全体表示

[ リスト ]

木島 杏奈のエロ小説


私が、エッチのいじめられるのは、ここからでした。


プールの時間にいつも、男子はま●こを見てました。

プールの時間も終えて着替えにいこうとしたら、パンツもスカートも服もどこかへ取られていた。

男子「やぁい探し物はこれかい!」
杏奈「返して」
男子「返してほしかったらここまでおいでーー」
杏奈「返して」

ポイ

男子「あらら、ごめーん手がすべつた」
杏奈「えーーん」
ざい「おい、いじめるのはやめろ」
ざい「ほら」
杏奈「ありがとう」
ざく「泣いちゃだめだよ!」
杏奈「ざく君のちんこがもっこりしてる。」
杏奈「お礼に5つのお願い聞いてあげる」
ざく「1つ目は、エッチしたい。」
ざく「2つ目は、杏奈に服をきさせてみたい。」
ざく「3つ目は、杏奈とお風呂に入りたい。」
杏奈「4つ目は?」
ざく「いいや!」
杏奈「なら行こう」
ざく「どこへ?」
杏奈「私のいえ」

 続く・・・

2話はついに杏奈とざくがセックスする。

この記事に

開く コメント(3) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事