ぐるっと回るんや〜って。でもこれは想像のはるか上を
イッてる。それだけでけしからんのにだね、
 
 
 
 
 
 
 
この斜度は何だね君ぃ!!
イメージ 4
隧道の写真かコレが!!
…冷静になろう。が、しかし、今思い出してもテンション上昇を禁じ得ない。
この狭い洞内で3つのカーブミラー広角レンズを使わなくても両側坑口が1枚の画像に収まる
ほどの急曲線、そしてアプローチの激坂がお遊びに見えるほどの超急勾配!どれをとっても
まさに峠のヘアピンレベルだが、それが隧道って!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
抜ける寸前振り返ると、こう。
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
と思ったら、車キター!
イメージ 9
このほかにも、大和黒猫のトラックが慣れた様子で登ってきた。
 
 
 
 
 
 
 
改めて、山側の坑口。前述の通り、信号?の有無以外はほぼ下と同じだ。
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
驚くべきことに、この立地で住宅が一軒。
イメージ 11
さらに改めて驚くのは、この隧道の高低差。画像手前に写るこの住宅の駐車スペースとおぼしき部分の
はるか下に見えているのが、先ほど登ってきた隧道へのアプローチ路だ。ここで再度前篇で紹介した
下からの画像を見てみよう。
イメージ 12
画像中央上の緑の茂み、そのさらに上が先ほどの駐車スペース部分だ。どんだけやねん、この高低差!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
ここを超えるインパクトの隧道は、これ以降まだお目にかかっていない。てか、あるのだろうか、そんなの。
疑問なのは、こんなド変態物件が市街地に堂々と存在するにもかかわらず、これまでほとんど知られて
おらず、同業者での知名度も皆無に等しいことだ。そこまでノーマークなのか、熱海ってとこは?
 
まあなんにせよ、もし再訪が叶うなら、次は車で何度か往復して味わい尽くしたいものだ(爆)。
 
 
 
 
 
以上、完結。
 

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

すごい。
ものすごい。
開いた口が塞がらない。
全身の毛穴が全部開いた。

2013/3/15(金) 午後 9:52 [ doo**ongoo ] 返信する

顔アイコン

doodoongooさん、毎度です!いかがですか、この最上級の変態度。ぜひ愛機コレットさんを駆ってチャレンジしてみてください!願わくば車載動画も希望します(爆)。
進入したが最後、狭小ブラインドコーナーだらけなのに離合スペースがないところがまた最高ですよ!…え?おかしいですかね私?

2013/3/16(土) 午前 0:00 [ クイック ] 返信する

こんばんは はじめまして… 地獄トンネルに 悪夢で うなされそうです。 ありがとうございました。

2013/3/16(土) 午前 1:34 [ 長岡屋 ] 返信する

顔アイコン

「お遊びはここまでだ!」に笑ってしまいました(笑)。
一番の見せ場は以前にワイワイマップで拝見していたものの、そこに至る過程と、その先の様子もまた見事! 以前は年に1度は熱海を通過する機会があったのですが(まだ自転車にまじめに打ち込んでいた頃は……)、最近は目的を作らないと行く機会がないんですよね……。

でも、やっぱりこれは見てみたいですねぇ!

2013/3/16(土) 午前 4:24 [ DAiN ] 返信する

顔アイコン

長岡屋さん、初めまして!ご覧いただきありがとうございます。もしもコレを見て悪夢にうなされてしまったのなら…本望です(爆)。これからもよろしくお願いします!

2013/3/16(土) 午前 11:52 [ クイック ] 返信する

顔アイコン

DAiNさん、毎度です。じゃあですね、伊豆方面にでも目的地を置いて、その途中でさくっと立ち寄るのもありかもですね〜。個人的には熱海の街自体も歩いててけっこうおもしろかったです。入り組んだ路地や階段が重層的に錯綜してて、リアルダンジョン的な。けど、坂と階段まみれですからチャリには致命的ですかね(汗)。

2013/3/16(土) 午前 11:57 [ クイック ] 返信する

顔アイコン

いやいやいぁ!最近は街中の狭い路地階段をMTBに跨ってノーブレーキで転がり落ちるシティーDHというのも世界では流行ってますので此れなら熱海の町でも大丈夫! ただし下り一方通行だし、普段やったらお巡りさんに連れてかれるし・・・

車載動画面白そうですね。四輪と二輪それぞれで。もちろん二輪は下りノーブレーキ・・・。

2013/3/16(土) 午後 5:48 [ おろろん ] 返信する

顔アイコン

おろろんさん、RedBull的なヤツですな。しかしここのてっぺんから下までのタイムアタックとかやったら面白そうですなあ〜。レンタカーやったらやれるぞワシ(ヲイ

2013/3/16(土) 午後 7:34 [ クイック ] 返信する

顔アイコン

とのたまさんのハイエース(トレーラー付)等いかがでしょうね(爆(人様の車を勝手に…))
なおMTBなら4月半ば以降にもう一台増えますのでお貸しできますが・・・。

2013/3/16(土) 午後 7:52 [ おろろん ] 返信する

顔アイコン

野中山を懐かしみ検索してここへ来ました。ちょうど30年以上前、この坂の上に住んでいたので、毎日幼稚園へ通うためトンネルを徒歩で行き来していました。大雨の日はトンネル内斜面+カーブがいつも洪水状態で恐ろしかったです。「驚くべきことに、この立地で住宅が一軒。」の画像にある民家ができる前は、そこに信号の操作小屋が建っていました。坂のふもとにある横断歩道は、当時私が幼稚園へ安全に通えるようにと母が市役所に頼んで設置してもらったものです。

2013/6/29(土) 午後 11:46 [ KENRICK SOUND ] 返信する

KENRICK SOUNDさん、ご訪問ありがとうございます。なんと元住民の方にコメントをいただけるとは!変態物件とか書いて申し訳ありません(笑)。トンネルは当時も今と同じ姿だったんでしょうか?
やはり信号制御だったんですね〜。しかも操作小屋があったということは、作業員の方もいたってことでしょうが、まさか常駐だったんでしょうか??そして車両の待機スペースとかどうなってたんでしょうか??
ふもとの横断歩道、私も安全に渡らせていただきました。ありがとうございました。

2013/6/30(日) 午後 1:20 [ クイック ] 返信する

顔アイコン

トンネルは当時から全く変わっておりません。子供ながらも強烈なトンネルだと感じていましたので、大人になってからは確かに変態物件だと思います(笑)。残念ながら信号制御の仕組みは既にその頃は使われていませんでした。さらに昔のことだったと思います。ただし、信号が残っているのはこのトンネルだけではなくて、さらに坂を上って先のカーブにも残骸があります。二カ所が信号制御されていたようです。

2013/7/6(土) 午前 11:39 [ KENRICK SOUND ] 返信する

顔アイコン

あ、ちなみにトンネルの上側にも当時信号は付いていたように記憶しています。

2013/7/6(土) 午前 11:42 [ KENRICK SOUND ] 返信する

KENRICK SOUNDさん、またしても貴重な情報ありがとうございます!信号制御がそんな昔の話だったとは。しかもなんと坂の上にもう1ヶ所信号があったなんて!自分はこの先、ひとつ目の直角カーブまでは行きましたが、その限りでは気づきませんでした。もっと上ですかね?あるいはぼーっとして見落としたかな?

2013/7/6(土) 午後 9:45 [ クイック ] 返信する

顔アイコン

何これ?こんなの、あり?
こんなトンネル、日本にあるの?
危険極まりない、危ねぇだろ?
と言うか、あの一軒家は何?何であんな場所に建ってるの?
全てが、何これ?

2015/1/14(水) 午後 11:54 [ ゲバゲバ ] 返信する

ゲバゲバさん、衝撃でしょ?しかも離合スペースないんですよ?

完全な私見ですが、この道、元々は明治大正期ごろ熱海に数多くあった別荘への私道のようなものだったのでは?と思ってます。

2015/1/15(木) 午前 9:03 [ クイック ] 返信する

九州6県でネットされているKBCテレビ「ドォーモ」という番組の中の企画“前略 道の上より”でも取り上げられていました(笑)
ちなみに間もなくDVD化されるみたいです〜
( ´ ▽ ` )ノ

2016/6/3(金) 午後 11:46 [ スコッチ ] 返信する

スコッチさん、えぇ〜遠く離れた九州の番組で!うーん、DVDの中身が気になります(笑)。ちょっと欲しいかも…。

それにしても、九州6県って、ネットされてない1県はどこなのかとか、変なことが気になってしまいました(笑)。

2016/6/4(土) 午前 9:46 [ クイック ] 返信する

tea*o*oaさん、ナイスありがとうございます!

2017/3/22(水) 午後 9:17 [ クイック ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事