全体表示

[ リスト ]

\?\᡼\? 2
社労士試験 不合格取消請求訴訟


 このような訴訟(裁量権の逸脱・濫用、手続き瑕疵)が、全国複数エリアで同時に行われたのは、国家試験史上前代未聞の出来事です。(労災・国年不合格取消)
また、このような裁判で原告側から多くの証拠(開示資料等)が提出されたのも稀有なことかもしれません。
 原告の皆さんは、弁護士に一切頼ることなく、自ら、法令・判例を調べ、力を合わせて、「本人訴訟」でこの戦いに挑まれています。

すでに、1件は審議(A地裁Tetさん)が終わり判決が出ました。(中東の笛)
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/43001207.html

下記の2件は10月結審となり判決の言い渡し待ちとなっています。
なお、大阪地裁・B地裁の最終準備書面は、AIJさん・L_RさんによるA地裁判決への反論として見ていただければと思います。
また、現在進行中のC地裁の裁判も残っており、12月に結審の予定です。


【結審】
社労士試験訴訟 B地裁結審 (10月27日)

判決の言い渡しは、平成29年1月17日となります。

B地裁 (L_Rさん)
原告第3準備書面(最終準備書面)

No.1 http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/43033828.html
No.2 http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/43033833.html


第1章  被告準備書面(1)に対する認否―――――――――――――――5
第2章 被告準備書面(1)について―――――――――――――――――8
第3章 どの時点において、平成27年度の合格基準点の策定が行われたのか―――8

第4章 「第47回(平成27年度)社会保険労務士試験の合格基準について」は、どの時点において誰が作成しているのか―――――――――――――12

第5章 合格基準の決定内容を、どの時点において連合会で照合したのか

第6章 第2章から第5章までの小括――――――――――――――――17
第7章 考慮不尽がないことの証明を求めること―――――――――――18
第8章 合格率について――――――――――――――――――――――20
第9章 被告準備書面(1)第7に対する反論・・・・・・・・・・・・22
第10章 平成26年度以前における試験水準の維持の判断――――――25
第11章 乙第9号証について―――――――――――――――――――27
第12章 違法性について―――――――――――――――――――――27
第13章 結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・33



【結審】 (再掲)
社労士試験訴訟 大阪地裁結審(10月19日)

大阪地裁(AIJさん)の審理が結審となりました。
平成28年3月17日に第1回目の口頭弁論が行われ、本日、平成28年10月18日の口頭弁論で結審となりました。

判決の言い渡しは、 4か月後(異例)平成29年2月16日となります。

民事訴訟法 第251条

1.判決の言渡しは、口頭弁論の終結の日から二月以内にしなければならない。ただし、事件が複雑であるときその他特別の事情があるときは、この限りでない

厚労省は早期の却下及び棄却を主張していましたが、意に反して、大阪での口頭弁論は7カ月間行われ、判決の言い渡しは結審から異例の4カ月後となりました。
この判決言い渡し期日については、恐らく、厚労省担当官もかなり驚いたと思われます。

なお、厚労省は被告第3準備書面(10月7日)で、「A地方裁判所の判決書」を本文への記載なしに、唐突に、立正趣旨(同種訴訟の判決において、本件原告の主張と同旨の主著が排斥されていること)として全文を証拠提出してきていました。
これは厚労省からの大阪裁判官への「メッセージ」だったんでしょうか、ゴッドファザーの「馬の首」のような?・・・・しかし・・・・・。


大阪地裁
 (AIJさん)
原告第3準備書面(最終準備書面)

AIJさんのブログに、最終準備書面の原文が掲載されましたので、目次と各章へのリンクを掲載します。(第1章はじめにと第7章結論は全文掲載
全文は33頁にもなりますが、この試験に関係する方々(受験生・予備校・社労士)は是非ともAIJさんの主張に目を通していただければ幸いです。

この大阪第3準備書面は、「A裁判所判決」への反論としての視点からも見ていただければと思います。

なお、厚労省主張の疑義の内、「裁量権の逸脱・濫用」関連については前記事でまとめていますので参照してください。
【特別稿】 社労士試験裁判における厚労省の「大きな嘘」とは
 http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/43010744.html

目次

● NO.1 http://blogs.yahoo.co.jp/aij2539/41441417.html
第1章 はじめに
本準備書面では,被告主張の疑義に焦点をあて,その矛盾点を明らかにしたうえで,原告主張を補充し,被告の合否判定に裁量権の逸脱・濫用及び手続き上の瑕疵があったことを明らかにする。
以下順次述べる。

第2章 法律上の争訟にあたること

(1)法律上の争訟性について

● NO.2 
http://blogs.yahoo.co.jp/aij2539/41441421.html

第3章 合格基準決定過程における「手続き瑕疵」について

1,持ち回り決議(起案用紙)の主張がなされた経緯
2,起案用紙の疑義
(1)平成24年12月28日の行政文書リストに「起案用紙」は存在しなかった
(2)平成27年3月6日時点でもこの「起案用紙」は存在しなかった
(3)起案用紙に添付された資料の相違
(4)起案用紙の記載不備
(5)過年度「起案用紙,原案・修正案」の提出拒否
3,持ち回り決議の疑義
(1)起案用紙の作成時期の相違
(2)事前協議のあり方と開催時期の相違
4,連合会及び第3者の関与について
5,小括

第4章  合格基準決定過程における「準則」について

1,合否判定における「準則」の構成要素
(1)被告の準備書面でも「本件準則2(追加補正原則)」を認めている
(2)平成23年度の「合格基準の考え方について」にも,それらの考え方を
「原則」と明確に記載している
(3)事務局も「一体をなすもの」と説明していた
(4)本件準則(1・2)に関する被告主張への反論
(5)被告は,補正についての原告主張を歪曲している
(6)本件準則(1と2)は,全面開示されている
2,本件準則1(補正原則)と本件準則2(追加補正原則)について
(1)本件準則1(補正原則)の適用基準について
(2)本件準則2(追加補正原則)の適用基準について
3,小括

第5章 合格基準決定過程における「裁量権の逸脱・濫用」について
1,合否判定会議による合否判定過程(手順)とは
2,過年度の合否判定過程(手順)の検証
(1)平成20年・平成22年度・平成23年度・平成25年度は修正案で決定たされた 
(2)平成21年度,平成24年度,平成26年度は原案で決定された
3,平成27年度の労災(及び国年)が,本件準則2(追加補正原則)に該当するかのどうかの検証
(1)合格率要件の検証
(2)得点分布要件の検証
(3)平均点要件の検証
(4)難化傾向要件の検証
● NO.5 
http://blogs.yahoo.co.jp/aij2539/41441450.html
(5)不合格者数割合要件の検証
(6)他年度との比較(同水準,同分布割合)要件の検証
4,小括

第6章 その余の原告主張
1,乙各号証について
2,合否判定決定機関である委員会の方法と証拠
3,「公文書管理法第4条」・「厚生労働省行政文書管理規則第9条」違反
4,受験要項による事前告知なく「難易度の考え方」を変更した
5,違憲の視点から 
(1)「憲法第14条の法の下の平等」の視点
(2)「憲法第22条第1項」の視点

第7章 結論(裁量権の逸脱・濫用及び手続き瑕疵)

平成27年度の労働者災害補償保険法(2点以下:62.9%・平均点:2.2点)の基準点3点は,合否判定委員会における本件準則(1と2)の考え方から大きく逸脱している。
前述したように,労災は本件準則2の要件である「合格率・得点分布・平均点・難化傾向・不合格者の割合・他年度との比較」のすべてにおいて該当するにもかかわらず,追加補正が行われておらず,その調整見送りを決定した適正かつ合理的な理由をみいだせないことから考慮不尽があったことは明らかである。
合否の決定に関しては,前述したように合否判定過程での第3者関与が決定的であり,何らかの他事考慮の存在が示唆される。また,被告自身が,訴訟に至る以前から被告第2準備書面まで「試験の水準を一定に保つため」を一貫して主張しているが,「試験の水準を一定に保つため」の合否判定手続きの措置が適切になされていないことは,公文書(開示資料),7人の合否判定委員による持ち回り決議(事前協議・起案用紙)の疑義から極めて明確である。
被告の準備書面,意見書,証拠方法から,事前告知なく,7人の合否判定委員が平成26年度までの合格基準の「難易度の考え方」を理由もなく変更した蓋然性が高く,合否判定手続き上の重大かつ明白な瑕疵である。
公権力をもつ行政庁(国)といえども,難易度の審査基準を変更したのであれば,事前に公表する,変更せざるを得ない行政上の合理的な理由があれば,事後の説明責任を果たすことは,必ず守らなければならない受験者(国民)との法律論を論じる前(条理上)の重要な約束事である。
信義則の視点から,例年と変わることの無い受験案内(乙第4号証)を行い,受験申込時,9,000円の受験費用を徴収し,受験させている以上,受験者は例年と変わることの無い「適法かつ適正な合否判定手続き」を受ける権利がある。 
行政庁(国)は,「委員会要領」に規定されているとおり「合否判定手続き」を実施したか,「適正な合格基準」であるか検証する責任があり,平成27年度の7人の合否判定委員は過年度との整合性のある「試験水準を一定に保つという観点から,当該年度の総得点,各科目の平均点及び得点分布等の結果を総合的に勘案して適正な合格基準」を決定する責任があった。
これらを総合的に鑑みれば,平成27年度の合格基準には,裁量権の逸脱・濫用及び手続き瑕疵が認められるのであるから,本件は,7人の合否判定委員による比例原則,及び平等原則に違反した合否判定手続きによって,原告の法的地位が侵害されたことを主張するものである。
原告は,社会保険労務士法第3条第1号(社会保険労務士試験に合格した者)に規定される法的地位を違法に侵害された。 
したがって,被告は,原告を不合格とする処分を取り消し,選択式科目の労働者災害補償保険法の合格基準点を3点から2点に適用すべきである。



 
【訴訟関連記事】
*AIJさんのブログ(訴訟)
 http://blogs.yahoo.co.jp/aij2539
*Tetさんのブログ(訴訟)
 http://blogs.yahoo.co.jp/tet27110
*L_R さんの(訴訟)
 http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42987390.html

なお、「国年」の取消請求訴訟も別の方で進行中です。


号外1(裁判の概況) 2016年9月13日更新
 http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42900434.html
号外2(裁判の概況) 2016年9月16日
 http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42977105.html

*号外3(裁判の概況)判決 2016年10月5日
 http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/43001207.html
*号外4(裁判の概況)判決 2016年10月18日

【過去記事抜粋】
●社労士試験の「合格基準の考え方」(最終章)   2015/06/04
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42198394.html

●平成27年社労士試験 合格率「2.6%」の真実とは(1) 2015/11/29
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42533714.html

●平成27年社労士試験 合格率「2.6%」の真実とは(2) 2015/12/14
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42558465.html

●平成27年社労士試験 合格率「2.6%」の真実 (最終稿) 2015/12/22
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42569888.html

●平成27年社労士試験 合格率「2.6%」の真実 (特別稿) 2015/12/28
社労士試験 合否判定委員会の疑惑
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42578627.html

●社労士試験の疑惑について、総務省からの回答が届きました。2016/01/28
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42628911.html

なお、同文に対する厚労省からの回答は一切ありません。

 ****
【情報公開審査会(答申)関連】
●合格基準の考え方(黒塗り部分)不開示への理由説明書  2013/11/29
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/41071108.html

「社会保険労務士試験の合格基準の考え方について」が、すべて開示すべきと判断されました。(情報公開審査会答申)   2015/03/07
http://blogs.yahoo.co.jp/tktk0009/42034943.html

別館:情報公開審査会(諮問通知・答申書・決定書・意見書)
http://ameblo.jp/k0009/entry-12039211601.html

***

【 厚労省開示資料の原票
原票は、次のブログで公開しています。
●社労士試験の合格基準(厚労省開示資料)書庫
http://ameblo.jp/k0009/

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

第19回ケアマネ試験でも不適切問題6について、試験センターが誤魔化し続けています。
助けてもらえませんか?宜しくお願いします。

掲示板貼り付けさせてきます。
不都合があれば、削除お願いします。

ttp://6257.teacup.com/ykz/bbs

宜しくお願いします。

2017/1/14(土) 午後 7:01 [ tobetobe ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事