身体と脳の可能性を求めて

地元の風景や居酒屋を紹介します。

全体表示

[ リスト ]

土佐炭火焼 うなぎ屋 源内 だぜぃ!

イメージ 1


お気づきの皆様もいらっしゃるでしょうが、

私事ながら5月〜6月にかけて多忙を極め、

ブログネタが溜まっていても アップ出来ずにいました。



こちらの源内さんも

お邪魔したのは開店して暫くの頃。


入明の店舗も雰囲気ありましたが、

新店の綺麗な外観にビックリしました。



イメージ 2


オシャレな建物!



土用の丑も近づいてきましたので

満を持して、ご紹介致します。



イメージ 4



奥から見たところ


向かって左手に座敷と厨房があり、



イメージ 5


こちらの奥はテーブル席が並びます。

リニューアルされて

うなぎ屋とは思えない

モダンな感じになりました。


さて、

メニューですが、


イメージ 6



昨今の諸事情により

鰻はお高い!


源内でも それは変わらず

かなり値上げされているような・・・


うなぎ丼特上が 3200円

うひょー! お高い



うな重特上 3900円

驚き 桃の木 山椒の木



何とか新喜劇ではありませんが、

今日は、

うな丼 上 ぐらいで許しちゃお!


イメージ 7


来ました!


意を決して頼んだ


うな丼(上) 鰻一本 2200円(ご飯大盛り+150円) 也


大散財です。


イメージ 8



肝吸いは250円もするので

止めました。



では、

ご覧頂きましょう!


イメージ 9


お新香と うな丼


シンプルな構成で、鰻に集中できます。


寄りましょう。


イメージ 10


どうでしょう!?

鰻一本に 包丁を入れたところ

段々になって 背も腹も
パリッと焼けている様子が分かるでしょうか?


逆光で 少し光が反射する辺りを見て頂けると

表面のパリパリ感がより分かると思います。


順光での撮影はこちら!


イメージ 11


見た目はこちらが美味しそうに
見えるかな!


鰻の表面は 焼いたそのままで 提供されます。

ご飯にのみ タレがかかり
鰻にはタレはかかっていません。


濃い味が好みの方も 心配は要りません。
テーブルには、タレがあります。


では、頂きましょう。


鰻の臭さは 微塵もなく、
表面ぱりっ、 中はふわっと、
高知流の 定番の焼き加減。

皮も固くなく 一回でかみ切れます。

タレの濃さも私には丁度良く
あまり甘さがしつこくありません。

薄味に見えますが 中に味がしゅんでます。

薄味好みの ご婦人は
タレの追加なく 頂けるでしょう。


最後の感想として

やっぱり うな重より うな丼の方が

食べやすいです。
(負け惜しみではありません)




ご馳走様でした。




イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(4)

それこそ今日、ここの看板を車から同乗者が見つけて、「源内がある〜!」と。わたしは、うなぎに縁がないので、「源内って??」と聞いたところ 高知ジャ有名なうなぎやさんとのお答え。そしていまあきちゃんさんのブログみて、納得!!
モダンすぎてうなぎ屋さんじゃないみたいですね。
わたしもうなぎにご縁がありますように〜笑

2012/7/6(金) 午後 4:28 [ しょこら ] 返信する

ショコラさん(^-^)v
うなぎに縁がないのですか?

食べられないの?美味しいのにね(>_<)

2012/7/6(金) 午後 11:32 [ あきちゃん ] 返信する

うなぎ食べられますよ〜〜〜。お高いので食べられない・・
おいしいうなぎ大好きだもん♪

2012/7/7(土) 午前 8:57 [ しょこら ] 返信する

顔アイコン

なーーーんだ!(・_。)ズリッ

確かに、それは、深刻な・・・理由ですね(*_*)

誰かにゴチになれますよう、祈っています。(~o~)

2012/7/9(月) 午後 0:20 [ あきちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事