ここから本文です

人の名前

名前と言うのは、人や生き物、モノや場所など、どんなモノにも名前が付けられている

特に人の名前は、生まれてきた子供に対して、幸せになって欲しいと言う、親の想いが大きいので、何日も考えて付けられる親御さんも多いようです

最近の高校生も、キラキラネーム世代に入り、なかなか読めない名前も多く、中には名字と名前が初対面で読み当てられた事がないって、イジメにあった生徒もいました

それでも名前と言うのは、一番長く付き合っていくものだから、大切に大好きになって欲しいと伝えています

中には、お父さんやお母さんが付けてくれたエピソードを聞いて泣く生徒や、こんな神々しい名前だったのか…って、感銘を受ける生徒も

受験のこの時期…
焦りや不安でイライラしたり、つい言わなくて良い言葉を言ってしまったりで、ぎくしゃくする時もありますが、少し落ち着いて、この世に生まれてきてくれた喜びや幸せ、産んでくれて、育ててくれたことへの感謝

そうすることで、また一緒に頑張れます
あと少し、共に焦らず急ぎましょう

この記事に

1995年1月17日 午前5時46分

大地がゴゴゴッと唸り、激しい大きな縦揺れや横揺れが長く続き、この大震災は起こりました

当時、神戸市灘区に住む、神戸市職員の友人は、二階建ての一軒家の二階で眠っていたそうです
何事が起ったのか…両親は大丈夫なのか…
下の階へ降りて行き、両親の安全を確認した後、外へ出ようと玄関のドアを開けようとしました
すると、ビクともしませんでした
仕方なく、2階の窓から確認しようと、窓を開けて彼は愕然としました
何と、1階の部分は地下へ埋まってしまい、2階の部分が1階になっていました
家を飛び出し、周りを見渡すと、まるで戦争の跡地のようだったと語っています
少しして、市役所から招集がかかり、着替えて家を飛び出す頃には、山上の方から炎に包まれるように、家が燃えるのを見て、恐怖で身体が震えたことを、今でも忘れられないそうです

あれから22年…
震災を体験した方の方が少なくなる中で、こうした追悼行事を風化させてはいけないですね
イメージ 1
<神戸市中央区での追悼行事:神戸新聞より>

あれから、東日本大震災、熊本地震、鳥取県中部地震と、日本を始め海外でも多くの犠牲者が出ています

天災は、今の人間の持つ能力では防ぐことが出来ません

一番大切な命を失い、家族を失い、仕事を失い、想い出を失い…

しかし、負ける訳にはいきません

海外から絶賛とエールを貰えるように、震災から少しずつ立ち上がっていってます

震災から学んだことを、次の世代の教訓とし、自ら出来ることで、繋げていける事を願って止みません


この記事に

センター試験終了!

受験者のみなさん、暖かく見守ってた保護者の方たち、関係者のみなさん、お疲れさまでした

今年も雪による遅延や、リスニングのトラブルなど、毎年恒例になってるようなトラブルはあったものの、無事に終えました

今年も寒い中、懸命に頑張った中で、ちょっとホッコリとする話題もあったので、いくつか紹介させて頂きます

【センター日本史Aの問題で、妖怪ウオッチやゲゲゲの鬼太郎が出題される】
賛否両論はあると思いますが、日本のアニメから出題されたのは、話題になりました
イメージ 1
単に教科書から出る問題だけではなく、アンテナを広く持ち、柔軟に対応出来る能力を身につける事は、社会に出てからもとても大切な事です
問題を作った大学入試センターの方も、きっと楽しみながら作ったのではないかと思います(笑)

【JR北海道 特急列車トラブルで動かず アナウンスで受験者に呼びかけ、タクシーで会場へ送迎】
故障で動かなくなった特急列車、駅員さんの気転で、受験者をタクシーで現地まで送迎!距離はあったみたいですが、間に合って良かったです

【JR八王子駅 駅の電光掲示板に「頑張れ受験生!」応援メッセージ】
イメージ 2
            <朝日新聞社より>

昨年より、若手駅員さんの発案で、応援メッセージを流してるようです
緊張してる受験生にとっては、ホッコリするような演出ですね
こういう粋な計らいが増えると、最近ギスギスした世の中に、優しいスパイスを与えられるかもしれないですね

受験生のみなさん、二次試験を控えてる人は、気持ちを切り替えて集中していきましょう

この記事に

はじめまして

みなさん、初めまして!
ブログを始めました!
大学進学を目指す受験生や保護者の方へ、笑顔と元気を分かち合えるようなブログを目指します

いくつかスタッフブログはあるのですが、今回は少し視点を変えて、男性スタッフからの発信になりますので、どうぞ宜しくお願いします<m(__)m>

さて、いよいよ今年もセンター試験が始まりました
イメージ 1
折しも一日目は、今年最高の寒波に見舞われましたが、大きな事故などもなく、無事にスタートした模様ですね

2017年度のセンター試験の志願者数は

575,967人

前年に比べると
12、199人プラスで
2,2%アップしたようです
少子化が叫ばれる中、良い傾向だと思います

僕がお預かりしている生徒へ、当日までにエールを送ってますが、「防寒用に着ていく服は、どんな物でも良いですか?」とか、「緊張しない方法はないですか?」とか、「昼食はどんなものが良いですか?」とか、色々質問を受けます(*^^*)

現役の高校生にしてみれば、初めての受験ですし、進学校であればある程、受験のことは自分で調べなさいと言う担任の先生も多く、生徒や保護者の方も、不安を持たれるようです

いよいよ本格的に始まった今年の受験
今まで頑張ってきた力を、自分を信じて出し切って欲しいです

心から応援しています

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事