全体表示

[ リスト ]

ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト」を利用してます。

WEB上で振り込み作業ができるので、 重宝していた(過去形)のですが・・・。

「ゆうちょ口座」どうしの送金の手数料は、
送金額に関係なく110円と安く、月5回までは無料

(ATM送金なら平成23年9月30日まで手数料無料です。)


ヤフオクの代金が入金されたかチェックするためにノートPCでログインしたところ・・・


「合い言葉」というページがでて

「子供の頃に憧れた人の名前は何ですか?」


やってしまった・・・

メインPC、バックアップPC、サーバー、録画用PC、ノートPC、現在稼働可能なのは5台、

どれでログインしたのか分からない。

送金関係はメインPCかノートPCでしかやってないから、どちらかでログインしたのだろうけど、合い言葉を忘れた・・・、多分クッキーも削除してる・・・。

「いつも使っているPC」だと「合い言葉」は出ないけど「違ったPC」だと「合い言葉」確認が出る。

IPアドレスとかMACアドレスでもって確認しているので、ルータの再起動でIPアドレスが変わっても合い言葉の確認が出てしまう。

最近ルーターの不調により何度も再起動かけているから多分これが原因。

思いつくものを全部入れてみたが・・・。

認証失敗・・・。


認証に失敗した瞬間

「お取扱できません。郵便局の貯金窓口で再発行手続きを行ってください。」


そして、こんなメールが来ました。


この度は、ゆうちょダイレクト(インターネットサービス)をご利用いただき、
誠にありがとうございます。
以下の日時に、合言葉の認証が以下の理由により正常に処理できませんでしたので、
お知らせいたします。

エラー理由  サービス停止中(合言葉相違)

再度、ゆうちょダイレクト(インターネットサービス)をご利用いただくためには、
合言葉の初期化の手続きが必要となります。
お近くのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口でお手続きいただくか、ゆうちょ銀行
Webサイトからご照会のお手続きを行っていただきますようお願いいたします。
申し訳ございませんが、このメールへの返信はお受けしておりません。
この度のお取扱いに関し、ご不明な点がございましたら、次の連絡先まで
ご連絡をお願いいたします。


やっちゃったよ・・・、3月にも合い言葉を初期化したばかり(この時は「合い言葉」を設定していなかった)。


WEBで検索すると、同じような「合い言葉トラブル」が昨秋から全国で起こっているらしい。




しかし、手続きが複雑すぎ!!

「本人確認」は郵便局窓口で出来るので「郵送によるお知らせ」は無意味。
(仮パスワードが書かれているわけでもなく、初期化しましたというお知らせのみ!)

自分の場合は名古屋貯金事務センター扱いだから日数がよけいに掛かるんだよね・・・。

なんのための民営化だよ!!


(゚Д゚)ゴルァ!



トラブルの時「一週間使えない銀行口座」なんて、企業だけでなく個人でも怖くて使えネー。


現在、大抵のWEBサービスで送金するには「口座番号」「ログインパスワード」「送金暗証番号」の3つが必要。

さらに「3つの合い言葉(選択制)」を義務化するのは、「セキュリティの為」といえば聞こえは良いけど、

結局「客に責任を転嫁する為」としか思えん・・・。


「設定しないという選択」が自己責任

でもいい様な気がするのですが・・・。


官からの名残で、「自分達が責任取らなくても良い」ように「ユーザーに不便を押しつける」印象を受けます。

官は何をやるにも自分で責任を取りたくないから、できない理由ばかり探して全く進みませんからね・・・。



パスワードと契約者番号の入力が毎回必要なのに、何故こんな事をする必要がある?

要らん事すんな!!

(゚Д゚)ゴルァ!

簡単に解除されても困るけどあまりにも融通が利かん!!

合い言葉を書いておく必要があるなんてそっちの方が危険だろ?


まあ、最近はそれが嫌でJNBばかり使っていましたがね。

トークンのワンタイムパスワード方がよっぽど良いと思うのは自分だけではないでしょう?

この記事に

開く コメント(3) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事