ロシア・CIS・チェチェン

おいプーチン、チェチェンから撤退しろ!今ならまだ間に合うぜ by アンドレイ・バビーツキ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

日本国憲法第12条に「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」とある。

わが組合は、結成当初から少数派である。それでも闘えているのは、日本国憲法でも保障された団結権や団体交渉権あるいは団体行動権を正しく行使しているからだ。もちろん、労働側の要求を全て経営側が、あるいは政府・文科省がのむ義務はない。また我々は、不当なリストラ攻撃には断固として闘うが、正当な事由があれば協力的に交渉し解決していく。だが、要求を立て権利を主張していくことが、その闘いの出発点にある。

ここで問題になるのは、「権利を主張できない人々」と「権利を主張しない人々」である。権利を主張できない社会的弱者に対し我々は、徹底的に力をかしていくのは当然である。なぜなら、弱い者どうしが助け合っていくのが労働組合の原点だからである。だが権利を主張しない人々は、例え職場を解雇されても関係ない。そういう強い人々には人生の選択肢も沢山あるだろし、むしろ我々が闘いを呼びかけることはありがた迷惑に違いないからである。たしかに権利を主張することはパワーが必要で、周囲からは迫害されるから、権力者に隷従してしまった方が楽だ。日の丸だろうが共産革命旗だろうが、抵抗せず受け入れてしまった方が楽だ。つまり、生き方の問題なのだと思う。

沖縄住民が米軍基地の縮小や撤去を求めて運動をしている。しかしその結果、在沖米軍基地が日本本土の他地域へ移る可能性があるから、沖縄の「地域エゴ」だという批判もある。だがこの批判は、2つの意味で誤っている。なぜなら、)榲擇凌祐屬沖縄人をいまだに踏みつけにしていることへの反省がなし、基地の受け入れが嫌なら岩国市のように闘えばよいからである。他方、基地ウエルカムの都市住民は、当然にも闘わないだろうしそれでよい。ただ、わが都市でも開始された「無防備都市宣言」運動には他の都市からも支援者が来ている。また、米軍基地マップをみても日本とその周囲に基地が集中しているが、沖縄の反基地運動は梅香里などとも連帯し推進されている。

歴史を振り返れば、当時最も民主的といわれたワイマール憲法体制下でナチズムが台頭し、数の力で政権奪取し独裁体制を確立した。だから、わが先人が血にまみれて獲得した日本国憲法では、「自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持」せよと強調している。決して、民主主義=多数決ではない。根底にはヒューマンライツがあって、それを保障するのが国民主権であり法の支配であり権力分立なのだ。まず、権利を行使し確立しよう。それなくして、民主主義などありえないし、上からのファシズムとも闘えない。

以上、「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」への賛同表明にかえたい。

http://nokoizumi.exblog.jp/

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ところで共謀罪の審議が始まるようですよ。共謀罪、教基法改悪、改憲は三位一体。いよいよ本丸攻め近しです。なんとしても食い止めたい。マスコミは相変わらずほとんど無関心。一般社会もまるで無関心。TOCKAさんは共謀罪阻止のための最後の抵抗、何か秘策ありますか?署名は送ったけど、、それだけじゃ、、。

2006/3/10(金) 午後 11:49 gru**y_c*cli*t49 返信する

顔アイコン

何度も廃案になってますが、ゲートキーパー立法を含め、まだ構造が国民に伝わってない気がします。教基法すら理解されてないのをグランピーさんとこの議論で自覚したのでそう思いますね。具体的には、まず入管法の問題点を徹底的に追求すること。共謀罪審議では、官庁の裏金づくりとの関係を追求することでしょうかね。 http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/68aea4cc5e35ccf61805711a191fa668

2006/3/11(土) 午前 0:34 TOCKA 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事