ここから本文です

mode2ss RC JET

書庫全体表示

記事検索
検索

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Jet初め F22ラプター

3月18日(土)今年のJet初め。
阿蘇カルデラから外輪山へ吹き上げて来る横風がかなり吹いています。
来場者メンバー5名、シーズンスタートです。


イメージ 1
今年のJetは、F22ラプターからのスタートです。
Jetにはかなり厳しい風ですが、とりあえず組み立ててフライトの準備をしました。
給油を終え、これからエンジンテスト。
タービンは、永い眠りから一発で始動できました、好調の様です。


イメージ 8
少し風が良くなって来ましたので、今年のファーストフライトに行って来ます。
最初のフライトはいつもドキドキします。
スロットルを緩やかにあげ、機体が滑り出すとドキドキも最高潮に、機速が十分についたところでエレベータープルアップ! タービン音を残して浮いて行きました。
上空飛行になると、ドキドキしてる余裕もなくなり、曇り空の迷彩塗装ラプターを目でしっかりと追いながら姿勢制御、指へのフィードバックに全神経を集中します。
機体もタービンも好調の様で、昨年のフィーリングが段々と蘇って来ました。
1回目のアプローチでは、強風に押されてうまく行かずゴーアラウンド。
2回目でやっとタッチダウン、まだまだ未熟者です。


イメージ 7
続けて2フライト目に行って来ます。
2フライト目は、ドキドキも収まり精神的にもゆとりができ順調にフライト、と思いきや、さっそく小トラブル発生。
両メインギヤのギヤドアが閉じません。どうもサーボのギヤ舐めの気配。
これで今日は止めておけ、との天の声?
久しぶりにタービン音を聞いて、満足満足。


イメージ 2
小型Jet、フェニックスだったかな?


イメージ 12
ECUバッテリーの不良でフライトならず。


イメージ 3
ゼロ戦、GS機


イメージ 10
横風もなんのその、離陸しま〜す。


イメージ 4
P51ムスタング、GS機。


イメージ 11
風にあおられ、ゴーアラウンド。


イメージ 5
強風、横風でもこいつは良く飛びます。 FOX2.1S カシオペア
まだ未塗装、今年はちゃんと塗装しなくては。


イメージ 6
実機、ジャイロコプターも2機来ていました。


イメージ 9
本命のF22の方が忙しく、SM F15は、飛べず。 次回に持ち越し。
今年のJet初めは、幸運にも昨年より1か月以上も早く始まりました。


この記事に

先週、阿蘇の野焼きが終わり、今度の3連休(18〜20日)には、Jet(タービン)が解禁になります。


イメージ 3
天候が良ければ、行きたいと思っています。
写真は昨年のJet初め5月2日のF16。
昨年は、熊本、大分、地震発生のため、例年よりもかなり遅れてしまいました。


イメージ 1
先日から咲き始めた庭の桜が満開になりました。
毎年、このころになると染井吉野より一足早く咲きます。


イメージ 2
今年もきっとサクランボが沢山出来ることでしょう。
メジロや鶯もこの花に誘われて毎朝やって来ています。


この記事に

3月1日の朝、庭の木で鶯の初鳴きが聞こえて来ました。ホーホケキョがまだ上手く鳴けないようで何とも可愛らしい。
うぐいす陽気に誘われて、ちょっと息抜きに行って来ました。


イメージ 1
無風状態。
ノーズアップしにくい機体なのでべクタースラストONで離陸。
最近やっと、ベクターのセッティングが決まり、上空でのアクロが楽しくなって来ました。


イメージ 9
着艦、もう帰って来ました。
あっという間のフライトタイム、3’30”は短いですね。


イメージ 2
堤防下からも離陸、セメント舗装ですがかなりデコボコ。


イメージ 3
少し前になりますが、インパクションステイシー800Ⅲのメンテナンスを行いました。


イメージ 4
ボディーを脱がせて


イメージ 5
骸骨にします。


イメージ 6
テールサーボを点検します。


イメージ 7
リード線の出口辺りをルーペ検査、問題なし。


イメージ 8
出力ギヤーと軸受周辺を点検、これも問題なし。


この記事に

河津桜 半島一周

先日(2月25日)、河津桜祭りの半島に行って来ました。


イメージ 7
こんな景色のいいリアス式海岸を走ります。


イメージ 8
道中、漁師町の魚屋さんが経営する食堂で、混み合う前に少し早目の昼食を済ませます、750円でした。


イメージ 5
いよいよ河津桜祭りの半島めぐりが始まります。


イメージ 1
イルカ島の駐車場で一枚。


イメージ 2
青い海と桜のコントラストがとてもいいですね。


イメージ 3
半島の展望所からの風景。


イメージ 4
このショット気に入りの場所です。 小さな漁港が何ともいい感じ。


イメージ 6
峠の河津桜、車を止め、出店でおいしい物を買い込み、ゆったり散歩としゃれ込みました。 
毎年恒例のにょうぼ孝行です。これでまた、ラジコンを気兼ねなくできます。


この記事に

1月29日(日曜日)、まるで春の陽気、気温20℃もありるホーム飛行場。


イメージ 2
EDF、ペラ、ヘリとラジコンの三種の神器を持参。
F16の視認性向上のため、ノーズコーン、翼端、尾翼を白に塗って見ました。
すごくよく見えるようになりました、特に山影に入った時などコントラストが映えます。


イメージ 4
FW F16のGPSデーター


イメージ 3
A氏の新作機、ペラJETのF18が来ていました。
ェレロンミキシングのお手伝いしましたが、慣れないプロポのためェレロン特有のチャンネル指定が有るのに気付かづ四苦八苦、手間取りましたが何とか完了。
そのころには風が悪くなり初飛行は次回に延期と相成りました。


イメージ 5
当クラブ、懐かしのラジコン機収集家K氏の機体。
懐かしい京商Gトリック90、エンジンはYS110搭載とのこと。
この後エンジンの慣らし飛行に出発、よく飛んでいました。
少し甘めのニードルでもパワー十分、さすがはYS110。


イメージ 1
これも懐かしのラジコン機収集家K氏の機体。
こんな懐かしい機体も来ていました、ホクセイのエクストラ330L(90)。
その昔、私もこの機体気に入って立て続けに2機ほど購入。
何故立て続けに? 
実は、トルクロールの練習で立て続けに墜落させたのです。
その後、プライマスで90を数機壊しやっとのことでトルクロールを覚えました、今は懐かしく思い出されます。
カルトが消え、MKが消え、ホクセイが消え、JRも無くなり、ラジコン界もだんだんと寂しくなって行きますね。


この記事に

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事