全体表示

[ リスト ]

随分とお久ぶりの「突撃」です。
 
「突撃」ファンの皆様お待たせしました!! (…って、いるのかな、そんな奇特な御仁が)
 
振り返ると、もう1年以上も「心霊スポット」を訪れていなかったんですね〜。出不精極まれりです。
 
まあ、年に何度も「心霊スポット」に行くのもどうかとは思いますが…。
 


 
そんな訳で、東京は新宿区、戸山公園内にそびえる、「山手線内最高峰」との人を馬鹿にしてるのか
 
誇っているのかよく判らん称号を持つ山、「箱根山」に行って来ました。
 
 
何故、この場所を選んだのか。
 
実は今日、会社の健康診断で新宿駅前にあるクリニックに行ったのですが、思いの外早く終わったので、
 
せっかくの定休日にせっかく新宿くんだりまで来たんだからと、機会があれば寄ってみたかった場所に
 
ちょっと足を伸ばしてみた次第です。
 


 
それなりに有名な場所なので、同好の方はご存知かとは思いますが、ここはどんなのが「出る」のか?
 
聞く所では、大体こんな感じです。
 
「夜な夜な、泣き叫ぶ声や呻き声がする」
 
「数を数える声がする」
 
「人魂が出る」
 
「公園内のトイレで自殺した男性の霊が出る」
 
「某霊能者が、都内でも有数の心霊スポットである事を認定。TVの取材でもカメラが次々と壊れた」
 
などなど。よくあるハナシ−と言ってしまえばそれまでですが。
 
そんなウワサがたつのも、ある意味ごもっともで、この土地にはそれなりの曰く因縁が存在するようです。
 
そんな事を語らいながら、向かいましょう。箱根山に。
 

 
昼前。新宿から、丸いみどりの山手線♪(このCMソングを憶えてる人が何人いるのか…)で一駅の新大久保駅
 
に降り立った取材班。(相も変わらず一人ぼっち
 
イメージ 1
 
空は今にも泣き出しそうです。それなのに傘を持っていない取材班の計画性の無さ。
 
降り出す前に、とっとと片付けてしまいましょう。
 

 
駅からテクテク歩く事10分位。戸山公園箱根山地区入り口に到着。
 
イメージ 10
戸山公園一帯はかつて尾張徳川家の下屋敷(言うなれば、
 
江戸近郊に建てた別荘兼補給拠点みたいなもの。当然、
 
お金のある藩しか持てなかった。)だったそうで、元禄
 
年間には江戸でも指折りの日本庭園が造営されました。
 
その庭園の中に箱根の山を模して造られたのが今回突撃
 
する箱根山なのですが、当時のこのあたりは「外山ヶ原」
 
と呼ばれた僻地でもあり、老女に化けてお江戸に名を馳せた
 
「外山原の婆々狐」なんてのも出没していたとされます。
 
 それなりに色々な由緒のある場所なんですね。
 
 
 
イメージ 3
 
さて、戸山ハイツと言うおもむろに昭和チック
 
な高層団地群に囲まれた公園内を歩きます。
 
結構人通りがあります。
 
団地に住む方々でしょうか、お年を召した方
 
が大多数です。
 
相当、高齢化が進んでるようです。
 
団地の1階には商店が並んでおりますが、
 
その殆どはシャッターが閉じたまま…。
 
イメージ 5
そうこうしていると、手入れが行き届いてなさげ
 
感に満ち溢れ、広いばかりでしみったれた
 
公園の奥から…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小さな子供たちの歓声と若々しい奥様方の麗しきお声が響いてきました。
 
 
イメージ 4そこには、教会の幼稚園がありました。
 
大勢のご父母がいらっしゃっており、丁度お迎えの時間
 
に出くわしたようです。
 
何となく、くすんでいた戸山公園ですが、そこだけ華やぎ
 
光がさしているみたい。ハレルヤ!!(曇ってるけど)
 
なんだか、ホッとする取材班です。
 
 
(←)公園内の教会。
 
 
 
 
 
 
で、教会の横手に出ると、ありました、箱根山!!
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
標高44.6m!! 山手線内で最も標高の高い山(地点)です!!
 
ちなみに、自然の地形で23区内最高峰は港区の愛宕山(25.7m)との事。
 
では、早速登ってみましょう。
 
イメージ 6(←)箱根山登山口。
 
急峻な階段が取材班を待ち受ける。
 
果たして、体力不足には自信があると豪語
 
する取材班は山手線内最高峰を極める事が
 
出来るのか!?
 
 
 
 
 
 
イメージ 7出来ました。
 
およそ30秒で登頂!!
 
頂上には若きカップルさんがランチタイムと
 
洒落こんでいらっしゃいます。
 
このお二人の絶妙な距離感!!
 
友達以上、恋人未満???
 
いいなぁ、若いって…。ああ羨やましい。
 
 
イメージ 8
ゴホン。話がそれました。
 
箱根山頂上には、ちゃんと三角点もありま
 
した。
 
俺は今、山手線内最高地点にいる!!
 
と、無理やり感動してみたりして。
 
 
 
 
 
 
イメージ 9(←)頂上からの眺望。
 
周囲の木々より標高が低いので、
 
当然、木しか見えません。
 
でも、天気がよければ、気持ちのいい所
 
なんだろうなぁ〜。
 
それならビールでも買ってきて、のんびり
 
一杯やるのになぁ〜。
 
 

 
おっと、いつもの如く、ピクニック気分に浸ってしまいました。いかんいかん。オカルトブログなんだ、ウチは。
 
忘れてた。 曰く因縁の話に戻りましょう。
 
 
尾張藩の下屋敷も、度重なる火事や風水害で荒廃し、さしもの御三家筆頭も幕末に差し掛かっての財政難
 
で荒れるがままの放置プレイ。そのまま明治になって新政府に土地の所有権が移ったそうです。
 
明治6(1873)年、明治政府はこの地に陸軍戸山学校を開設。剣術や軍楽の訓練を行うようになりました。
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
実は、先ほどの教会にも戦争の記憶が残されております。
 
ご覧下さい、この堅牢な石組みの土台を。
 
これは、旧軍時代の士官集会所跡です。
 
つまり、この教会は旧軍施設の上に建てられているのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13(←)箱根山のふもとにある広場。
 
この六角形は、旧軍の野外音楽堂跡だ
 
そうです。
 
なるほど、軍楽を教えていた学校ならでは
 
の遺構ですなぁ。
 
 
 
 
 
 
昭和4(1929)年、当時の麹町区にあった陸軍軍医学校が戸山に移転しました。
 
そして、昭和7(1932)年、陸軍軍医学校防疫部の下に、ある部署が新設されました。
 
防疫研究室、これがその部署の名称ですが、そこを統括した軍医の名は、
 
石井四郎。あの、731部隊の。
 
(同時期に満州にも研究所が建設され、後の関東軍防衛給水部本部・通称731部隊に発展していきます。
 
同様の部隊は占領地各所に設置されましたが、その総本山がここにあったのです。)
 
このあたりから「土地の曰く因縁」が濃厚になってきます。
 
 
敗戦後、旧軍施設はもちろん全廃。跡地は公園や住宅として整備され、現在に至るのですが…。
 
イメージ 14平成元(1989)年、公園の隣接地で建設工事を行う中、大量の
 
人骨が出土すると言う異常事態が発生。
 
その数は、頭蓋骨だけで62柱、おそらく総数は100以上。
 
死後数十年以上100年未満のもので、モンゴロイド系の複数の
 
人種が混在。しかもドリルやノコギリ・切創・刺創・銃創などの
 
人為的な傷の痕跡も認められました。
 
(1992年4月22日発表・佐倉札幌学院大教授の調査による。)
 
 
この事件は、すわ731部隊の人体実験の犠牲者か!?
 
と世間を騒がせました。
 
(←)出土した人骨。
 
 
しかも、その建設工事は、品川区にあった厚生省の予防衛生研究所(予研)他が移転する庁舎を建てる為
 
のもの。予研は、初代所長が731部隊出身であるなど、旧軍の暗部との繋がりを連想させて余りある組織で
 
した。全くもって因果なものです。曰く因縁としては、十分すぎます。
 
戸山に移転した予研は、平成9年にその名を国立感染症研究所と改め、現在に至ります。
 
イメージ 15
 
イメージ 16(←↑)この敷地内で、大量の人骨が
 
発掘され、今なお更に多くが埋もれて
 
いるとされております。
 
国立感染症研究所内でも、様々な心霊現象
 
が目撃されているとかいないとか。
 
もっともなハナシだなぁ…。
 
 
 
 

 
私が拙く調べた所によると、箱根山が心霊スポット化するのは人骨が出土し、予研が移転して来て以降から
 
のようです。そして、そのウワサはバブル崩壊と共に拡散していく。それは丁度、箱根山を取り囲む団地群の
 
高齢化が進行し、団地内の商店街がシャッター通りになっていく時期と重なっているようです。
 
 
公園内にはホームレスの方々の青いシートハウスが点在し、こんなに曇っているのに露天に布団を敷いて
 
眠るオッサンの姿も見受けられました。また、近所の某有名大学の学生がよくこの公園で騒いでるらしく、
 
それを注意する看板等もありました。夜な夜な聞こえる声・人魂…なんかの正体が判ったような気がします。
 
 
戦争時代の負の記憶が甦り、それを浄化する為に生まれた心霊スポットが、現在の負の流れに乗って拡大流布
 
していく…。
 
そう考えると何ともやりきれない気分になりますが、しかし、一筋の光明は、戦争の記憶の土台に建った
 
幼稚園に響く、子供たちの明るい笑い声ではないかと、そう感じた取材班でした。
 
少なくとも、そこには未来への夢が満ちていましたから。
 

 
と言う所で、そろそろ現地を立ち去ろうとした取材班ですが、そう言えば、ひとつ忘れてた。
 
公園内のトイレで自殺した人の霊がどうのこうのと言うハナシ。
 
あ、もしかして、あれか?
 
イメージ 17
 
箱根山から少し下ると、いかにも、な雰囲気を醸し出す公衆トイレがありました。
 
とりあえず、1枚撮って、と。まあどうせ、単なるガゼだろうけどな…。
 
―たかをくくる取材班。
 
しかし!!次の瞬間、思いもかけぬ事態が取材班を襲いました!!
 
トイレ内の写真を撮ろうとしたら…
 
鶴亀のシャッターがおりないぃぃぃぃッ!!
 
(もちろんバッテリーは全然グリーン。)
 
こ、これはっ!! 久々の鶴亀心霊センサー作動かッ!?
 
と、言う事は、もしかして、ホントにここには、れ、霊が???
 
「TVの取材でもカメラが故障…」って言ってたしなぁ…。
 
―いやいや、そろそろ鶴亀もくたびれてきてるし、霊とかそういうのではなく、科学的に故障してんだよ。
 
と思って、試しに違う場所にレンズを向けると、普通に撮れる。またトイレに向けると、シャッターがおりない…。
 
 
そしてまた次の瞬間、恐怖、恐怖、人間なら誰も耐える事のできない真の恐怖が来襲しました!!
 
ギュルルルルゥッッ・・・
 
な、何だ!? この猛烈な便意はッッッ???
 
いまだかつて経験した事のない、急激かつ括約筋限界的な苦痛に、のた打ち回る取材班!!
  
ト、トイレ、トイレに行かなくてはっ…!! 冷や汗を垂らしながら周囲を見回す取材班。
 
トイレトイレトイレ…駅まではとても持ちこたえられないッ!!
 
近くにコンビニは いやッ、例え100m先にコンビニがあろうが、間に合わないッッ
 
どどどどうしよう、ももももう限界限界小倉生まれの玄海育ちだぁ…
 
絶望の淵に追い込まれた取材班!! マジでクする5秒前、略してMK5!!
 
って、洒落てる場合か!! ―が、しかし!!瀬戸際で取材班はふと気付いた…
 
あるじゃん、目の前に。心霊トイレが。
 
(それまで、目の前のトイレを、実用上のトイレとして認識してなかったんですね。たぶん。
 
会社の金庫の紙幣を数えていてながら、それをお金として実感してないみたいなもんです。)
 
背に腹はかえられず。便意に勝るものなし。何故トイレに入るのか?そこにトイレがあるからだ。
 
取材班は一目散に心霊トイレに駆け込み、寸でのところでセーフ…。九死に一生を得たのでした…。
 
 
しかし、心霊スポットでうこすると言う、前代未聞空前絶後言語道断な行為に及んでしまった取材班は
 
激しく自己嫌悪に陥るのでした…。
 
(ご飯食べてる方、申し訳ありませんでした。)
 

 
その後、冷静になってよく調べると、やっぱり鶴亀のシャッターボタンがいかれかけておりました。
 
また、健康診断でバリウムを飲んだ時、「お昼ごはん食べる前に服用して下さいネ」と、かわいいおねえさん
 
から渡された下剤を、そう言えばさっき飲んだよなあ…と、思い出しました。
 
下剤飲んで心霊スポットに突撃するとは、我ながら何て計画性がないんだろう…。
 
(おわり)
 

 
 (↓)幽霊はどうか知らんが、ヘビは出るらしい…。
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(23)

顔アイコン

びびさん、正確に言うと、私は小倉の近くの若松という町の出身です。いやしかし、あの瞬間は辛かったです…。夜じゃなくて良かった。

2012/10/4(木) 午前 10:31 TO7002 返信する

数ヶ月前に放送された“若大将のゆうゆう散歩”なる番組内で、加山雄三が箱根山に登頂していた様な記憶があるのですが…人骨がザクザク出土したという話は初めて知りました。外地(一部内地)から持ち込んだ研究資料なのでしょうか?それにしても「MK5(マーク5と読んでしまう変態さんは大勢居る事でしょうね)」の件は、危機一髪でしたね。事後処理用の紙は大丈夫だったんですか?公園のトイレ等では近年、ホームレスの方々が持ち去ってしまうのを防ぐ為に、事後処理用紙を置かないのがスタンダードになっている様なので…郷土史等を良く調べれば“曰く有り気なスポット”が意外な程の近所に存在するかも知れないですね(何時の間にやら自宅が“指定心霊物件”にされていたりして)。(=^x^=)。

2012/10/4(木) 午後 3:19 [ そまりん ] 返信する

顔アイコン

そまりんさん、若大将がいらしてたとは知りませんでした。歴史のある土地なので、ブラタモリなら来てそうな場所ですが。
出土した人骨の正体(?)は不明ですが、焼却せず敷地内の納骨堂に保管されているそうです。
ちなみに、紙はポケットティッシュを持ってたので助かりました。私、道で配ってるティッシュは100%受け取る癖があるので、その癖がこんな所で役に立つとはです。
戦争の痕跡なんかは、意外に身近なところに残っていたりするので、地元の図書館で調べてみるのも面白いでしょうね〜。
で、MK5と言えば、私にとってはスピットファイアか特殊任務艇ですね〜。

2012/10/4(木) 午後 4:19 TO7002 返信する

顔アイコン

思わず、本日2回目の書き込みのジョージです。

「真ん中とぉ〜るは中〜央〜線!」ですよね〜

本題、実はこの戸山公園は、吾輩の目が澄んでいたころ、近くに住んでいたので、何も知らずよく遊んでいました。その頃ここにはゴーカートがあり良く乗りにきたものです。多分歩かれた道がゴーカートのコースだったと思います。
その脇には建物があり屋上は、ローラースケート場でした。懐かしいなぁ〜。
当時も今も0感体なので、ぜ〜んぜん気にせず遊んでおりました。

ついでに思い出しました。ここから少々離れていますが、神〇川と中央線の交差するところの公園のトイレで吾輩の目が澄んでいるころ、焼身自殺がありました。このトイレは綺麗になってしまいましたが、もしかしたら... 削除

2012/10/10(水) 午後 7:37 [ ジョージ ] 返信する

顔アイコン

ジョージさん、おお、度々ご縁がありますね〜!!
「新宿西口駅の前〜」

本題、そうですか、ゴーカートにローラースケートとは、当時はちょっとしたアミューズメントパークだったんですね〜。言われてみれば、公園内の道幅はゴーカートに丁度いいくらいだったかも。
いやいや、貴重な情報を有難うございます!!

2012/10/11(木) 午後 6:39 TO7002 返信する

顔アイコン

はじめまして。実はこの地で生まれ育った者ですが…。マスコミとかネットで割と有名みたいですが私は霊的な物は一度も見たことありません。周辺は都営住宅で低所得者が多いので治安が悪かった時期があったのがそういうスポットにさせたのでしょうか?
ちなみに公園の六角形はまだ新しい物で昔はあの場所に石の座席があったのです。記事のトイレもまだ新しい物でその近くに古いトイレがあり浮浪者がよく居たからそういう噂が立ったのではないでしょうか?
ただ自殺者がたまに出たのは本当で、蛇が出るのも本当です。 削除

2012/12/11(火) 午後 7:11 [ たつ ] 返信する

顔アイコン

たつさん、ご来訪&コメ頂き有難うございます。
ご当地の方々には、勝手に「なんとかスポット」扱いして、恐縮至極です。

しかし、六角形や公衆トイレについては、物凄く貴重な情報で、感謝でございます。

私としては、「何故ここが『心霊スポット』などと云われるようになったのか?」を探求するのに軸足を置いているつもりなので、現場を良くご存知の方々の情報は、幾ら頂いても余りはございません。

2012/12/12(水) 午前 0:26 TO7002 返信する

顔アイコン

私もこのトイレの前で腹痛に見舞われました。それまで何ともなかったのですが、あれは一体どんな現象なのでしょうね?トイレ付近はとても湿った感が強くて陰気。きっとこの辺りに何かあったのだろうな??という実感がありました。

2013/2/12(火) 午後 6:58 [ mm ] 返信する

顔アイコン

mmさんもそうでしたか!!
やはり、このトイレには便意を呼び覚ますナニモノかが巣食っているのでしょうか⁉
とすれば、便秘で困ってる方には有難い場所かも⁉

2013/2/12(火) 午後 11:15 TO7002 返信する

顔アイコン

ですよ。
病院からの帰り、急に小用感。みるからに雰囲気のある公衆トイレでしたが、仕方なく。
あとで知ったのですが、やはり、ね、って感じでいた。

2013/11/3(日) 午前 8:04 [ ura**ty ] 返信する

顔アイコン

ura**tyさんもですか!!
やっぱり、このトイレには人を引き寄せる何かがある!?
(たぶんそれは便器だと思うが…)

2013/11/3(日) 午後 10:54 TO7002 返信する

顔アイコン

50年程前に近くにある国立病院(横井さん小野田さんが帰国したとき入院した旧陸軍病院)で産まれて25年間戸山町に住んでいた者です。
たまたま友達に箱根山の話しをしたので自分は20年近くおとずれていなかったのでググッたらこちらにあたりました。
だいぶ変わったので驚いていますが教会は健在ですね余談ですがサインはVというドラマをご存知ですか?ジュンサンダースと云う混血のバレーボール選手はここで育ったと(ドラマでは孤児院)云う設定でした。知らなかったら悪しからず。
ところで捨て子といえば終戦後アメリカ兵に強姦されて妊娠してしまい堕ろすために私の家が建つている場所に在った済生会病院に来た女性が沢山いたんだと当時看護婦だった近所おばさんが話してくれました。
そしてなんと取り出した胎盤等は敷地内に埋めたそうです。(家の敷地内じゃ!)
石井部隊の話は病院関係者の話では朝鮮や中国の人達を実験使ってたんだろうと言っていました。なぜかと言えば来たのは見たけど出て行ったのは見てないからとの事です。幽霊より人間の方が恐ろしい!

2013/11/18(月) 午前 8:19 [ inomata ] 返信する

顔アイコン

inomataさん、数々の貴重な情報を有難うございます!!
「へぇ〜」を連発してしまいました。やっぱり、地元の方のお話は内容が濃いですね!!早速「コメ怖」に載せさせていただきました。

しかし、おどろおどろな曰くの中、ジュンサンダース(もちろん知ってますよ〜)の一件は一服の清涼剤のようです。これが一番「へぇ〜」だったりして。

2013/11/18(月) 午後 10:25 TO7002 返信する

顔アイコン

40年以上前から箱根山のすぐ近くに住んでますけど(親は昭和30年頃から)、ネットやテレビで初めて近所が心霊スポットになってるのを知りました。
親も私も一度も霊の話は聞いたことがないので驚いてます。
私もなぜここが心霊スポットと言われるようになったのか気になります。

子供の頃は痴漢や不良がいるから気をつけなさいとは言われてました。
ここは昭和30年代から映画の撮影で使われたり(吉永小百合さんの映画にも箱根山が登場してました)、昭和40年代から特撮ヒーロー番組などの撮影場所としてよく使われています。「タモリ倶楽部」もよく来ますよ。 削除

2016/4/3(日) 午前 2:50 [ chie ] 返信する

顔アイコン

> chieさん
心スポって、実は近在の方々は知らないケースが多いですよね〜。
しかし、小百合様やタモさんもいらっしゃるとは、由緒正しきスポットだったのですね〜。

2016/4/13(水) 午後 5:16 TO7002 返信する

顔アイコン

早稲田の辺りに寄った時戸山公園へと訪れてみました。
登るのは簡単でしたが頂上へ登ると登頂証を発行してもらえる
という本格ぶり。その時は冬だったので遠くの景色がチラッと
見えお気に入りでした。
しかしそン時は心霊スポットだと露知らず、
「雰囲気がいい協会があるな~」「古ぼけた団地があるな~」
「もう一つの方の戸山公園にも行ってみたいなあ~」
なんてとぼとぼ歩いていました。
確かにあの雰囲気はなんかありそうな予感もしましたが、
気にせずに帰ってきました。いま考えるとゾッとします。
あの便意は大変でしたね、お疲れ様です。
ナイスしときました。長文失礼m(_ _)m

2016/5/15(日) 午前 9:31 [ nanashi ] 返信する

地元民ですが、実際に箱根山でます。
今から15年位前、まだ学生で夏休みに団地に住む友達の家に泊まり、深夜にコンビニに行って箱根山の上でアイスを食べて帰ろうとなりました。
その帰り道丁度教会の前を通るのですがしばらく歩いたとこで、キィキィ音が聞こえて後ろを振り返ると白い服を着た女の人がカートを押して歩いてきたのです、頭には給食帽の様なものを被っていて昔の看護婦さんみたいな格好でした。
正面から教会を見て左側が坂になっているのですが、そちらの方に歩いて行きました。私は好奇心旺盛で心霊物も好きだったので友達に後をつけようと言ったのですが、友達に絶対にダメ!!と言われて結局そのまま家に帰りました。
箱根山は昔から出ると兄から言われてましたが私は全然信じてなくて、夜に野外音楽堂跡で花火したりと平気で遊んでたのですが、見たのはあれが初めてです。
今思い出すと後をつけなくて良かっなと思います。
因みにその友達の家に泊まるとラップ音と水の音が聞こえます。
長文失礼しました。

2016/5/19(木) 午前 2:52 [ flo**rhy*han ] 返信する

顔アイコン

協会は仮面ライダーショッカーの基地で撮影が良く来てたな〜 V3でも最初回に出てきますね。教会でボーイスカウトしてました。

2016/7/8(金) 午前 9:20 [ poko ] 返信する

顔アイコン

戸山公園・・・秋は、暮れるのが早いのにポケモンGOをしながら女子医大病院のお見舞い帰りに行って参りました。既に暗かったのですが、都立公園は街灯が明るいのでと思っていましたが、ここは違いました。
ポツン、ポツンとある街灯。
古めかしい教会と幼稚園から、箱根山へ。
その辺りから動悸がし始め、どうにか道に出ようとし、古めかしい団地へ。まだ18時くらいで人も見かけず、そびえ立つ給水塔。
箱根山の手前から髪の毛が逆立つような感じがして、医療センター前の通りまで早歩き。
今日、気になって調べていたら・・・七三一部隊の場所と知り、納得。
何となく、感じる場所って、ありますよね。人の念みたいな・・・
あ〜っ、怖かった!!

次は、明るい日射しの中、秋の散策したいなぁ。 削除

2016/10/14(金) 午後 6:09 [ けろよん ] 返信する

顔アイコン

戦後には戸山ヶ原もまだあって三角山という射撃場の山を掘れば銃弾がでてきたというのはきいたこたがある。
箱根山で怪談なんていうのはきかなかった。むしろ戸山ヶ原を突っ切る山手線の線路ではよく自殺者がでたとか戸山ヶ原の射撃場の流れ弾が住民に当たったとかいう話は聞いたことがある。しかし戦前から戸山ヶ原は子供たちの遊び場で近所のおじさんは虫取をしたといっていた。掘った穴に埋って死んだ子供もあるらしい。
箱根山横の野外音楽堂は戦後町会で復元したけれども朽ちてなくなったそうだ。 削除

2016/12/25(日) 午後 3:45 [ 太郎 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事