ここから本文です
5月22日(日)、一夜明けて日曜日になりましたが、この日はチーズ屋さんスタートだったのでチーズ記事が続きます。

やってきたのは清澄白河の北海道産チーズ専門店「チーズのこえ」。
ちょっと前回訪問から間が空いたこともあってか、ラインナップが入れ替わっていました。

イメージ 1
オーチャード。
プレス(圧搾)して水分を抜いたセミハードチーズ。
見た目に分かる通り、表面近くはガッシリ、中はもっちりと食感に違いがあります。

イメージ 2
もっちりとしながらもシャリ感があったり、不規則に入った小さな気泡で食感のリズムに間が出来てなかなか楽しめます。
ミルクの香りは弱いですが、後半から残る高貴で無機質な白カビを思わせる味もなかなか。

味の弱さは気になるものの、要所要所に光るところのあるチーズでした。
7,600円/kg。

イメージ 3
アジアーゴ八十士。
穀物などの配合飼料を使用せず、ほとんど草だけで育てた牛の乳を使っているのだとか。

アジアーゴは、日本ではそれほど知名度が高くないものの、イタリアでは毎日食卓に並ぶといっても過言ではないほど一般的なチーズなのだそう。
このチーズは、生産者が特に名前を付けなかったのでチーズのこえのご主人が「アジアーゴに近い」ということで命名したのだとか。

イメージ 4
鮮やかな黄色が印象的。
塩の味が立っていて単調になるかと懸念したのもつかの間、塩味が2段階構造になっていて後半に「2つ目の塩味」が出てきます。

クセがなく食べやすいチーズでした。
8,400円/kg。

以前に比べると店員さんが一所懸命説明してくださるようになった気がします。
食べてみるとイメージと違ったりして、まだコミュニケーションは必要ですが、また伺うのが楽しみになりました。

今回購入したチーズはどちらも130g強。
大体このくらいのサイズから用意があるようです。
訪問を検討されている方はご参考までにー♪

この記事に

この日も色々チーズを購入しましたが、まずは「とっておき」とオススメされたこちら。

イメージ 1
ブラータ・アフミカータ。
ブラータは、モッツァレラで細かく刻んだモッツァレラと生クリームを包んだフレッシュチーズ。
アフミカータは燻製。

イメージ 2
ほんのり色付いた表面はべろんと1枚の層になっています。
見た目はプリンがスフレチーズケーキ、でも燻製の香ばしいこと。

イメージ 3
中心こそトロッとしたクリームの食感が残っていますが、水分は全体的に落ちている印象。
代わりに強い燻香がかなーりインパクト大で、意外に際立つ塩気と抜群にマッチしていました。

ブラータの時点で十分に魅力的なところへもって燻製ですからね。
それもかなり逞しい香りの強さ。
これはかなりクセになりますね。

イメージ 4
ブルー・デ・バスク。
フランスの羊乳製のブルーチーズ。

バスク地方は、フランスで最も多く羊乳製のチーズが作られる産地です。

イメージ 5
みちっと詰まって印象は固め。
かと思いきや口に入るとしっとりととろけます。

シャープな香りとピリピリとした辛み。

10,000円/kg強くらい。

イメージ 6
こちらはセルシュールシェル。

以前も紹介しているので説明は省きますが、状態がいいとイチオシされたので購入。
フレッシュにも見えますが、水分はしっかり抜けてほろりしっとりと繊細な食感。
強めの塩気で骨太の味わいで、確かにオススメされるだけある見事な仕上がりでした。
いい買い物したな♪

今週もありがとうございました!

この記事に

荻窪からふらふらと歩いて築地へ戻ります。
このところ日中はかなり暑くなるので、冷たい飲み物をいただきましょう。

イメージ 1
アイスアメリカーノ(360円)。
キンと冷えたアメリカーノ、結構量もあります。

グビグビいただきます!

イメージ 3
夏のターレットコーヒーさんといえばすっきりした水出しも待ち遠しいですが、アイスアメリカーノはどっしりした苦みがあって飲み応え十分。
冷たくて苦くて、パンチが強いです。

イメージ 2
場内移転まで半年を切っていますが、場外の「残される」側のお店にも変化はあったりするのでしょうか。
場内にばかり注目しがちですが、外にも目を向けることを忘れないようにしないと。

というわけで、寿司大スタートで長い1日でしたのでそろそろ帰ります。

この記事に

築地を離れて荻窪へ移動、11時半の開店時間に合わせて吉田カレーさんへやってまいりました。

11時20分頃にお店の前に着いて、前から5番目くらいで開店を待っていたつもりだったのですけど、11時半になる前に食べ終わったお客さんが出てきたのでちょっとびっくりしました。

イメージ 1
お店は先日までオープン以来初めての長期休暇を取っていたので、その分お客さんが集中していたかもしれません。
さらに、有吉さんと桜井さんのテレビ番組で荻窪のカレー屋さんが店名を隠して「Y」というお店として紹介されたということで、その煽りもあるのかも。

荻窪のカレー屋「Y」ねえ。

イメージ 2
30分ほど待って着席。
待っている間に思いついた注文があったので、できるか確認してお願いしました。

意外とすぐに登場したそのメニューとは・・・

イメージ 3
バナナミルク(プレーン)生クリーム追加(400円)。
どーんと来ましたよ(笑)。

メニューには、350mlあるので小食の方は注文しないでくださいとはっきり書かれています。
忙しいときは注文を断ることもあるそうなのでその点も注意が必要です。

イメージ 4
比較対象になるか分かりませんが、お冷と並べるとこんな感じ。
バナナ2本のプレーンと、3本の濃厚と、さらに上のアブノーマルと、3段階の濃さが用意されていますが、アブノーマルは冗談のようなので実質2段階なのだと思います。

イメージ 5
どろりとバナナの質感がところどころ残っている他、全体にどっしりと濃厚。
「飲む」というより「吸い上げる」という気合いが必要な重さです。

後半になると重く感じたり分離してしまったりしそうなので、早めに片付けるべくどんどん吸い上げます。

イメージ 6
甘口と辛口のMIXに薬味(ネギ、豆苗、生姜、カイワレ)と中華アチャール(大根、人参、生姜、クミン他)をトッピング。

ご飯は大・並・小の3種類のメニューがありますが、僕はご飯無しでお願いしました。
すると、後日お店の公式ツイッターにこんな情報が出ていたりして。
いつもありがとうございます。

イメージ 7
薬味はカレーに混ぜ込んで、軽く熱を通していただきます。
さっぱりいただけるのがいいですね。
最近はマストで注文している気がします。

去年の夏にいただいたミョウガや大葉の入った夏薬味も懐かしくなってきました。

イメージ 8
こちらは新定番の中華アチャール。
すごくザックリ言うと「辛みのある福神漬け」という感じ。
結構シャバシャバした水分を伴っているので、カレーに甘みと辛みがグングン馴染みます。

イメージ 9
MIXは、いつも通り恐らく甘口と辛口と分かれるように注いでくれていると思うのですけど、境目をみつけられませんでした。
製造工程で使われたと思われるお肉の大きめの切れ端が入っていたのがラッキー。

今回はバナナよりもりんごがはっきりと感じられました。
バナナミルクで強いバナナの風味を感じていたからかもしれません。
そうそう、そのバナナミルクはというと・・・

イメージ 10
全然減りません(笑)。
結構序盤からハイペースで飲み進めているつもりだったのですけど。

うーむ、この重量感。
カレーは飲み物、とよく言ったものですが、バナナミルクは食べ物でした(笑)。

イメージ 11
中華アチャールでホットになる口をバナナミルクでクールダウンさせながら食べ進めて、無事に完食。

バナナミルクは初挑戦でしたが、噂通りの濃厚さでガシッと心を掴まれました。
今回は、朝からの食事内容を考慮してキーマや豚トッピングを避けたので、すんなりバナナミルクを注文できましたが、次回からは迷ってしまいそうです。

カレーは相変わらずの絶品ぶり。
色々マイナーチェンジも試みているようなので、ルー自体も丁寧に味わわなければいけませんね。

また限定メニュー情報など気にしつつお邪魔したいと思います。
ごちそうさまでした!

この記事に

高はしさんを出た後は、ちょっと意外な展開で仲卸をぐるーっと回ったりしましたが、結局いつものコースに戻ります。

というわけで築地の〆は場外のフォーシーズンさん。
毎週欠かさず伺っていますが、記事にするのは久しぶりな気がします。

イメージ 1
オレンジスカッシュ(500円)。
レモンスカッシュはガム抜きでお願いしますが、オレンジスカッシュはガム抜きはNGなのでガム少なめでお願いします。

マスターがワッシャワッシャと手搾りで作ってくださるのですよ。

イメージ 2
このところ毎週レスカをお願いしていたので、オレスカは久しぶり。
苦味があるので、厚みのあるまろやかな味わい。
食感はつぶつぶが目立ちます。

やっぱり夏のスカッシュはいいな♪
スカッシュにフロート、今年もこれからの暑い季節にお世話になりそうです!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事