Tresor ~*トレゾア*~

花より男子の二次小説です。CPはつかつくです。
あたしがスイミングでのバイトを始めて3回目の出勤日、スクールのスタッフさんから最近スーツ姿で現れる不審者がいると聞いた。

幼児好みの変質者情報を耳にする事も増えた昨今、小さい子供を持つ親は気が抜けない。

ここスイミングスクールでは、当然全員が水着になる。だから、例え我が子を撮影するつもりでも、他人の子供が写りこむ可能性があるため、撮影は禁止されていた。
なぜならどこでその水着姿の写真が流出するかわからない。SNSが盛んになり尚更だ。

「ちょっと聞いたぁ?」

「なんですか?」

「変質者よ!真っ昼間に黒いスーツで現れるちょび髭男!保護者達が騒いでるのよ!
ア・ヤ・シ・イって」

「へぇ〜。そんな人がいるんですね!私も目を光らせときますね!」

そう言うと、つくしはいつも通り元気いっぱいに着替えに行った。



結局、牧野様のスイミングでのバイトの日は必ず隠し撮りをするよう命じられ、今日も来ている。

道明寺家の警備主任に命じられ、椿様と司様からの殴る蹴るの暴行は日常茶飯事でした。

思い出すだけで涙が込み上げて参ります。

しかしそれも数年前までの事……。

猛獣……ぉおっと!これは失言。
活発な司様からの暴力は退職するまで続くのだろうと観念しておりました。
腹をくくっていたと言った方がいいでしょうか。

しかし、そんな我らに天使が舞い降りました。

その方の名前は牧野つくし様。

あの司様を手懐けられた奇跡のようなお方です。

牧野様がいらっしゃる限り道明寺は安泰だ。

一生お守りしていこうと心に誓いました。

まさか、そのお方を盗撮する事になるとは……。

これは犯罪行為ですよ。いくら好きだからとは言え、バレたら嫌われかねませんよ?

しかし命令は絶対だ。

斎藤は今日も、バッグにカメラを仕込んで現れた。

その瞬間、あちらこちらでひそひそと斎藤を見る保護者やスタッフ達。

明らかに見られている。

それも好意的なもので決してない。

斎藤の第六感が危険と伝えている。

退散しようと踵をかえそうとした所を、誰かに呼び止められた。

「保護者の方ですか?」

呼び止めてきたのはスタッフの1人で、怪しまれていれのは確実だった。

俺は怪しい人間ではない。
真面目に職務に従事しているだけだ。
だがそれを言ったら確実に通報されて逮捕されてしまう。
迷う、迷うが、今だけ切り抜けられればいい。

「はい。」

尚も怪しい表情は変わらない。

「失礼ですが、誰の親御さんですか?」

え……!

絶体絶命!!


「お父さん!」

その瞬間、そこにいた全員が彼女に視線を走らせた。
プールにいるはずの牧野様が、息を切らして現れたのだ。

「私の父です。」

「「え!?」」

斎藤とスタッフは驚いた。どうみても似ていない。

「父は過保護でして、私のバイト先に度々現れて困っているんです。
もう来ないようきつく言いますので、許して下さい。」

そう言って牧野様はスタッフ達と保護者達に向かって頭を下げられた。

「え?牧野さんのお父さん?」

「娘のバイト見に来るなんてねぇ。」

「あなたも大変な親を持ったものね。」

「娘に迷惑かけるんじゃないわよ!」

と、牧野様は同情されて私は叱られ無事に帰らされた。

やばい……泣きそうだ……やはり天使だ。

私の為に嘘が嫌いなのにつかれ、庇い頭を下げてくださっている。



坊っちゃん、本当に素敵な方を見つけられましたね。

盗撮なんて止めて下さい。





*****

まさかの斎藤さん目線のお話です。
誰か!?オリキャラじゃありませんよ!!
道明寺家の警備を守る一人として、使用人の中でタマさん意外に名前が出ている数少ない人です。
もしかしたら漢字間違えているかもしれません。間違えてても見逃して下さいね!


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

このお話は、司がニューヨークへ行く事なく、順調に交際を続け、お互い英徳大学2年生と1年生の設定です。


*******

司は大学生活を送りながらも、実家の道明寺材財閥の仕事も覚えるため、二足の草鞋を履くという高校時代の彼からは想像もつかない多忙な日々を過ごしていた。

つくしも又、講義をめいいっぱい入れている上合間にはバイトを入れて、司に負けず劣らずの多忙ぶりだ。

司としては、お互いに休みを合わせて例え短い時間だとしても逢瀬を重ねたかった。

しかし鈍感女のつくしには、そんな司の恋する乙女(?)心が通じる事はなく、新たなバイトを始めてしまった。


「おまえって奴は、俺に断りもなく…」

司はイライラして拳に力が入るのを止められない。

「道明寺に断る必要なんてないでしょ?」

「ある!おまえ人前で裸晒すなんざ破廉恥だろ!?」

「はぁ!?あんた何言ってんの?裸じゃなくて水着着てるわよ!!」

「そんなもん変わんねえよ!
布切れ一枚だろ!
大体体にぴったりはりついて、ライン丸わかりじゃねぇか。
こーやったら(目を細めたら)透けて見えっかもしんねぇぞ。
あークソー!おまえの裸は俺様だけのもんだってのによー!
そんなバイト辞めちまえッ!!」

「何バカな事言ってんの?そんなんあるわけないし、出来るわけないでしょ?」

こうして俺と牧野の話し合いは平行線のまま、お互い譲らず物別れに終わった。


翌日、オフィスで仕事をしているも全然集中出来るわけがねぇ。
なんせ今例のバイトの真っただ中だ…

クソー!クソー!クソー!

「西田、今日はこれで帰る。」

仕事なんてやってられっかよ。

「それは無理なお話です。
今日中に決済頂かないとならない書類はまだこんなに残っております。」

そう言って指示された先には、まだ山のように書類が残っていた…
一体いつおわんだよ。

「そんなんやってられっかよ。
こっちはつくしの貞操がかかってんだよ。」

「それは随分物騒なお話ですね。
一体何があるというのですか?」

「んあ?今スイミングでバイト中なんだよ。」


…。スイミング?
西田は溜息を禁じ得なかった。
バカらしい。
そんなバイトで貞操が脅かされるわけがないであろう。
それでもそのようなバイトをしたら、坊ちゃんがやきもちをやかれる事など容易に推測出来るだろうに、牧野様も随分浅はかな…

このままでは仕事にならない。


「では、どのような御様子か見に行かせましょう。
司様は一刻も早く終わらせて大手を振ってお会いできるよう仕事に集中して下さい。」

その時、突如10名のSPが俺の執務室に乱入してきた。
俺の逃亡を防ぐためだろう。
それにしても、こいつら盗聴でもしてんのかよ?

仕方なく俺は、斎藤に牧野の様子を撮影に行かせた。

30分後、バイト先に到着した斎藤は撮影禁止の中こっそり仕込んだカメラから盗撮した牧野の姿をLIVE中継で送ってきた。

俺はそれを見る為に休憩と銘打って、PC画面に釘づけになった。

それにしても、盗撮映像ってなんだかドキドキすんなぁ…

画面な中から愛しいつくしの姿を探す。

それはすぐに見つかった。

スリムな体系に、競泳水着がよく似合っている。

水をもはじく笑顔で元気よく指導している姿は…

「あいつ…女神かよ」

だらしなく、かついやらしく、自らの恋人の水着姿に鼻の下を伸ばされて盗撮映像に見入る御曹司の姿を、西田は呆れて見ていた。

この様なお姿…総帥にも楓様にも見せられない。


と、司の表情がみるみる険しく変わっていく。

「人の女に抱きつきやがってぇ…」

西田はPC画面に視線を移すと、確かに抱きつかれている牧野様。
しかし、相手は…

「クソッ、何抱いてんだよ!」

「そんなに男に触れられやがってぇー」

「あいつを抱いていいのも、触れていいのも俺だけなんだー!!」

と叫びながらPCをガンガンとゆする司様。

「そんなにされては壊れま…」

その一言は、司様の叫び声で掻き消された。

「ぶっ壊れちまったぁー」


数分後

「西田、俺もスイミング始める!」


全く牧野様は、とんでもないアルバイトを始められたものだ…


「ですが、子供用クラスでございますよ。」




*******

その後も牧野様がアルバイトを続けられたのか?
それは…フフフフフッ…



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Marry Me? 〜43〜

「フフッ…もうのめにゃぁ〜い」

スースースー…

「寝ちゃったね。」

「酒、弱いのにこんなに呑んで…」



太郎は酔い潰れ、寝入ったつくしの寝顔を眺めながら考えていた。

そんな太郎を見つめるもう一人…


どうするの?


二人はそれぞれに眠れぬ夜を明かした


*****

ピンポーン!

インターフォンが鳴り、ディスプレイに写る人物に優紀は驚いた。

その人物を招き入れるまでの数分、突然の来訪の意味について思案した。

まさかこの人が自分を訪ねてくるなど思っていなかった。

これまでもつくしを交えて会ったのは3回だけ。そんなに親しい間柄でもないというのに、一人で会いに来るのはつくしに言えない何かがあるはず…。

居留守をつかうわけにもいかず、そして、優紀もこの相手と腹を割って話してみたいという想いもあったので、招き入れることにした。

「いらっしゃい。田中さん。」



*****

「今日ね、つくしの婚約者の田中さんがうちに来たの。」

子供たちを寝かしつけ、優紀は夫の正樹に今日田中が訪ねて来た理由と話した内容について事細かく報告し相談した。

日曜日のつくしの来訪から、つくしの結婚相手の秘密も知ってしまった正樹は優紀の唯一の相談相手だ。

「そっかぁ。田中さんも知ってしまったのか。」

「うん。あの後様子がおかしかったみたい。でね、酔ってしゃべっちゃったみたいなの…。」

「どうするんだろうな…」

「随分悩んでたよ…。」


つくしも田中さんも、なんて不器用なんだろう…

道明寺さんはどう思ってるのかな…





*****

司はいつ目覚めてもおかしくない状態だというのに

いたずらに時は流れ、とうとう明日つくしが結婚する。


5人はつくしの結婚式に出席するため、東京に集まった。

「目覚めねぇな、司。」


異国の地で眠り続ける親友に歯がゆさを覚えながら、5人はお酒を酌み交わした。

「明日、マジでぶち壊す気か?」

土壇場になって、5人の中で一番の常識人であるあきらは気が引けていた。

「まぁな。家族でもない俺らにぶち壊す権利はねぇもんな…」

「何弱気になってんのよ!」

あきらの発言に同調するような総二郎に、滋は声を荒げた。

「でも、先輩が選ばれた道ですから、わたくしたちが良かれと思っても、本当に破談にさせていいのでしょうか?」

「桜子まで?みんなどうしちゃったの?
ねぇ?類君は?類君は反対だよね!?」

「俺は…牧野が幸せならいい。
連れ去ってって言われたら、俺はそうするよ?
でも、あいつはさ、誰かに与えられるんじゃなくて、自分でつかみ取らないと幸せとは思わないんじゃないかな?」

「で?結局どうすんだよ?」


「ん…牧野のしたいようにすればいいんじゃん?」




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Marry Me? 〜42〜

西田は司が倒れた事が表沙汰になっては株価に影響するため、それをカバーするため必死に奔走していた。

当然楓に黙っているわけにはいかず、現在は楓の指示で動いている。

楓は西田からの報告を受けて、遂にこの時が訪れたのかと思った。

長かった。

はじめは数日で思い出すだろうと思っていた。


それが数か月…数年と過ぎ去り、気付けば17年も経っていた。

司が結婚を決めた時は、記憶が蘇ってしまったら?と危惧しながらも結婚を認めたのだ。

司は思い出したらきっと、牧野つくしに会いに行く。そして又好きになるだろうと分かっていたから。

でもその危惧はあっという間に消えた。
なぜなら、どう見てもその結婚相手を愛しているようには見えなかった。
そして報告される二人の生活は完全に破たんしていて、いつ別れてもおかしくないだろうと思っていたから。


予想よりは長い結婚生活だったが、案の定二人は離婚した。
しなくてもいい結婚をして、幸せになれない息子をフビンに思っていた。


まだ記憶は戻っていないようだが、それでも再び牧野つくしに恋をした息子。

同じ女に二度までも…。

呆れるほどバカな息子。

でも、今度はあの子の恋を見守ります。

フフッ…あの子というには随分歳をとって世間的にはおじさんのカテゴリーに属する年頃なのかしらね。

そう…わたくしも随分歳をとってしまったわ。

そろそろ孫の顔もみたいわね。


楓はタイムズスクエアの渋滞にはまりながら、報告書を片手に息子の幸せを願っていた。



*******

その頃日本では、司が倒れた事を知らないつくしは週が明けて、いつも通りの生活を送っていた。

目覚ましが鳴る6時に目覚め、朝食とお弁当の支度をして、満員電車に揺られながら出勤して、仕事をこなし、帰宅する。

ただ一つ、いつもと違うのは今日は婚約者の田中太郎さんのマンションへ行って夕ご飯を一緒に食べる約束になっていた。

『今仕事が終わりました。スーパーに寄ってから行きます。』

とLINEを送ると、1分もしない間に返信が来た。

『もう準備出来てますので、手ぶらでいらして下さい。』

もう…。私には何もさせてくれないんだからッ。

さすがに手ぶらで行くには気が引けて、ビールとつまみにチーズを買って太郎のマンションへ向かった。

ピンポーン!

オートロックのインターフォン越しに聞こえる返事

「「いらっしゃい!」」





☆☆☆☆☆

満を持して少しですが婚約者の田中太郎が登場(?)しました。
誰も待ってなかったりして(笑)
最終話か、その直前に出せばいいかと思ってましたが折角なのでみなさんの妄想の種の一つになればうれしいです。








この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

Marry Me? 〜41〜

バタバタバタバタ…


ガラッ

「司!」

それはドアが開くか、声が聞こえるか、どちらが先だったのか、慌しくあきらと総二郎が現れ、次いで滋、最後に桜子が息を荒げて現れた。


ハァーハァーハァーハァー


「い…一体何があったんです?」


そう聞かれたのは、ずっと付き添っていた西田。
廊下が騒がしくなり、到着したのだろうと起立して待ち構えていたのだ。

深く一礼すると、まずは椅子に座るよう促した。


そして、急いで駆けつけてくれた4人の為にお茶を差し出すと、自らも椅子に腰をかけて知りうる限りの事を話し始めた。


「司様が倒れられたのは、命に別状はございません。
検査をしてもどこも異常が見当たらず、おそらく記憶喪失が原因ではないかと…」

昨日司が女性と一緒に過ごした事。
司はその女性が忘れてしまった女性だという事は気づいていなかった事。
そして、その女性に再び恋をした事。
司が眠っている間に帰られてしまった事。


「司様はまだ日本に居たかったようですが、昨日の分も仕事が詰まっておりましたので飛行機に御搭乗頂きました。

機内で忘れてしまった女性の資料をご覧になりたいとおっしゃられたのでお見せしたところ…」



******

「なぁ?おまえは俺が忘れちまった女の事知ってんだよな?」

「もちろんでございます。」

「そうか…。見せろよ。持ってんだろ?」

時が来た。

昨日はご覧になろうとしなかったというのに…

それでもいつか、間違いなくご覧になるだろうと準備をしていた。
それは17年前からずっと。
そして新たに昨日知りえた情報も付け加えた。

司は受け取った資料の1ページ目を見て驚愕した。

なぜならそこには昨日から数時間前まで共に過ごした女の写真が写っていたから。

「まき…の…つ…くし」

司は驚きながらもその資料を一言一句読み逃さないよう読み漁った。

牧野つくしが俺が忘れてしまった女だったらいいのにと願ったが、まさかそうだったとは…

あいつは話してた男ってのは俺の事だったのか?
あいつは俺を忘れるために港に居たってのか?
そりゃ、こんなに経っちまったけどな、なんでなんだよ?
再びこうして逢えたんだからやり直せねえのかよ?
と思いながらページを捲り読み続けた。

そして、最後の新たに付け加えられたページに、忘れなければならない理由が書かれていた。

「あいつ…結婚すんのか?」

資料を持つ手に力が入る。
こんなの許せねえよ…。
よりにもよって、なんでこんな男と…。

頭がズキズキと痛む。


行き場のない怒りがこみ上げてくる。
誰が悪いわけでもない。
全ては俺が忘れた事が発端だ。


「うわあー!!」


司の17年分の想いが絶叫としてプライベートジェットの中に響き渡った。

その直後、

ドタンッ!

という大きな音がした。ジェット内の執務室の外で待機していた西田は妙な胸騒ぎを覚えた。ノックをするも返事がない。
この胸騒ぎが杞憂に終われば、そう思いながら慌てて入室してみると、そこには倒れた司がいたのだ。


「司様!」

その様子に慌てて2名のSPも駆けつけてきた。
呼吸はあるが完全に意識を失っていた。




*******

4人は西田から話を聞いて悩んでいた。

どうしたらいいのか、誰にもわからなかった。
答えを見いだせないまま、目を覚まさない司の寝顔を眺め、どれくらいの時間が過ぎただろう。

誰かが静まり返った病室のドアをノックした。

現れたのは類だった。
あきらから連絡を受けて、類も急遽やってきたのだ。
そして、昨日司から連絡があった事、話した内容をみんなと情報共有して類も今後について考えた。

そして、漸く口火を切ったのは類だった。


「俺は何もしないで見守るよ」

全員が類に視線を向けた。

「見守るって。もしこのまま司が目覚めなかったら、牧野結婚しちまうんだぞ?」

「せっかく司が又恋したっていうのに!」

みんなが納得できない様子で類を見つめる中、類は何か確信したように落ち着き払っていた。

「結局さ、俺らが会わせようとしても会えなかったってのに、司と牧野はどういう経緯かはわかんないけど逢えたんだろ?

やっぱりさ、俺らが思ってた以上にこの二人の結びつきは強いんだよ。」



そんな類の言葉は、根拠も何もないのにすんなりとみんなに響いた。

「そうですね。
わたくしも見守ろうと思います。」

「うん。私も見守るよ。」

「あぁ。司ならやってくれっだろうしな。」

「最悪目覚めなかったら、俺らが結婚式ぶち壊してやればいいしな。」

「その時は俺が教会から花嫁姿の牧野を連れ去るよ♪」


涼しい顔して、どこまで冗談でどこまで本気なんだか解らない類の発言に、みんなひくちきながらも司が目覚めるのを待つことにした。

早く目覚めて。ねぇ司…。



*******

西田は司に見せた資料をみんなに見せようと思っていたが、ドアの前で話を立ち聞きしてしまった。

そうですか…。皆様が見守られるおつもりでしたらわたくしもそうしましょう。
そう思いなおして資料を出すことはなかった。

それにしても、牧野様は幸せになるおつもりがないのですね…まさかあのような方と結婚をお決めになられるとは…




☆☆☆☆☆☆☆

遂に司がつくしの結婚と結婚相手の秘密を知りました。
司の衝撃が皆さんに伝わったらいいのですが。




この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事