ここから本文です
朝市珈琲

書庫新しい記事

すべて表示

さていよいよ「小中野えんぶり組」の公演です。
今年度、最終の「出番」ですね。
ご案内は演劇などでお馴染みの「柾谷伸夫さん」、昔ばなしや方言をまじえてにこやかに演目の紹介をしてくださいます。
イメージ 3

「小中野えんぶり組」
の「摺り込み」
「♪エンヤエンヤとえんぶり摺りの藤九郎が参り候 前田三千五百刈り 後田三千五百刈り 合わせて七千刈りの大田の大水口から植えて申したりヤイ!」
よくみると・・・後につづくチッコイのもいますね〜。
イメージ 1
「摺り初め」
「しょお〜が〜つ〜の〜ヤイいいわあいいに〜〜ドーサイ」
正月の祝に松の葉を手に持ちて祝いなさるものかな・・・が、なが〜〜い節回しで唱われます^^
イメージ 2
「どうさいえんぶり」は烏帽子に長いタテガミ状の五色のテープがついていて、太夫三人が同じ動作で舞います。

祝福芸のトップはやはり「松の舞」です。
かなりのチビッコが一人入っていますが、舞いが揃っております。
小中野の子どもたちのが「頑張り」が光っています。
イメージ 4
「大黒舞」、これも素晴らしく揃っています。
どこでシャッター切ってもいい。写真撮りやすい^^
イメージ 5
「恵比寿舞」、7人の恵比寿様ですから大漁間違いなしです^^
イメージ 6
やっぱりここでも「チビッコ」活躍です^^
イメージ 8
ときどき「ボケ」噛まして客を笑わせます。
一生懸命なんですよ^^
イメージ 7
「ボクもお忘れなく!」、後に親方、長老もひかえております。
イメージ 9
「鉄輪切り」、金の輪を使って様々な形を作ります。昔だったらマジックショーですね。これをあわせてやるのはさらに難しいでしょう。
イメージ 10
「♪かわりましては〜土瓶のかたち、ここに口先つかないばかり
あ、さて〜!」
イメージ 11
最後は「摺り納め」です。
なんだか脇の方で烏帽子を振っているチッコイのも うごめいております^^
イメージ 12
イメージ 17

「畔留め」、そして退場です。
イメージ 13
やあやあ素晴らしかったです。
今年のえんぶりを締めくくるに相応しい公演だったと思います。
お客様も大満足だったことでしょう!

と、まぁ・・・終わったからって真っ直ぐに家に帰ることはないでしょう・・・

キラキラとLEDが煌めく「みろく横町」を尻目に、その右隣のビルの地下に潜り込む私・・・
イメージ 14

ここは「とら旨」、何とかねじ込んでカウンターに仲間入り。
イメージ 15
ビールと適当に・・・「モツ煮」「ニラタマ」「焼そば」など頂きました。・・・でカンバンまで^^

さてと・・・運転代行に電話して、
いまごろになって雪が降って来ました。
雪はえんぶりのときだけにして欲しいのですが・・・
今年は雪ではなく雨でしたからね・・・・
駐車場でうらめしく上を見上げたら、
なんと、こんなところで就寝中の都会のカラス。
イメージ 16
山に帰りなさい!
私も家に帰ったら0時を少しまわっておりました^^
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
八戸情報のブログランキング参加中です。ぽちっとよろしく!




書庫その他の最新記事

すべて表示

  • ひさびさ「街っこ飲み」

    2017/1/29(日) 午後 6:09

    チョット前の夜、思い立って・・・めったに乗らないバスに乗った。 まあ、私が飲みに街に行くといえば言わずと知れた「ばんや」です。 とりあえず・・・生びーる、 そして旬の「ザルメと身欠きニシンの煮付け」。 ...すべて表示すべて表示

  • 一昨日まで積雪ゼロの八戸でしたが、今朝は15cm位の積雪があります。そんななか、八戸地方の伝統芸能「えんぶり」の練習が始まる「宿開き」 がありました。私の地元「小中野えんぶり組」です。 烏帽子にお神酒を差し上げて、組の隆盛と ...すべて表示すべて表示

  • 酉年ということでイロイロ

    2017/1/7(土) 午後 2:10

    穏やかなお正月で、なによりの八戸でございます。 干支の酉にちなむものをということで、出してみました。 申年から酉年へ・・・長崎県「古賀人形」の鶏抱き猿です。 こちらは、山形県 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事