ここから本文です

よろず気になったら探索記

書庫全体表示

どうも!!ちょっと放置気味でしたが何とか元気ですwww

仕事の方が忙しく、火曜日はここ暫く連続で休日出勤だったもので・・・・・・
見ていただくと一目瞭然www体的にきつくなった月曜辺りは確実に放置でした( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

やっとの休日・・・・・・
忙しくて財布の中身も殆ど減らずwww
なのでここは自分に『御褒美』と・・・・・まあちょっと休日出勤帰りラーメン屋に寄り道をする事に・・・・・・
『幸村』か『しんの助』にでもしようかと思ったのですが、
一度どうしても行って確認したい店と言うか『事例』というか・・・・・・・

『鬼』は実際『鬼』であるのか如何かを確認すべく、『支那そばや本店』へと参りました。

正直言いますと・・・・・・
今回の記事は、書くことを躊躇っていた部分もあって、
このまま『お蔵入り』させようかとも思ったんですよね・・・・・・・・・

世間的に『旨い』と言う意見が結構多い店でしょうから、
σ( ̄。 ̄) オイラの意見は『異端』扱いかもしれんので・・・・・・
それでも『気になった』から『探索』した訳で・・・・それを書きなぐる事を捨てたら・・・・・・
このブログの趣旨は崩壊ですしね!!

まあ・・・・・オイラごときのブログが偉そうな( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
と、自分でも思いますが(≧∇≦)ブハハハ!

遠慮なく書きますと・・・・・・

はっきり言って・・・・・・・
この店・・・・駄目なんじゃないかね?

旨いまずい以前に駄目だと思う・・・・・・・・
正直意味不明な事柄がオンパレードの店で、何もかもが『上から目線』で作られてます。

まず店の入り口の告知文・・・・・・・・・
ρ(・д・*)コレを一目見たときから違和感は始まりました。

イメージ 1

・・・・・・・意味が解りません・・・・・・・・
震災で食材が入りにくいけど、厳しい中頑張ってラーメンだけ値下げしてやるぜ!!って感じ・・・・・・・・
ε=Σ( ̄ )ハァー

そしてその意味不明さは店内に入ってさらに強まる・・・・・・・
基本となるラーメンの値段がなんと『850円』だってよ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

トッピング増やすと普通に1000円オーバーwwwww
強気な値段設定だね・・・・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ

店内は夕飯時にもかかわらず、僅かに客は二人のみ・・・・・・・・・

まあ、相当食材にこだわってるらしいから、そんな値段にしてると、
そんな『主張』なんでしょうね・・・・・・
オイラは懐古趣味って事で『醤油むかし竹の子らぁ麺』900円にしました。

ここは食券を買って中に入るシステムを取ってるのですが・・・・・・・・
もうここでも『意味不明』が現れます。

入り口のすぐ傍に券売機があり、完全にお客の導線を無視した位置にあるんです。
出てくるお客と入るお客が完全に鉢合わせ!
しかも水やコップを置くカウンターがその先で道を塞いでいて、渋滞を誘発する造りになってるんです。

まあ、『閑古鳥』な状態でしたから、今回は問題なかったけどね・・・・・・・・

さらに気になったのが従業員の挨拶・・・・・・・・
いやー『暗い』!!とにかく『暗い』・・・・まるでやる気のない挨拶・・・・・・・
もうこの時点でオイラの頭の中は『大丈夫か?』の嵐です。

カウンターの一番右端の席に案内され席に着きましたが・・・・・・・・
(◎_◎) ン?
なんと端に見えたその席のさらに右側の『隙間』にもう一席あるではないか!!

混雑時にこの席に座ったら最悪である、隣がまだ食べてたら、
出るには迷惑が掛かるのは間違いないね・・・・・・・・謝りながら隙間から出るなんてねぇ・・・・・・・
この空間の無駄をもうちょっと考えてレイアウトしたら良かったのにね・・・・・・・

こりゃ・・・・・・オイラ達を『客』として数字で勘定しても、『お客様』とは思ってないのか?
疑念がどんどん沸いてきます。

まあ、『閑古鳥』な状態でしたから、今回は問題なかったけどね・・・・・・・・

見たところ厨房に『鬼』の姿はございません。
お弟子さんのみで切り盛りしている様子。

店内は食材の薀蓄が書かれていたりと、
高級感を演出している様子ですねえ・・・・・・・

5分程してラーメンならぬ『らぁ麺』がやって来ました。

イメージ 2

・・・・・・・・・・香りはいい・・・・・・
器もいいものを使ってます。それは直ぐ解りました!
しかし、何が気になるって・・・・・・これで本当に900円かい??

そんなに濁ってないスープなのに、麺が見えない・・・・・・・・
これは一目見て解ります。

あまりにも『ボリュームが無さ過ぎ』ですね・・・・・・・・

まあ、問題は味ですからね・・・・・
スープを頂きます。ズズーッ!
思った以上に『あっさり感』は無い・・・・・一口目は美味しいと思いましたが・・・・・・
魚介のダシも利いて、基本はいいお味です!!
しかし油も塩分もきつく、『支那そば』を名乗るには『くどさ』が・・・・・・・
一口飲んで旨かったスープは、飲み進めるうちに喉の奥に違和感が残るほどショッパイ・・・・・・・

麺とのバランスが取れてればそれもOKかな・・・・・と、麺をひとすすり・・・・

うっ。。。( ̄x ̄;)

はっきり言いましょう・・・・・・茹で加減と湯切りが下手なんでしょうね・・・・・・・
重曹臭さが口にわっと広がり・・・・・・麺の固さはグニャグニャ( ̄д ̄) エー
ちゃんと茹でれば旨い麺かもしれませんが、弟子が扱い切れない物じゃ『売り物としては失格』

それでも何とか破綻せずに食べきれるレベルを保ってる辺りは『流石』と言うべきでしょう。

素人目に見ても佐野実氏の料理の腕は確かなんでしょうね。
『基本設計』のレベルは高く、『本来の味』でしたら美味しいラーメンなんでしょう・・・・きっとね!

しかし・・・・・・『商売としての料理人』としたら、オイラの経験上では『ワースト10』に入るね。

あまりにも安定感の無い商品の『レベル維持』といい・・・・・
『客数』にのみ配慮した『店舗の設計』といい・・・・・
『弟子』である『従業員』の接客態度や調理レベルの維持、管理といい・・・・・
あまりにもコストパフォーマンスの悪い『商品』といい・・・・・

この店は『ラーメン』で何がしたいのかさっぱり解らない・・・・・

高級店で売るのなら、自分が厨房に立って『揺るぎの無い味』を見せ付ければいいのにそれは無し。

元々『支那そば』は大正時代に『中華麺』を元に作った『日本産』のジャンクフードの筈・・・・・・・
一杯で『満足出来る量が食べれる』ってのが基本理念だった食い物なのだがそれも無し。

庶民がちょっとした贅沢しながら和気藹々と食べれる雰囲気も無し・・・・・・・

食材が如何とか、自家製麺だとか、自己主張もいいけど、
これが『創作ラーメン』じゃなくて『支那そば』だって言うなら、
それはどうかね?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

はっきり言って、オイラは日立のとんかつの『とん』の接客を知ってるだけに、
あまりにもお粗末な接客に、これで『鬼』か?と思ったし・・・・・・

例え味は普通であっても、リーズナブルな値段と、『朝一番』からの営業を維持し続けてる、
泉区の『高社楼』の親父さんの方がよっぽど『ラーメン屋』だと思う。

小さい子供お断りとか昔は言ってた位だから、
少しは進歩したのかも知れんが、肝心のラーメンが退化してんじゃ意味無いね。

何より気になるのがラーメン値下げの件・・・・・・
何でわざわざ『大震災』を表に出す?
そもそも地震が無くても努力して値下げは可能だったって話じゃないか!

しかも値下げは基本の『らぁ麺』のみ・・・・・・・・
基本が下げれて他が下げれない理由は何だい?
全くもって意味不明!!

だとしたら『アイデンティティ』となるべき基本のラーメンに手を抜くの?

オイラだったら・・・・・・
全麺類の売り上げから『50円』を『義援金として寄付します』ってやった方がよっぽどかっこいい!

そう思いますけどね・・・・・・・

まあ・・・佐野氏曰く、『らぁ麺』とは、
麺が男で、スープが女だそうですから・・・・・・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

オイラはそんな金の掛かるばかりのややこしい男女には遠慮します。

お客さんは正直ですからね・・・・・・・・
閑古鳥も致し方ないのかも・・・・・・・・

今後良い意味で『変化』があったとの話が出るまでは、
オイラは(ー_ー )ノ" パスですわ・・・・・・・

ま・・・・オイラが偉そうに言う事じゃないかwwwwww

『きっと美味しい店』って事で終了です。

その後の訪問記事①

その後の訪問記事②


この記事に

開くトラックバック(0)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事