A Japanese In Boston(第三幕完結編)

ブログを移転しました。http://japaneseinboston.blog17.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

〜9日〜

 この日は中国外交の分野で有名なロバート・ロス教授と昼食をとった。何と教授からのお誘いであった。前回お会いした時にサインをおねだりしたのが効果的だったのかもしれぬ。いい機会だと思ったので、修士論文を読んでいただけないかと依頼したところ、何と2日足らずの間で私の論文の全てに目を通していただいた上に、貴重なコメントをたくさんいたいだいた。出版に関心があることを前もって知らせておいたところ、出版するには何が足りないかを的確に指摘してくれた。論文の内容についてはマイナーな修正で大丈夫だと言われたが、問題は方法論らしい。私はちょっと厳格な方法論を使用したのだが、こういった論文はアジア研究の学術雑誌では好まれず、かといってこのような方法論が好まれる政治学の雑誌では日中関係のようなアメリカとは無縁のテーマは好まれないのだそうだ。というわけで、ロス教授からは、方法論的な色彩を和らげるとともに、文章の分量を大幅に絞り、アジア研究の学術雑誌に投稿することを薦められた。というわけで、出版を目指すにはかなりの作業量が必要になりそうだが、それでも私がやると決心するならば、教授もサポートしてくれるという。

 夜からはいよいよMITのアジア・太平洋危機シミュレーションが始まった。これはMITのリチャード・サミュエルズ教授が今学期私が履修したJapan and East Asian Securityという授業が開講された年に開かれるシミュレーションで、90年代前半から行われているもの。アメリカの元官僚と研究者、そして日本からも有名な方々が参加するなど、メンバーは超豪華。この日はレセプションが行われ、日本人がやけに多かったので名刺交換をしたところ、経団連の方々が多かった。経団連がこのシミュレーションのスポンサーの一つなのである。何気なく話しかけた人が経団連の首脳のお一人だったことが判明し、ひどく狼狽。ちなみに会場はMITのFaculty Clubであった。

〜10日〜

 このシミュレーションは太っ腹で、シミュレーションの期間中の朝食と昼食はFaculty Clubで提供される。朝7時半から朝食が始まり、その後ブリーフィング。シナリオについては明らかにできないが、2010年代から20年代にかけての時代が舞台で、豪華メンバーが日本、中国、アメリカ、インド、ロシア、イランの6チームに別れて、それぞれ指定された役割を演じる。ちなみにサミュエルズ教授の授業の学生は各チームの副官としてあてがわれ、私は中国チームを担当した。中国チームはメンバー多く、中には極めて偉い人もいて、大変緊張した。副官の役割は、他チームとの連絡がメインで、他国のプレイヤーとの外交交渉をセッティングしたりする。他の副官(クラスメイト)もかなり緊張していて、最初はミスコミュニケーションが頻発した。次第に慣れていったが、合計7時間近くも英語でやりとりするのは結構大変。しかもチームメイトのお偉いさん達からいつ指示を受けるのか分からないので、常に彼らの話に耳を傾ける必要があった。

 夜はお別れディナー第一弾。他大学ではもう授業が終わっているところが少なくなく、近日中に帰国あるいは帰省する人が結構いる。この日は日本と韓国の友人達と会った。別れの季節の到来である。

〜11日〜

 今日も朝7時半から朝食。食事はアメリカにしては美味な方だった。今日のシミュレーションでは中国がリーダーシップをとる機会があり、私は会議のアレンジで大忙しだった。さらに、このシミュレーションにはマスコミ役が2人いて、彼らがニュースをテレビを通して流すのだ。また、各国がテレビを前にして声明を発表することもある。各チームはこのテレビを通して他チームの状況を知ることができるのだ。激しく疲労したが、多くを学んだシミュレーションだった。日本にもこういうものが必要だということで、日本人の出席者の方々と意見が一致。

 帰宅した後は見事の爆睡。明日からはいよいよ中国語の最後の試験が始まるが、各種ミーティングのセッティング等で、それどころではない。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

?胃好、がんばってくださいね。将来を期待しています。そしてお国のために役立ててください。
中国に対する外交はなによりもアメリカとの緊密な連携が必要です。

2008/5/12(月) 午後 0:02 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

こんにちは♪
よかったら私のホームページ見てくださいね☆ 削除

2008/5/12(月) 午後 1:20 [ きよたん ] 返信する

顔アイコン

>ヒロシさん
コメントありがとうございます。アメリカが鍵になるのは間違いないですね。問題は、アメリカが頭越しに中国と結んだ時だと思います。

2008/5/13(火) 午後 0:46 [ tom*_*t_g*as ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事