東北大学学生自治会

東北大学学生自治会のブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2月3日のビラ

イメージ 1

イメージ 2
「公務執行妨害」は100%でっち上げ! 
 1月29日、東北大学医学部5年の青野弘明くんが、「公務執行妨害」容疑で不当逮捕されました。逮捕容疑は、昨年3月の「京都大学反戦ストライキ弾圧」の際に、勾留されていた6学生の勾留理由開示公判で青野くんが「裁判所職員の足を蹴った」こととされていますが、許しがたい言いがかりです。
 一つに、そのでたらめな内容です。青野くんは「大学ストは犯罪だ」とする京大当局と京都府警に怒り、仲間である6学生の救援活動のために仙台から京都にかけつけ、3月14日の開示公判に参加しました。しかし、公判担当の上垣猛裁判長は大量の職員を配置し、法廷前に机でバリケードを築き、隣室には機動隊員まで配備していました。明らかに「中立」を無視した上記の対応に傍聴者が抗議したところ、上垣裁判長は「全員退廷」を命じたのです。そして、6人の勾留理由を一切開示しないどころか、「6人が黙秘しているから勾留する」などと、「黙秘権」すら否定する発言をしました。結局、6学生は不起訴釈放されました。理由すら示さずに6人の仲間を20日間も勾留したこの「公務」とは何だったのか?裁判指揮への青野くんの抗議は当然であり、組織的・強圧的に暴力を行使した裁判所・警察こそがおかしいのです。
 いま一つに、「捜査」の不当性です。約1年前の「公務執行妨害」が、なぜ今になって突然「事件」になるのか?青野くんの下宿や東北大学学生自治会室、京都大学熊野寮などに不当な家宅捜索が行われましたが、「公務執行妨害の証拠」などあるわけがありません。警察とマスコミがグルになって、「逮捕」「家宅捜索」で大騒ぎをし、学生自治会運動へのネガティブキャンペーンを行っているのです。

学生と労働者の分断・団結破壊を許さない!
 戦争と解雇・非正規職化を進める安倍政権は、大学を攻撃のターゲットにしています。防衛省と大学の共同研究=軍事研究が始まり、東北大学をはじめ全国の大学で非正規教職員が雇い止め解雇に直面しています。東北大学学生自治会は反戦・反原発運動や、労働者の解雇撤回運動に取り組んできました。学生自治会の仲間である青野くんの不当逮捕は、戦争と首切りに絶対反対で闘う学生自治会をつぶし、学生や労働者から反対する力を奪い取ろうとする分断攻撃です。
 1月中旬、東北大学当局は再検討していた非正規職労働者3243名の雇い止め解雇方針を提示しました。しかし、多くの労働者が反対している“5年で雇い止め解雇”については、撤回されませんでした。それどころか、「法律で禁止されている雇い止めにはならない」「『働き方改革実現会議』の考え方、あるいは情勢に鑑みてより良い制度をつくるということで今回の提案をした」(大槻・東北大理事)と開き直り、東北大学こそ先頭にたって安倍政権の政策を進めていくと言っているのです。
 04年の法人化以降の12年間で、1445億円の予算が削減されてきました。他方で、防衛省のもとに創設された「安全保障技術研究推進制度」には110億円の予算がつけられています(昨年の18倍)。軍事研究を受け入れなければ生き残れない大学・研究室は同制度に応募し始めています。『軍事研究を選択するのか、解雇を選択するのか』という二者択一が大学に強制されているのです。 
 「合法的」に軍事研究と解雇が行われ、戦争反対の声をあげる青野くんが「違法」「犯罪者」とされる、こんなことが大学や社会でまかりとって良いはずがありません!

青野くんの即時釈放へ! 抗議の声を!
 世界中で学生や労働者が立ち上がっています。韓国では労働者や学生がパククネ政権をたおし、アメリカでも保護主義・排外主義をあおるトランプ大統領に対して、500万人の抗議行動が起きています。安倍政権も東北大当局も、学生・労働者が団結して立ち上がることを恐れています。
 だからこそ、絶対反対で行動する東北大学学生自治会、青野くんに対して不当な弾圧をかけ、ネガティブキャンペーンを張って、分断し、団結させないようにしているのです。しかし、「戦争も首切りも絶対反対」は、全学生・全労働者の思いであり、分断を打ち破って団結をつくることは絶対にできます。韓国やアメリカの学生や労働者のように闘い勝利することは絶対に可能です。
 青野くんの不当逮捕に一緒に抗議の声をあげましょう。昨年3月の「京都大学反戦ストライキ弾圧」も絶対反対の団結を広げたことによって、6人全員が不起訴釈放を勝ち取ることができました。青野くんの即時釈放へ、支援・カンパをよろしくお願いします。

救援カンパのお願い
 弁護士による接見や差し入れなど、不当な弾圧をうち破るためには多額の救援カンパが必要です。ぜひご協力をお願いします!
【郵便振替】
口座番号 02220-8-3936
加入者名 東北大学学生自治会

この記事に

2・3緊急集会

青野君の不当逮捕を弾劾します!!
2月3日、「反戦運動への政治弾圧許さない! 東北大生・青野くんを取り戻そう!! 2・3東北大集会」を行いました。

イメージ 1

イメージ 2


 この日の朝は、東北大医学部キャンパスでビラまき。みやぎ連帯ユニオン、宮城労組交流センターの仲間も駆けつけました。医学部の学生・教職員、出勤途中の方々が受け取っていき、230枚以上がまけました。きっと青野君の知り合いや雇い止め解雇の対象とされてしまっている方もいたはずです。

イメージ 3

 昼は川内北キャンパスで集会。安澤君から集会基調を提起。
「戦争と解雇・非正規職化を進める安倍政権は、大学を攻撃のターゲットにしています。防衛省と大学の共同研究=軍事研究が始まり、東北大学をはじめ全国の大学で非正規教職員が雇い止め解雇に直面しています。青野くんの不当逮捕は、戦争と首切りに絶対反対で闘う学生自治会をつぶし、学生や労働者から反対する力を奪い取ろうとする分断攻撃です」
「3243名解雇問題に関して東北大当局は、『有期雇用者は5年で全員雇い止め』という方針を撤回しませんでした。『優秀』な人のみを試験を受けさせて『限定正職員』にするとして、さらなる分断を作ろうとしています。東北大学が先頭にたって安倍政権の政策を進めています。」
「大学への予算を削減して大量解雇をする一方、軍事研究には110億円が出る。『軍事研究を選択するのか、解雇を選択するのか』。解雇の問題と戦争の問題は一つです」
「アメリカでトランプ打倒の500万人デモが起き、韓国では労働者・学生が社会の主人公になるための闘いに立ち上がっています。この闘いに続き、青野君奪還と社会変革を一つに闘おう」

 続いて、東北大出身の青年労働者が発言に立ち、「青野君は、戦争に反対、原発に反対、サークル活動の自由を守りたい、というみんなが思っていることを行動に移したから逮捕されました」と今回の弾圧の本質を突きました。そして、「福島では医者が『健康被害と放射能は関係ない』と言って福島県民を切り捨てている。青野君はこうしたあり方にも怒りをもって行動している」「学問をみなさん自身の手に取り戻していこう。本当の団結、連帯、共同性を打ち立てていくことは、闘うことによってのみ可能です。彼はその最先頭に立っています。彼と団結して闘いに立とう」と呼びかけました。

イメージ 4
 全金本山労組組合員の長谷さんも発言。「京都府警は朝から晩まで転向強要しているのでしょう。これが警察と大学当局の本性です。戦争、原発、搾取に反対する学生を弾圧するのが彼らの『公務』なんです。学生も労働者とともに闘い、青野君を取り戻そう」

イメージ 5
 みやぎ連帯ユニオンの仲間たちも発言しました。鈴木委員長は、「無実の青野君をいつまでも交流し続けるなんてあってはならない。国家権力は、東北大から青野君のような戦争反対を訴える学生、3243名解雇反対を訴える労働者が出てくることを恐れている。『一人の首切りも許さない』という団結があれば弾圧をうちやぶることができる。ユニオンに入ってともに闘おう」とアピール。

 婦人民主クラブ全国協議会宮城県支部からも。「何も言えない状況を作り、少し声を上げれば警察が逮捕していく。戦前の治安維持法と同じです。私にも子どもがいます。親は必死に仕送りして大変です。でも、子どもたちが自分の将来を切り開いていけるようになってほしくて親なりに応援しています。戦争や、人を人とも思わないというあり方に対しておかしいと感じる心を持っていてほしいし、不当なことがあれば声を上げる人になってほしいと思っています。東北大生もそうなってほしいです」

イメージ 6
 最後にシュプレヒコールで集会を締めました。

 弾圧や解雇など、東北大決戦は日帝・安倍政権との攻防の最先端です。しかし、安倍も警察権力もこの弾圧に確信を持っているわけではありません。反対に、青野君を先頭にした私たちの絶対反対の闘いは団結を拡大しています。集会中にも、学生が「真実を勝ち取れ」「不当逮捕反対!!」との激励メッセージを寄せてくれました。弾圧と不当家宅捜索を知ってカンパを渡しに来てくれる学生も。
 完黙・非転向で闘う青野君と連帯! 今すぐ取り戻すぞ!

この記事に

 1月19日、東北大学キャンパスで、「韓国で始まった革命に続こう!京大生の処分撤回!東北大3243人解雇許さない!1・19東北大集会」を行いました。


*みやぎ連帯ユニオン・鈴木委員長
イメージ 1

「昨年、東北大学による3243人の非正規雇用の教職員の解雇が注目されました。この雇い止め解雇に対する激しい怒りが大学当局を追い詰めています。昨年10月、大学当局はこの解雇方針を見直さざるを得ないところまで追い込まれました。当局が決めた方針は絶対ではありません。団結して戦えば絶対に解雇を撤回させることができます」

*京大生・阿津良典くん(被処分者)
イメージ 3
「大学の経営陣が進めている軍事研究や『大学の商業化』などに反抗しよう。東北大学の教職員3243人の雇い止め解雇は、これから日本中でどんどん増えていく問題だと思っています。だってこの先、経済が発展する契機がまったくない、いきつくところまで行きついているからです。だからいまの社会は新しいものに生まれ変わる。しかし、これを新しくするのは、偉い学者や、大富豪、政治家たちではないんです。私たちが力を合わせて、社会を新しく変えるんだと思っています。この時代に生まれたこと、社会が新しく生まれる瞬間に立ち会える、団結して社会を変えられる、うれしい状況なんじゃないかなと思います。僕は東北大学の学生が、ストライキで闘う海外の大学生、またはストライキを構えている京都大学の大学生と一緒になって闘ってくれることを楽しみにしています。」


 さらに、全学連・福島から『3.11反原発福島行動‘17』の訴え、全金本山労働組合、NAZENみやぎ、仙台市内の郵便局で働く労働者、婦人民主クラブ全国協議会・宮城支部から、東北大学にいる学生や労働者に対する熱烈なアピールが行われました。
 

 集会の最後に、石田真弓くんから「東北大の中から、解雇、戦争に新しい仲間が立ち上がっていくことに東北大当局は戦々恐々としています。私たちが団結を固め、決意を固めて、社会のあり方、大学のあり方をひっくり返していく行動に立ち上がっていくことだ。学生自治会とみやぎ連帯ユニオンに入ってともに闘おう」と、まとめと行動提起が行われました。
 
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

◆受験生のみなさん! 学生の力、ストライキで戦争止めよう!
 受験生の皆さん、こんにちは! 私たちは全国の学生自治会の連合組織である全日本学生自治会総連合=全学連です。2017年は全世界で労働者・学生が立ち上がっている激動の時代です。戦争を止め、社会を変える力は学生にあります。全世界で始まった資本主義社会の根底的変革へ続き、労働者・学生が主人公の社会を作ろう!

◇全世界で労働者・学生が決起! 韓国の闘いに続こう!
 全世界の労働者・学生の決起が始まっています。特に、韓国の闘いは「いかに社会を変えるのか!」を私たちに示し、パク・クネを実力で倒す革命にまで行き着こうとしています。
 去年の11月からのべ1000万人以上の労働者民衆がデモやストライキで闘い抜いています。「ヘル(地獄)朝鮮」と言われる韓国の現実は6割が非正規職であり、青年・学生の7放世代(恋愛、結婚、出産、マイホーム、人間関係、夢、希望の7つを諦めざるをえない世代)を生み出しています。生きさせろ!という社会に対する根底的怒りが爆発し、私達と同じ学生が膨大に立ち上がっています。
 この民衆蜂起の中心に、韓国の労働組合である全民主労働組合総連盟=韓国民主労総が立っています。韓国民主労総は「民営化は悪だ!」としてゼネラルストライキ(全産業的な広範なストライキ)を闘いとり、1%の資本家・大企業が99%の労働者・学生を搾取・支配してきた新自由主義という現実を暴露してすべての民衆の団結と闘へと変えてきました。スローガンは「パククネ退陣! 朝鮮戦争反対! 財閥解体!」です。選挙、議会でもない、労働者・学生の団結とストライキが社会を変える根底的な力です。 

◇戦争止める労働者・学生の国際連帯 
 世界大恐慌が爆発する中、帝国主義・資本主義国家の生き残りをかけた市場・資源の争奪戦と戦争が拡大しています。その最大の発火点は朝鮮半島です。16年3月には、北朝鮮侵略戦争計画5015に沿った過去最大の30万人を動員した米韓合同軍事演習、11月には日韓政府によるGSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)の締結が行われ、オバマ、安倍政権により朝鮮戦争が狙われてきました。
 しかし、この韓国情勢と一体で、日韓の労働者・学生の11月国際共同行動集会は、世界戦争、特に朝鮮戦争を止める巨大な集会としてぶち抜かれました。日本の闘う労働組合である国鉄千葉動力車労働組合と韓国民主労総が共同で呼びかけ、東京(11・6)−ソウル(11・12〜13)に日本、韓国、米国、ドイツの闘う労働者が結集し、国際連帯の新たなページを切り開きました。社会を動かし、すべての生産を担っているのは労働者です。労働者の団結とストには戦争を止める力があります。東京5800人−ソウル100万人の結集という日韓の闘う労働者・学生の国際連帯集会は具体的に朝鮮戦争を止める力になります。トランプの登場にみられる保護主義・世界戦争への切迫に対する巨大な反撃です。

全国学生ストで軍事研究止めよう!
 全学連は2017年、京都大学第2波ストライキを先頭にした全国大学ストライキで、安倍政権の朝鮮戦争を止める闘いに挑戦します。15年10月27日、京都大学全学自治会同学会と全学連の仲間は、9月の安保法制反対の闘いを引き継いで、京都大学で反戦バリケードストライキを闘い抜きました。安倍政権の安保法制の制定と一体で始まった大学の軍事研究に対して、「戦争をいかに止めるのか!」「大学・学生はこんなもんじゃない」という学生の誇りと決意を込めた闘いでした。
 今、京都大学の闘いは、全国学生300万の未来を左右する闘いに入っています。去年7月、安倍政権と一体となった山極総長は、反戦ストのリーダーの京大生4人を無期停学にしました。さらに学生の自治・表現活動である立て看板の禁止、破壊に手を染めてきました。軍事研究と一体で、学生の反戦運動を弾圧し、学生の主体性を一ミリも認めない政治・表現の自由を奪う攻撃です。
 12月22日、安倍政権は17年度の大学・企業への軍事研究予算を110億円する閣議決定を行いました。特定秘密まで指定し、学生に徹底的に戦争を担わせようとしてます。韓国で、全世界で闘われているように学生の団結とストライキは、軍事研究を止め、大学から戦争を止める決定的な力です。大学、教育は1%の企業や資本家、ましてや戦争のためにあるのではなりません。大学から政治・教育を取り戻す学生の決意と行動にこそ真の大学・教育の姿があります。韓国に続き、日本でも学生の団結とストで大学から戦争・軍事研究を止めよう!
  受験生の皆さん! 全学連とともに闘おう! 国際連帯で朝鮮戦争を阻止し、安倍政権を倒そう! 全世界の闘う学生・労働者とともに命よりも金の新自由主義社会を根底から変革する先頭に立とう!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事