ここから本文です
2016年から長文レポートに戻ります

書庫全体表示

イメージ 1

 人類史上、もっとも深刻で悪質な人間に対する犯罪を行っている企業があるとするなら、それは水俣病のチッソでなく、砒素ミルクの森永、イタイイタイ病の昭和電工でもない、それは間違いなくモンサント社である。

 モンサント社の悪質さ、恐ろしさを調べていると、ほとんど身の毛もよだち背筋が凍り付くばかりだ。その会社は日本にもある。400名を超す犠牲者を出した四日市喘息の加害企業であった三菱化成と合弁した三菱モンサントである。モンサントは真の悪魔が経営する企業であり、その残酷さは731部隊の比ですらない。
 人類滅亡は愚かな核戦争によってではなく、狡猾なモンサントの謀略によって実現することを知らなければいけない。

 モンサント社は、アメリカのミズーリ州セントルイスに本社を持つ多国籍バイオ化学メーカーである。2008年度売上高は1兆1000億円。遺伝子組み換え植物の種の世界シェアは90%、つまり世界の農業のほとんどを自社のバイオ種苗に切り替えさせ、人類の食生活を支配することに成功している。
 モンサントが種苗を供給しなくなった瞬間、人類はたちまち食糧危機に陥る恐るべき仕組みを完成させてしまっている。

 1901年に創業。サッカリンや硫酸・化学薬品の製造で業績を上げ、1940年代からはプラスチックや合成繊維の代表的メーカーとなった。 この会社が世界に知られたのは、悲惨なカネミ油症被害で知られたPCBによってである。日本では三菱モンサント化成が製造していた。

 1929年、後にモンサント化学部門になるスワンケミカル社が、PCBを開発、これは60年代までに潤滑油や防水塗料として広く使われたが、すでに30年代から、その深刻な毒性が明らかとなり、76年にアメリカでの製造販売が禁止された。しかし、なぜか外国への輸出規制は行われなかった。
 PCB製造の中心地はイリノイ州イースト・セントルイスにあるモンサント工場であった。イースト・セントルイスはアメリカでも病気の子供がもっとも多い地域で、死亡率と未熟児の出生率が州ではもっとも高く、乳児死亡率が国内で三番目で、子供がぜんそくにかかる率がもっとも高い地域の一つであると報告されている。

 しかし、公害に苦しんでモンサントを告発する地域住民の声に対し、会社は政権に巨額の資金援助を行い、幹部を送り込んで告発を隠蔽しようとした。
 クリントンの選挙の指揮をとり、後に米国通商部代表として日本バッシングの急先鋒を務めたミッキー・カンターは、九七年にモンサント社の理事であり、クリントン大統領の元アシスタントのマルシア・ホールは、イギリスで同社の広報官を務めている。
 さらに、副大統額だったアル・ゴアは、バイオテクノロジーの熱心な支持者であり、自分の経営するオクシデンタル・ペトロリウム系列子会社でもモンサントに連携している。
 さらに、モンサントは、日本の自民党政権や厚労省官僚にも深く食い入り、バイオテクノロジー遺伝子組み換え作物のデータを捏造させている疑いがもたれている。
 http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/kumikae506.htm

 農薬メーカーとしても著名で、ベトナム戦争で使われた枯葉剤を開発生産したのもこの会社である。
 元々、戦争資材と農薬は同じもの(火薬原料の硝酸カリは、そのまま窒素肥料になり、ピクリン酸は土壌燻蒸剤となる)で、すでに朝鮮戦争時代から、戦争が終結して火薬類が余ると、それを化成肥料や農薬に切り替えて日本など他国に売りつける戦略をとっていた。そうした軍事・民政転用技術からダイオキシン系除草剤・枯葉剤が生まれた。
 日本が朝鮮戦争やベトナム戦争の後、余った戦争資材農薬を売りつけられ、農林省はアメリカの尻馬に乗って、自然循環型だった農業を、モンサントの金儲けに貢献するための化学農法に強制的に転換させていったのである。
 枯葉剤にはダイオキシンが含まれており、後に残留毒性によって、ベトナムの民衆に阿鼻叫喚の地獄を引き起こした。
http://www.jca.apc.org/beheiren/214VietnamuKarehazaiVideo.htm
 そして、不純物のダイオキシン残留は、おそらく偶然ではなくベトナム民族を遺伝的に崩壊させるために意図的に混入された可能性も強い。ダイオキシンの毒性がアメリカで明らかになったのは実に1930年代だったのだから。

 この十数年のモンサントの主力商品はバイオテクノロジー農産品で、F1種という世界農業をモンサントの支配下に置くための陰謀的種苗とともに、大規模農業をも完全支配する目的で除草剤ラウンドアップとラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売している。
 
 このF1種こそ、人類を滅亡に至らしめるモンサントの壮大な悪魔の陰謀にほかならない。我々は、単純に「できの良い種」などと喜んでいないで、その背後に隠された恐るべき結果に最大の警戒をする必要がある。
 F1とは、一代雑種を意味する交配種のことである。これは人為的に開発されたもので、従来品種よりも多収性や均一性で勝っているが、種ができなかったり、できたとしても親とは違う性質になるなど、品種として一定しない。
 現在、ホームセンターや農業販売店で売られている種苗の9割はF1種であるといわれ、その特許の多くをモンサントが所持しているばかりでなく、これらの種苗を販売している国内大手種苗会社の多くがモンサントの子会社と化している。

 在来の種子は、長い年月をかけ環境に適応しながら種として生き延びてきた。それらは、親から子へ品種として一定の特徴が受け渡され安定している。そこでこうした昔ながらの種子を、固定種と呼ぶこともある。
植物の生命は、芽→花→実→種→の繰り返しによって循環する。もしもこの循環が途絶えれば、その種は絶滅する。F1種は一代限りである。つまり、子孫が続かない循環しない種子なのである。(食神HPより引用)

 モンサントはバイオテクノロジー分野の独占特許を多数所持し、F1種苗の販売を通じて、世界の農業をすべて自社の利益に組み入れようとしている。
 一代雑種は種が取れないように設計され、毎年、新しい種苗を買い続けなければならない。それ以上に恐ろしいことは、在来種と交雑したとき、それらも、すべて種が取れなくなるのである。
 また、種苗が完全にパテント所持会社の管理下にあるわけでなく、たかだか数年の研究で作り出された不自然な作為的種苗が、数千年の淘汰変異を受け止めて安定している在来種に比べて優位なはずがなく、やがて何らかの環境激変によって、こうした人工種が滅びてしまう可能性も小さくない。
 しかし、在来種がF1種によって事実上、滅ぼされている現状で、もしF1種の供給が途絶えたなら、どれほど大変な事態か分かるだろうか? 新たな種苗の提供が消えた瞬間、世界は食料危機に陥る運命になるのだ。

 筆者は、この意味で、恐ろしい情報を入手してきた。
 それは、1980年前後の、ユダヤ系金融資本の秘密団体、イルミナティの主宰する「ビルダーバーグ会議」において、人類人口を10億人に削減するために、疫病・戦争・饑餓によって調節するという計画が採択され、これが着々と実現しているというものだ。
 モンサントはカーギルなど穀物メジャー(ロックフェラー系)が大株主で、明らかに拝金主義思想に洗脳された悪魔の企業であり、これが人類滅亡に貢献するための手段を着実に準備してきたとするならば、F1種が世界農業を席巻していることの本当の意味を思い知らされるはずだ。
 すなわち、ある日突然、F1種苗の供給が途絶えれば、間違いなく世界は食糧不足で大混乱に至り、戦争も起きるし膨大な餓死者が出るはずだ。
 この情報の真実性については、以下のサイトで学んでいただきたい。
 http://www.anti-rothschild.net/

 モンサントが世界最悪の企業であるという事実は、ネットで検索すれば膨大な告発が現れるので、すぐに理解できるだろう。
 昨年にはフランス放送局がモンサントの悪行を告発する番組を制作し、それをNHKが放映した。これで、どれほど恐ろしいことが行われているか、多くの人が知ることになった。

 それは、モンサントが販売する遺伝子操作人工種子とラウンドアップ除草剤が、北米の良心的な農家を破滅に追いやっている恐るべき実態であった。
 GMと呼ばれる遺伝子組み換え作物については、また続編で紹介したいが、これを拒否する良心的な農家に対して、モンサント社が悪質きわまりない嫌がらせ訴訟を仕掛けて、多くの農家を滅ぼし、追放している現実がある。

 すなわち、遺伝子組み換え種苗は、モンサント社の開発した除草剤にだけ耐性を持ち、この組み合わせで効率的な農業が可能になるとされる。
 しかし、モンサントは自社の作物の種が飛んで畑の一部に自生した、遺伝子組み換え種苗を拒否する農家に対して、自社の特許を侵害したとして莫大な損害賠償請求訴訟を起こしている。この数は、北米で550件にも上る。
 北米では、訴訟費用が高く付き、提訴されて弁護士を雇う資金力もない農家は、泣き寝入りするしかなく、これによって多くの農家がモンサントに滅ぼされている。
 以下は、カナダの農民パーシー・シュマイザー氏の証言である。

 【 私が「GMキャノーラをライセンスなしで作付けして、特許権を侵害した」というのが彼等の主張です。私はそれまで一切モンサント社とは関わりがなく、種子を買った事もありません。この裁判に訴えられて、最初に私と妻が一番心配になったのは、私達が50年間ずっと培ってきた純粋な種子が、モンサント社のGM キャノーラに汚染されてしまったのではないかという事です。
「被害を被ったのは私達の方であって、非はあなたの方にあるのではないか」と訴えました。この裁判は連邦裁判所に持ち込まれました。その後モンサント社は、私が不当に種子を入手したという主張は取り下げ、その代わりに「私の農場の溝の部分にGMキャノーラを発見した、そこにある以上は特許権の侵害だ」と主張しました。2週間半の公判が開かれ、判決が下されましたが、この判決に世界中の農家の人達が非常に驚き、懸念を抱きました。
 まず第一にこの判決では「どのような経緯でこのGM遺伝子が混入したかは問題ではない」と言いました。例えば花粉が飛んできて自然交配するとか、種子が鳥や小動物やミツバチによって運ばれたり、水害によって流れるとか、いかにしてGM遺伝子が混入したかは問題ではないと。しかし「混入が起こった場合その農家の持っている種子、収穫は全てモンサント社の所有物になってしまう」と。この判決の中で、私の'98年度の農場からの収穫も種子も全てモンサントの物であると下されました。
 この判決で、私はもはや自分の家で採れた種子や苗を使う事はできなくなってしまいました。
 カナダの連邦法の中では農家の権利は保証されており「毎年自家採取した種子を使う権利を持つ」と述べられています。しかしながらこの裁判の判決で、『特許法』が『農家の権利の法律』に優先する事になってしまいました。】

 以上の証言で、モンサントの悪質さが浮き彫りになるだろう。
 紙数の都合で、次回にもモンサントの悪行を紹介するつもりだ。

この記事に

  • 顔アイコン

    たった今、貴殿のとても敬服に値する記事を発見して、大変うれしいです。これからじっくり読みたいと思います。
    塩沢
    www.hapico.com

    [ mot**hapic* ]

    2010/8/14(土) 午前 4:24

    返信する
  • 顔アイコン

    日本としても対岸の火事では済まされない問題ですよね。
    このような状況を知ってしまったら穀物は120%自給しないと
    危険に思えました。 削除

    [ サカモチーノ ]

    2010/10/6(水) 午後 6:57

    返信する
  • 顔アイコン

    たしかドイツのテレビで放映された事おぼえています。悪質な会社ということがすこしずつ思い出されてきました。一般人がこのような遺伝子組み換えのことなど、勉強するのはむずかしいですね。このような難しい事を、どのように、やさしく、一般の人たちに伝えていくのが、これからの課題ですね。ドイツではずいぶん監視の目がひかっているほうですが。。それでもまだまだです。

    [ hansatama ]

    2011/5/25(水) 午後 3:58

    返信する
  • 顔アイコン

    今まさに日本にもモンサントのGM種子が導入されようとしています。
    www.env.go.jp/info/iken.html
    みなで反対の意思を表明しましょう 削除

    [ xyz ]

    2011/6/10(金) 午後 10:09

    返信する
  • 顔アイコン

    どんだけユダヤは世界を牛耳りたいんだw 削除

    [ sawd ]

    2011/8/10(水) 午後 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    確実にTPPに参加したらモンサントのGM種子を輸入させられて、日本の農産物は駆逐されるだろうな 結局自民党時代と同じで政治家はアメリカと大企業の思い通りに動く人形ばかりだ…
    これから日本はどうなるのか心配になった。 削除

    [ 自国で食べ物作れない国の住民 ]

    2011/8/25(木) 午後 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    9月6日付けで大量の遺伝子組み換え食品承認ttp://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/dl/list.pdf 削除

    [ end ]

    2011/9/29(木) 午後 8:52

    返信する
  • 顔アイコン

    悪魔の比喩に"731部隊”を持ち出すのは大間違いです、731部隊は防疫医療部隊であり、東京裁判で日本軍を悪魔と断罪する為のデッチあげです、ナチスによる悪魔の所業には山ほど証拠があり、且つ公表されていますが、ghqは731部隊についての接収資料を一切公表していません。
    モンサントに関する貴方の研究努力をもってすれば総ての根源は”東京裁判”にあると気付くと思いますよ。 削除

    [ 支援者 ]

    2011/10/10(月) 午後 1:51

    返信する
  • 顔アイコン

    枯葉材とダイオキシンの関係の書物については、ツイートいたします

    [ 工藤 圭志 ]

    2011/10/11(火) 午前 3:08

    返信する
  • 顔アイコン

    極悪人だな全く、言葉もないわ。 削除

    [ 田中4 ]

    2011/12/12(月) 午後 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    [ があぁおパパ ]

    2011/12/25(日) 午後 9:50

    返信する
  • 顔アイコン

    明日、転載させていただきます。

    mimi

    2012/1/17(火) 午後 11:57

    返信する
  • 顔アイコン

    これ東海地方の農家の方々にビラ配りして知らせるべきでは?
    いま農地が大打撃受けていますから危ない気がします。 削除

    [ sasa ]

    2012/3/8(木) 午後 4:02

    返信する
  • 顔アイコン

    tpp反対政党、なかなか広がらないすね・・・小沢新党と共産社民だけですかね? オスプレイがわざわざ国内を飛ぶのも訝しい目で見てしまう、「何かパラパラ降らなかったか」って(苦笑)。 削除

    [ いちげん ]

    2012/7/11(水) 午後 7:41

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させていただきます! 削除

    [ ひろこ ]

    2012/8/8(水) 午後 10:39

    返信する
  • 顔アイコン

    モンサント社製品の不買運動を展開するのはいかかでしょうか。
    ラウンドアップのコピー商品である「マルガリーダ」は値段がラウンドアップの三割程であり、スギナには効かないですが、広範囲の草に効果があります。
    さらに、「エイトアップ」はラウンドアップ同様スギナまで枯らす上に、値段がラウンドアップの半分です。

    マルガリーダは、ホームセンターコメリです。
    エイトアップは、ホームセンターコーナンで取り扱っています。 削除

    [ 丹波村人 ]

    2012/8/10(金) 午前 11:29

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させていただきます! m(__)m

    [ mhq**536 ]

    2012/8/16(木) 午前 0:16

    返信する
  • 顔アイコン

    いつか、自分で農業したら×、になるという記事を読んだことがあって、
    えーそんなこと??なぜ??と思っていましたが、なっとくしました。
    相当、頭のいい人たちが、やっているんですね。
    種だけは、人類はかってにつくれないと思って安心してましたが、
    そこまでするとは、驚きです。

    日本人にはない発想ですね。
    開国を強要されたかつての日本人が、外人を獣と言っていたこと、
    あながちウソではないですね。
    転載できないので、紹介させてください。

    nadia

    2012/9/5(水) 午前 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    生活クラブをし日々食品の安全について考える主婦として怒りしか覚えません。とにかく目先はTPP反対姿勢を貫こうと思います。日本の食を守ろう

    [ se1*i*at*rou ]

    2012/9/18(火) 午後 5:26

    返信する
  • 顔アイコン

    シェアさせていただきました、感謝します! 削除

    [ さおり ]

    2012/11/21(水) 午後 9:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事