ここから本文です

始動

渓流行きました。超渇水の海部川です。下流部は水がありません。アユの遡上が心配です。今回は仕事のため解禁出来ていなかったキョBも一緒です。彼とは随分前から解禁釣行をしています。で、必ず海部川なのです。

ということで、6時きっかりにお迎えです。早朝から畑仕事をしていた隣のおばちゃんと、「釣りに行く、6時にお迎えが来る」と話していたので、おばちゃんその正確さに目を丸くしていました。

で、海部川です。北川オトリ店さんにご挨拶。出発したのは9時過ぎ。途中川虫を採取です。川虫マイスターのキョBは170匹も採りました。僕は100匹ほどです。

僕はテンカラだけで良かったのですが、解禁なのでゼロもとご希望です。で、10時釣り場到着。UK橋から始めます。かすりもしません。500m程釣り上がってやっと1匹目です。
イメージ 2
           記念すべき1匹目。

その後もアタリすらありません。と、河原に白いものが。シカの骨かと確認すると猪の下あごです。立派な牙が付いています。かなり時間が経っているのか、骨は風化しています。

石で叩くと砕けて牙が外せました。もう一方は叩き方が悪く根元が割れました。何に使うかわかりませんが、取りあえずゲット。

良さそうな瀬があります。といっても超渇水なので水深30㎝もありません。目印にかすかなアタリが出ますが、食い込みません。0.1号の水中糸でもこの警戒心です。

3回目の投入でやっと掛かります。ここが釣れるなら、スルーしたあの場所もと、少し引き返し、仕掛けを投入。今度は目印を抑え込むアタリで3匹目。

その後、2回ラインブレイク、根掛で仕掛けを作る意欲が失せたのと、タイムアップ。12時。

上流へ行っていたキョBと合流して移動、昼食。KRI谷でテンカラ開始、500mほどの距離ですが、順調に反応があり13匹。テンカラは超渇水には強いのです。このラウンドは動画を撮影してあります。60分ほどですが、見やすいように編集します。完成次第アップします。

まだ14時です。もう1ラウンド行きます。キョBは見学希望です。で、MKGY谷です。勿論、超渇水ですが何とか6匹です。合計22匹と2本。超渇水での釣果としては満足です。
イメージ 1
           22匹と2本。上等です。



この記事に

無事に

今日母親の納骨が完了しました。一族?27名が参列しての法要です。懸念されていた雨もほとんど問題なく順調でした。

これで一段落です。釣りにも行けるようになりました。まずはテンカラですね。しかし雨が降らない。渓流はカラッカラでしょう。

とりあえずは渓を歩くだけでも、の気持ちで出かけましょうか。

で、母屋の片づけをしたいたら、1996年の釣り雑誌が出てきました。僕が連載で記事を書いています。こんなカットが添付されていました。
イメージ 1
47歳のころですね。当時はアユ用のドライタイツでテンカラもやっていました。ウエーディングシューズとの組み合わせです。今は普通ですが、初めてこの組み合わせでマスターズブロック大会に出た時には、走るために運動靴はいているんですかと質問攻めにあいました。92年の馬瀬川大会でした。

この記事に

ブーム

テンカラが注目されています。国内はもちろん、欧米でも人気上昇中です。こんなところでも発見しました。

Gストですが、これを企画した人は渓流釣り師ですね。
イメージ 1

この記事に

完成

リホーム完成しました。僕が参加した分は玄関だけですが、こんな感じに仕上がりました。壁を貼り替えただけですが。
イメージ 1植木鉢やテーブルなどのレイアウトは嫁の趣味です。というか前のままです。

この記事に

今日は大工さん

先週からリホームしています。築48年の母屋です。他に25年物の離と15年物の別棟がありますが、僕は離で生活しています。母屋は母親が使っていました。近々に法要があるので、気持ちよく送り出すための作業です。

ほぼ終了して、残るは玄関のみとなりました。ここは経費節減で発注先の社長、ナベちゃんと僕で作業です。

イメージ 1
こんな感じで作業を始めます。作業者はナベちゃんです。

で、社長は孫の剣道があるからと15時に早退です。僕はその後も作業を続け八分通り完成しました。

イメージ 2
            イメージが変わりました。

結構楽しい作業でしたし、特に隅の入り組んだ部分は頭の体操でした。

明日には完成の予定です。農作業の合間の息抜きでした。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事