全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イラクでの新しいテロ組織のリーダーをおびき出す作戦に失敗し、負傷したロジャー・フェリスは中東を駆け回るCIAの敏腕工作員。全ての活動は安全な電話回線を使用したCIAのベテラン局員エド・ホフマンの指示によって彼の命も左右される。
ヨルダンへ移動したロジャーは英国マンチェスターやオランダで爆破テロを成功させたテロリスト組織の情報を得て追跡し、誘い出すために複雑で危険な計画を遂行する。
だがフェリスがターゲットに近づくほど彼の身を守るはずの信頼が崩壊してゆくのに気づく。

出演はレオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー

ワシントンポスト・コラムニストのデヴィッド・イグネイシャス同名原作の映画化。ポスト9/11スパイ小説の傑作。
最近のディカプリオの役柄は戦地に赴く男が多い気がする。「クイック&デッド」以来13年ぶりにクロウとの共演。当時の二人はまったくの無名と新人であったが、今やビッグスター同士の共演という立場になった。クロウはこの役のために体重を増やしている。
ここのところマーク・ストロング出演作が続いているが、彼は名脇役だ。
ほんの数人で敵地に侵入する工作員達をバックアップするのは飛行衛星カメラを通して見ている、遠く離れてたラングレーにあるCIA本部。全ての携帯通話は盗聴され、ピンポイントで映し出される。ジョージ・クルーニー主演「シリアナ」でも同様のシーンがある。
テロリスト達を上手く味方に丸め込ませたり、拉致する方法など巧みなやり方な頭脳戦には感心するが、人の命など微塵もない状況には悲しみを感じる。
爆破シーンはCGではなく安全な状態で実際に爆破させているため、人が吹っ飛ぶシーンがかなりリアルにみえる。

監督は「グラディエーター」のリドリー・スコット。このジャンルの作品でも最高の出来で作り上げている。来年再びクロウ主演の監督作「ノッティンガム」が公開予定。12月20日公開。


評価:★★★★



ワールドオブライズを見ました。リドリースコット監督、レオナルドディカプリオ、ラッセルクロウほか。

現場で命をかけるCIA随一のスパイと安全な場所で指令をする上司。
地球規模の爆破事件の黒幕を見つけるために嘘の頭脳戦を展開するが。

イスラムでの危険地域で爆破テロの黒幕を捜すサスペンスがリアルでディカプリオ扮するCIA
スパイの現場でのひとつの失敗が自ら危険にさらされる意味がよく理解できる。
クロウは確かに演技は見事だが、役としては賛同できない冷たく非情な人間ホフマン役だけに今までのように印象的には見れなかった。
とても緊張感あり先の状況が読みずらく信用できる人物まで疑わしく感じるかも。
リドリースコット監督は、やはり見応えある作品を作る。評価BBです。
12月20日より丸の内ピカデリー1ほか松竹東急系公開。 【松井】




この記事に

閉じる コメント(8)

是非共(o゚v゚)ノこの迫力は、これは映画館で観たいですっ!
ディカプリオ君は久しぶりですが、年取りましたねぇ(笑)
ぃゃ、当たり前ですが・・・・・^^;

2008/10/15(水) 午前 11:15 そらちょこまま 返信する

顔アイコン

ここ数年の彼のスタイルはこんな感じの役柄が多いです。
確かに昔ほど少年ぽさがなくなってますね。(笑)

2008/10/15(水) 午後 9:14 tomomithenet 返信する

顔アイコン

リドリー&ラッセルは期待せずにいられません。

シリアナでボートで突っこみ爆破するシーンが
なぜか忘れなれないシーンの一つなんです。

2008/10/16(木) 午後 8:51 kind 返信する

顔アイコン

このコンビの作品はほぼ期待通りです。

シリアナでは印象深いシーンがかなりありましたね。

2008/10/16(木) 午後 10:39 tomomithenet 返信する

「事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」みたいな作品で
個人的には、ハラハラドキドキしました。ラッセルとディカプリオの熱演も好みですし
嘘が一番嫌いだと言う人が一番大きな嘘を仕掛ける・・・そんなラストも面白く
デジタルなCIA対アラブ流仁義の「情」・・・対照的な手法も観ていて楽しめました!

2008/12/22(月) 午後 10:07 くるみ 返信する

顔アイコン

「大いなる陰謀」でもそうですが、上司や立場の偉い人は服も汚れない安全な場所で考えた作戦を指示するだけ。現場に出ている人は本部の指示や情報を信じて行動するしかない。そんな葛藤を感じさせる作品ですね。ラストのディカプリオの行動はまさに納得のいくものです。

2008/12/22(月) 午後 11:27 tomomithenet 返信する

顔アイコン

リドリー・スコット監督の手腕はさすがですよね。
レオさんのワイルドさに惚れ惚れしました。^^;
TB、お願いします。

2009/1/8(木) 午後 9:56 サムソン 返信する

顔アイコン

毎監督作にその手腕の凄さを感じます。
レオは益々威厳ある演技力を見せてくれますね。
TBありがとうございます。

2009/1/8(木) 午後 11:03 tomomithenet 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(26)


.


みんなの更新記事