【和歌山中華そば & 和歌山ラーメン】

新たなブログへ引っ越しすることになりました。長い間お世話になりありがとうございました。m(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

大阪のラヲタの間で話題に上るお店の店主さんは…

イメージ 1■○花 MARUHANA(まるはな)
@和歌山市出島(パチンコ1.2.3の前)
【営業時間】
11:00〜14:00
17:00〜23:00
【定休日】火曜日
【電話】073-474-7041
【駐車場】共同アリ
■祝・開店
wor*s4*27 さんよりいただいていた新店舗情報。この日、爆食団の大物ラヲタ2名様が和歌山爆食ツアーの途中でコチラを襲撃されたという聞き捨てならない情報をキャッチ。ご一行様とは友人と共に自走式バスラーメンの○栄で合流したのが20時過ぎ。築港でグリーンソフトを食べながらしばし情報交換した後に和歌山IC前で別れ、我々は新店舗へ突入を図りました。看板には赤い尖った文字で「ラーメン」と書かれ、これを目印に行けばスグ分かりますがお店の屋号は入口の扉に書かれた「○花 MARUHANA」となります。


イメージ 2■お品書き他
場所はパチンコ123インター店の前にある
集合テナントの一番右端。
店内はベタなラーメン専門店とは一線を画した
modernな雰囲気♪ 壁もコルクチックな柄で
今までラーメン屋では見たことないものです。
そこに貼られたお品書きはじめ案内紙には
『麺の固さ指定可・太麺の案内』が。
そしてそのお品書きは『昼の部・夜の部』とが
分けて書かれてます。夜の部のみメニューとして
『濃厚中華そば・680円』が追加されており、
『塩豚骨』、『醤油豚骨』の3種類となってます。
・和歌山では珍しい『塩豚骨』
・オーソドックスっぽい『醤油豚骨』
・夜のみ『濃厚中華そば』
と毛並みの違うメニューが並び、
メチャクチャ悩みながらふと壁を見上げると…




■『限定30食』

イメージ 3

『限定30食』と書かれた黒板を発見!!

初訪問ならデフォにするところですがコレを見て心が決まりました(笑)
私は濃厚中華、友人は醤油豚骨をオーダーします。






イメージ 4■濃厚中華そば(680円)
●スープ
山為のオイリー濃厚
●麺
やや太縮れ麺
●具材料
チャーシュー、蒲鉾
■この日の感想
カウンター席に座ったのですがテーブルは珍しいステンレス製でニンニク、黒コショウ、豆板醤など様々な調味料が置かれてます。壁にはそれを使った食べ方が貼られてます。このステン製のテーブルは暖かさは感じないですが掃除がしやすそうですね(笑) そんな事を考えていると中華そばが運ばれてきたのですが…



イメージ 5


『まんま山為やんか!!!(」゜□゜)」』


そうなんです、
ビジュアルは山為そのものでしたので驚きつつ先ずはスープをいただきます。

率直な印象は(か、かなりオイリーやな…)というもの(^。^汗)
『濃厚』と言われればそうなのですが、食べ進むにつれ更にオイリーさを強く感じます。


で、ここで事件発生!!! 携帯のバッテリーが切れてしまい麺の画像を撮れませんでした・・・(ToT)
麺のアップ写真が無いので感想のみでご免なさい。


麺は山為と同じ太麺か、な?
茹で加減は柔らかめだったので個人的には残念。
そのためスープとの絡みが弱い印象で絶対的な甘味も少ないように思いました。
しかしチャーシューはふわトロタイプで風味、ボリュームも同様。
山為のチャーシューファンなら合格点を与えるでしょうね〜♪
全体的な印象をひと言で表現すると

「山為の甘みを少なくし、よりオイリーにした中華そば」

となりますかね〜 (^_^)v


食べ終わってからスタッフの方に

「山為と全く同じビジュアルですが関係あるのですか〜?」

との質問をしてみたところ、
なんと店主さんは山為で修行をされていたそうです。
どうりでそっくりな中華そばが出てきたハズですね。納得です♪
そして入口付近には山為からの祝儀袋も貼られてました(笑)



イメージ 6■気になるところが数点
先にも触れましたがやはり新しい店内は気持ちよく、おしゃれな内装は女性の方でも気軽に入ることが出来る雰囲気です。モダンな雰囲気と言えば○京を思い出しますがあちらのような感じです。そして気になる点はと言いますと、友人が頼んだ「醤油豚骨」ですがビジュアルは「家系」だった事。スープも麺も私が食べた濃厚中華とは全然別モノでした。和歌山で「家系」となると御坊の斎家に次ぐお店となりますので次回訪問時には是非ともコチラをいただきたく思いますし、もう一つのメニューである「塩豚骨」も同様に気になるところですね!!! もう一つが入口に貼られた「まもなく細麺登場」という案内。細麺が登場することでスープを現状維持でいくか?あるいは別のスープが登場するか? こちらもかなり気になるところ。和歌山のニューカマーは今後も目が離せない存在になりそうな予感です♪

この記事に

開く トラックバック(6)


.


みんなの更新記事