全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イラクの戦地から戻ってきた最初の週末、マイク・デアフィールドは行方不明となり、無断離隊者と報告される。元軍警察官で、マイクの父であるハンク・デアフィールドと彼の妻ジョアンがこの不穏な知らせを聞いた時、ハンクは息子を探しに行くことにした。マイクが姿を消した管轄内の刑事エミリー・サンダーズは渋々捜索を手伝うことになった。証拠品は徐々に彼が殺害されたことを示し始めてゆくが、やがて調査のために軍と戦い始めていることに気づく。しかしイラクでマイクが過ごした日々についての事実が見え始める時、息子の失踪のミステリーを解くためにハンクが真実と立ち向かうことになる。

出演はトミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、ジェームズ・フランコ、ジョナサン・タッカー、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン

イラク帰りの兵士が突然行方不明になった実話を元にした作品。ハギスは脚本を書いている時点ですでにエミリー役はセロンと考えていたらしい。
これはきっとイラクでの戦争について最も真実を描いている作品かもしれない。戦争はただ殺し合うだけではない。実際無事に戻ってきても、精神的に病んでしまう兵士達が後を絶たない。これは戦争へ自分の子供達を送り出すべきではないとアメリカ人が知るべき作品。
殺人ミステリー色は薄いが、ラストに国旗でも示すように、もっと重要なメッセージが込められていると思う。
クリント・イーストウッドが本作を製作するために協力をしたらしい。
トミー・リーは受賞こそ逃したが、オスカーの主演男優賞ノミネートされるだけ素晴らしい演技を見せている。
トロント映画祭上映作。

監督・脚本は「クラッシュ」のポール・ハギス。日本公開は夏。


評価:★★★


告発のときを見ました。ポールハギス監督、トミーリージョーンズ、シャーリーズセロン、スーザンサランドンほか。

2004年11月ハンクディアフィールドのもとに息子が軍から姿を消したと告げられた。ハンクは、すぐに支度し息子の所属する基地へ行く。しかしそこで軍や地元の警察の調査が進むにつれて驚愕の事実が明らかになる。

この作品は、アカデミー受賞俳優たちの演技やポールハギスの作品という話題が先に宣伝されているが、内容がすごく考えさせられる。戦場での命に対する考え方そして任務完了後の彼らの命に対する考え方の変化など。
アメリカの軍の現状も指摘されている。評価される作品です。
6月28日より有楽座ほか公開。 【松井】



この記事に

閉じる コメント(6)

これは率直に観たい!!
兵士達のその後ってトラウマや精神的に不安定になるって聞きましたが本当なんですね。
観ます!

2008/3/2(日) 午前 9:13 りょうのすけ 返信する

顔アイコン

今のところ夏頃公開としかわかりませんが、興味があればぜひ。
戦争をゲーム感覚で考えている今の人々達の目覚ましとなる作品です。

2008/3/2(日) 午後 11:46 tomomithenet 返信する

顔アイコン

ポール・ハギスですか!

トミー・リー・ジョーンズってゴアと同級生なんですね。

2008/3/3(月) 午後 8:59 kind 返信する

顔アイコン

ハギスによる監督・脚本作品です。私はクラッシュよりはこちらの方が好きですね。
トミー・リーとゴアが同級生と言うのは初めて聞きました。

2008/3/3(月) 午後 11:06 tomomithenet 返信する

顔アイコン

メッセージ性の濃い作品ですよねぇ。 日本には馴染みの薄いテーマかもですが、見応えをかなり感じた一作でした。
TB、させてくださいませ。 m(__)m

2008/7/6(日) 午後 9:59 サムソン 返信する

顔アイコン

日本も自衛隊を派遣していますが、なかなか兵隊の家族の視点になって考えることはないですよね。
全米で考えるべきテーマだと思います。
TBありがとうございました。

2008/7/6(日) 午後 11:49 tomomithenet 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


みんなの更新記事