ここから本文です
江ノ島や釣り施設での釣果記録。

2月21日 大磯

大磯到着は午前11時頃。

イメージ 1

外海は大荒れだが漁港内は穏やか。

満潮、濁りで見えづらいが岸壁中を探して掬う。

イメージ 2


何故かサザエが浅いところにたくさん付いて居る。

小さいのから大きいものまで。

イメージ 3


届く範囲で10個ほど獲れた。
でも同じくらいはしくじった。

ポロっと落ちてしまい、なかなか難しい。

イメージ 4


そしてタコ釣り、180円の餌木を買い足したが

イメージ 5

やはり安物は難あり。

とはいえこちらも何とか2ハイ。

イメージ 6

イメージ 7


小さい方はリリース。
サザエは知人にお裾分け。

お持ち帰り

イメージ 8

この記事に

2月7日 大磯

大磯到着は正午頃。

イメージ 6



先週とは違い濁りが入ってしまい海中が見えない。

イメージ 7


さらにうねりと強風で波立って浅いところも全く見えない。

イメージ 8



岸壁遊びには厳しい状況。
逆に魚狙いの人たちには良い条件が揃ったようでメジナ、クロダイが好調に釣れていた。

水面付近しか見えないが防波堤中を探して回ると小さめながらホラ貝を発見。

イメージ 1


大きなサザエを見つけるも、この日はすべてヤドカリ。

イメージ 2


掬いは早々に諦めてタコ釣りに。

以前浮気心で買っておいたイカ用餌木を思い出したので使ってみることに。

イメージ 3


釣れたが小さい。

イメージ 4


釣れる毎に小さくなって3ハイ。

イメージ 5


この日の釣果。

イメージ 9



タコ以外はリリース。
内臓抜きで

イメージ 10

この記事に

1月31日 大磯

岸壁遊びも意外と楽しく昨日も大磯へ行ってきた。

イメージ 1


やはり澄潮で海底までよく見える。

防波堤中を見てまわるがナマコとウニばかり。

かわいいヒトデ

イメージ 2


画像の小さいサザエは全部ヤドカリ。

粘り強く観察していると深いところにオレンジっぽいモノが付いて居る。大きなヒトデかなと掬ってみると30cmくらいのホラ貝。

3個見つけて2個掬えた。

イメージ 3


スロープの浅瀬には何故かアサリなどの2枚貝がポツポツ落ちていた。

イメージ 6



アサリはもう少し獲れたら持ち帰ってもよかった。

立ち入り禁止なので普段はあまり見ないテトラを覗いて見るとサザエを発見。

立ち入らないで届く範囲で、こちらもなんとか2個獲れた。

食べられるということで、お持ち帰りはこちら。

イメージ 4


ホラ貝は身を取り出すのとヌメリ処理が大変だった。

イメージ 5


強いコリコリ感で、甘味旨味少々な食味。

ホラ貝と比べるとサザエは安定した美味しさだった。

この記事に

1月24日 三崎 城ヶ島

釣り名人たちのブログを見ると三崎、城ヶ島でタコが釣れている。

磯のイシダイポイントの視察も兼ねて少し遠出してみることにした。

タコ仕掛けを使い果たしていたのでP佐原店に寄るもなんと棚卸し中、この時点で正午過ぎ。他の釣具店に寄る気力も無くタコ釣りは諦めた。

イメージ 1


冬ということもあるが素晴らしい透明度。

イメージ 2


海底まで丸見え。小さなメバルやメジナがたくさん泳いでいる。

そしてまたもやサザエを見つけてしまう。他にも色々見える。
見つけたら獲りたくなる。

ガンガゼ

イメージ 3


アカウニ

イメージ 4


ワタリ?

イメージ 5


ギンポ?

イメージ 6


そしてゴンズイ玉

イメージ 7


良いサイズのヤドカリも

イメージ 8

もう何個か獲れたら、砂糖漬けにして冷凍しようと考えたが1個しか獲れずにリリース。

サザエは深いところに居て、見えるけれど中々届かず難しかった。大きなヤドカリも。

イメージ 9


遊ぶのに夢中になってしまい視察する時間が無くなってしまった。

お持ち帰り

イメージ 10

刺身と壺焼きで美味しく頂いた。

この記事に

1月17日 江ノ島 磯遊び

天気良く海も穏やかそうなので、江ノ島の様子を見に磯遊びへ行ってきた。

表磯を釜の口から長磯まで探索。

イメージ 2


サザエ3個、タカラガイ多数、そしてアワビ?トコブシ?1個。

イメージ 1


意外と生息しているんだなと感じた。

手のひらサイズのタコも2ハイ発見。
1ハイは浅瀬に追い込むもあっさりと逃げられてしまった。

そんなに甘くないか。けれど、まあまあ
楽しめた。

少しだけお持ち帰り

イメージ 3

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事