都市商業研究所(都商研)

「都市商業研究所」は学生主体の研究機関です。「市街地活性化・都市交通などに関するコラム」と「都市別の市街地紹介」をお届けします。

全体表示

[ リスト ]

東京都台東区  合併新発足:1947年3月15日
 【人口】175,928人(増加率:6.5%)、外国人数7,886人
 【面積】10.08k㎡
 【平均年齢】46.5歳
 【事業所数】25875事業所
 【年間小売販売額】5093.8億円(増加率:-4.5%)
 【大型店面積合計】100,050㎡
 【主要駅など】上野駅、御徒町駅、浅草駅、浅草橋駅、三ノ輪駅など
 【主な市街地大型店】丸井、ABAB、ヨドバシ、吉池、松坂屋、パルコ(予)/ROX西友、松屋エキミセ、ドンキ/ライフ
 【主な郊外大型店】 ―
 【主な撤退大型店】上野京成百貨店(→丸井)
 【主な商店街】アメ横、上中、御徒町、佐竹/仲見世、雷門、合羽橋/千束、吉原大門、いろは/柳橋など
 【主な観光地】上野公園、国立博物館、上野動物園、アメ横、浅草寺、雷門、隅田公演、谷中銀座
 【主な事業所】凸版、東京地下鉄、バンダイ、松坂屋、赤札堂、東天紅、NAIGAI、HEIWA、ライフ(以上本社・本店)


23区内随一の個性派商店街密集地帯(2)−上野から御徒町(南西部)
 
上野
 上野は江戸時代に寛永寺の門前町として発展を遂げた地区である。
 この寛永寺は幕末の上野戦争で焼け、その跡地に設置された広大都市公園が「上野恩賜公園」である。
上野恩賜公園には東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、恩賜上野動物園など数多くの博物館があるほか、春には800本の桜が咲き誇り、日本随一の桜の名所となっている。
イメージ 1
JR上野駅。
 
イメージ 41
上野公園。
 
イメージ 42
西郷隆盛像。
 
イメージ 2
東京国立博物館。

 上野駅は長らく東北本線の始発駅となっており、上野の街は「東京の北の玄関」とも称されていた。
 上野駅はバブル期には再開発され高層ビルになる計画もあったが計画は頓挫、東口の特徴的な駅舎は現在も健在である。2003年には駅構内に商業施設「アトレ上野」も開業した。
 上野駅の東側には台東区役所や東京メトロ本社がある。
イメージ 3
上野駅広小路口。
 
イメージ 4
上野駅前、浅草通り。台東区役所が見える。
 
イメージ 5
上野駅より昭和通り方面を南に見る。

 駅の西側に隣接する西郷会館(聚楽ビル)も2012年にリニューアルし、「UENO3153」と名前を変えた。
 上野駅公園口、駅の西南側の中央通り沿いには「ABAB赤札堂」「ヨドバシカメラ」といった大規模商業施設がある。ABABはスーパーマーケットチェーン赤札堂の運営するファッションビルであるが、2014年の改装により地階にスーパーマーケット赤札堂も出店した。上野駅周辺では数少ない食品スーパーマーケットである。
イメージ 6
上野駅公園口から南側を見る。高架沿いはアメ横、中央通り(広小路)を右(西)に行くと不忍通り。
中央にはヨドバシカメラが立地。
 
イメージ 7
上野駅公園口北側。上野公園通り、UENO3153前。
 
イメージ 8
中央通り、京成上野駅・ヨドバシカメラ前。
 
イメージ 9
中央通り(上野広小路)。左側にはABAB赤札堂が見える。

 不忍池に沿って更に西側に行くと、中華料理店や富士・別府でのサファリパーク運営で知られる「東天紅本店」があり、歓楽街も広がる。不忍通りを更に西に行き、文京区に入ると東京大学に至る。
イメージ 18
中央通りと不忍通りの分岐点。
 
イメージ 10
不忍通り、湯島附近。
 
イメージ 11
仲町通り。不忍通りに並行して中央通りから西に延びる。
 
イメージ 17
仲町通り。湯島方面。
 
イメージ 31
上野広小路から上野公園方面を見る。
 
 上野駅広小路口には「マルイシティ上野」(旧上野京成百貨店)があり、その南側に商店街が広がる。
 マルイシティに並行して南北に走る商店街は「ユースロード」「上野御徒町中央通り」「上野駅前商店街」がある。鉄道高架の東側を東西に走る商店街は「さくら通り商店街」、もう1つ南側の商店街は「Uロード商店街」という名称だ。
イメージ 12
上野駅前。マルイシティ上野が立地。
 
イメージ 14
ユースロード。丸井の東側から南に伸びる。
 
イメージ 15
上野御徒町中央通り。この辺りは飲食店やパチンコ店も多いほか、下谷変電所も立地。
 
イメージ 22 上野御徒町中央通り。御徒町側。
 
イメージ 16
上野駅前商店街。高架に沿って広がる。高架を挟んで西側はアメ横。
  
イメージ 13
ユーロード商店街。
 
イメージ 26
ユーロード商店街。昭和通り近く。

 そして、JRの高架線西側にあるのが有名な「アメ横(アメヤ横丁商店街)」である。
 アメ横は戦後の闇市が発祥であり、JR線の鉄道高架下にも縦横無尽に広がる。アメ横商店街は上野アメヤ横丁、アメ横中央、アメ横表通りの3つの商店街の総称である。また、鉄道高架下は「上野中央商店街」という独自の商店街を形成しているものの、これらも一部はアメ横と一体化している。
イメージ 21
アメ横商店街、上野駅側の入口から南を見る。
 
イメージ 23
上野中央商店街。鉄道高架下にある。
 
イメージ 25
鉄道高架下の様子。
 
 アメ横はテレビなどでは年末年始の生鮮販売が取り上げられることが多いが、それぞれの商店が取り扱う品目は多岐に亘っている。特にアメ横センタービル附近には外国人による店も多く、外国食材の販売も見られる。 アメ横センタービルがあまちゃんのロケ地となったことを機に、アメ横商店街では、新たな客の取り込みを図るために2014年にアイドル公演劇場の設置を行った。
 アメ横センタービルの東側に広がる商店街は「上野中通り商店街(うえちゅん)」だ。更に南に進むと古刹の摩利支天大徳寺があり、少し歩くと御徒町駅へと至る。ここから御徒町を経由して秋葉原までは徒歩15分ほどである。
イメージ 39
アメ横商店街。上野駅近く。
 
イメージ 40
アメ横商店街。
 
イメージ 20
アメ横と上中商店街の分岐点。アメ横センタービルが立地。
 
イメージ 24
アメ横商店街。2014年春放送のアニメの舞台にもなった場所。
 
イメージ 38
上中商店街、東西に走る通りも上中商店街となっている。
 
イメージ 27
上中商店街。
 
イメージ 19
たぬき小路。飲食店が多い。
 
イメージ 28
摩利支天大徳寺前の横通り。
 
イメージ 29
摩利支天大徳寺。

御徒町
 御徒町駅周辺にはオフィスも多いが宝飾品関連の問屋街が形成されており「ジュエリータウンおかちまち」の愛称もある。ユースロード商店街の南側にある「サファイヤストリート商店街」もこれに関連して付けられたものだ。
 鉄道高架の東側にある上野駅前商店街は、御徒町駅を境に「御徒町駅前商店街」と名前を変える。一方で、上野御徒町中央通り商店街はここに至っても名前は変わらない。 
イメージ 30
御徒町駅前。御徒町駅前商店街の上野駅側。
 
イメージ 32
御徒町駅前通り。
 
御徒町駅の西側もアメ横から続く商店街が広がるほか、百貨店「上野松坂屋」とスーパー「吉池本店」の2つの大型店がある。 
イメージ 33
広小路交差点より東側。
 
イメージ 34
広小路から御徒町駅方面。松坂屋と吉池本店が見える。
 
 上野松坂屋は名古屋のいとう松坂屋呉服店(現在の松坂屋本店)により1768年に開業した、都内でも老舗の百貨店である。中央通りと春日通の交差点に位置する現在の本館は1929年に建設されたもので、当時からのエレベータが今も健在である。2014年まで屋上遊園地が営業していたことでも知られるが、南館建替えに伴い規模は大幅に縮小されている。
 新しい松坂屋南館は松坂屋、パルコ、映画館の複合ビルとなる予定だ。地下には上野広小路駅があるが、これも1930年に松坂屋の出資により開業した駅である。また、大正時代より営業する老舗スーパーの吉池本店も2014年に建て替えられ、ユニクロとの複合ビルとなった。
 中央通り(上野広小路)はこれより南に行くと千代田区末広町を経て秋葉原となる。
イメージ 37
上野松坂屋。南館は建替え工事中。
 
イメージ 36
上野広小路から末広町・秋葉原方面を見る。松坂屋南館があった頃。
 
イメージ 35
閉園直前の上野松坂屋屋上遊園地。
 
【以降は「東京都台東区(3)」に続く】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事