都市商業研究所(都商研)

「都市商業研究所」は学生主体の研究機関です。「市街地活性化・都市交通などに関するコラム」と「都市別の市街地紹介」をお届けします。

全体表示

[ リスト ]

東京都台東区  合併新発足:1947年3月15日
 【人口】175,928人(増加率:6.5%)、外国人数7,886人
 【面積】10.08k㎡
 【平均年齢】46.5歳
 【事業所数】25875事業所
 【年間小売販売額】5093.8億円(増加率:-4.5%)
 【大型店面積合計】100,050㎡
 【主要駅など】上野駅、御徒町駅、浅草駅、浅草橋駅、三ノ輪駅など
 【主な市街地大型店】丸井、ABAB、ヨドバシ、吉池、松坂屋、パルコ(予)/ROX西友、松屋エキミセ、ドンキ/ライフ
 【主な郊外大型店】 ―
 【主な撤退大型店】上野京成百貨店(→丸井)
 【主な商店街】アメ横、上中、御徒町、佐竹/仲見世、雷門、合羽橋/千束、吉原大門、いろは/柳橋など
 【主な観光地】上野公園、国立博物館、上野動物園、アメ横、浅草寺、雷門、隅田公演、谷中銀座
 【主な事業所】凸版、東京地下鉄、バンダイ、松坂屋、赤札堂、東天紅、NAIGAI、HEIWA、ライフ(以上本社・本店)


23区内随一の個性派商店街密集地帯(3)−佐竹通りから浅草橋(南東部)
 
浅草橋・柳橋・蔵前
 台東区の南東部に当たる浅草橋駅周辺は「浅草橋人形問屋街」として発展した商店街である。久月、秀月、吉徳などの本店がある。
 浅草橋から少し北に進んだ蔵前地区は江戸時代に幕府によって大規模な米蔵が置かれた場所であり、この米蔵の設置が周辺の浅草橋、柳橋、元浅草、更には浅草地区の発展にも寄与したとも言われる。また、蔵前橋通り近くの「おかず横丁(蔵前本通り商店街)」は惣菜品店が多くあるが、これはかつて町工場が多かった名残である。
イメージ 1
浅草橋駅前、江戸通りより北。右側は浅草橋人形問屋街が広がる。奥に見えるのは蔵前の町並み。
 
イメージ 2
JR浅草橋駅。江戸通りに面する。
 
イメージ 18
都営地下鉄蔵前駅附近、江戸通りを北に進んだ地点。厩橋の西側。
 
イメージ 15
蔵前本通り商店街、通称「おかず横丁」。西側は清州橋通りに至る。
 
イメージ 17
蔵前・鳥越の街並み、おかず横丁の北側の通り。ココスナカムラ鳥越店が立地。
 
 秋葉原に近い浅草橋駅西口通りも商店街を形成しており、中堅スーパーマーケット「ライフ」の東京本社がある。ライフの本社が秋葉原の近くにあることはあまり知られていないであろう。道を挟んで隣には店舗もあるが、こちらは千代田区になる。
 浅草橋駅東側の柳橋中央通り商店街周辺には下町風情を感じさせる柳並木がある。
 このあたりは墨田区の両国、千代田区の秋葉原、中央区の日本橋人形町までは徒歩10数分であり、台東区内よりもそちらとの繋がりが強い。オフィスの狭間に江戸情緒漂う下町が広がる地区である。
イメージ 3
浅草橋駅から西側を望む。高架下には商店街が続き、電気街まで至る。
 
イメージ 4
浅草橋駅の東側、柳橋桜北商店街。高架の南側は柳橋桜南商店街。
この通りにも人形問屋街がある。
 
イメージ 5
柳橋中央通り商店街。浅草橋駅の東、江戸通りから東に延びる。
 
イメージ 6
神田川沿いの風景。奥には柳橋。
北側(左)は台東区柳橋、これより南は中央区東日本橋。
 
イメージ 7
柳橋。関東大震災の復興により建設されたもの。リベットが美しい。
 
イメージ 8
両国橋より。左側は台東区柳橋から蔵前、右側は墨田区両国。川を行くのは水上バス。
 
仲御徒町・佐竹通り・元浅草
 御徒町駅の東を春日通り沿いに進むと、昭和通りとの交差点に仲御徒町駅、更に東の清洲橋通りとの交差点には新御徒町駅がある。
イメージ 14
春日通り、仲御徒町駅前から御徒町方面を望む。
 
イメージ 9
新御徒町駅前。春日通りと佐竹商店街の交差点。
 
 新御徒町駅前には「佐竹商店街」がある。新御徒町駅は大江戸線とつくばエクスプレスの駅であり、駅の設置は2000年と新しいが、佐竹商店街の歴史は古い。
 佐竹商店街の名前は秋田藩主佐竹氏の江戸屋敷があったことが由来である。1969年からは全蓋式のアーケードが設置されている。秋葉原のアーケードが再開発により撤去された今となっては、東京で最も都心に近いアーケード商店街だ。
 
イメージ 10
佐竹商店街。
 
 新御徒町周辺は上野駅や御徒町駅からも徒歩圏ではあるものの、上野・御徒町駅周辺とは全く違った雰囲気であり、勤務者、地元民、駅利用者に親しまれる近隣型商店街となっている。
 なお、新御徒町駅の設置は新しいが、1971年までは春日通り沿いのアーケード入口前に都電竹町電停があった。都電とアーケードの邂逅はわずか2年間。電停名からも分かるように、この辺りの旧町名は竹町という。
 
イメージ 11
佐竹商店街。地元向けの店舗が並ぶ。
 
イメージ 12
南側は清洲橋通りに至る。350mほどのアーケード。少し歩くと蔵前地区。
 
イメージ 16
清洲橋通り。佐竹通りの南口南側近くにはイオンのまいばすけっとが出店。
 
 新御徒町の更に東に行くと、元浅草地区を経て蔵前に至る。この辺りには台東区南部区民事務所(支所)もある。元浅草地区の北側は合羽橋にも近いため、道具店も見られる。
イメージ 13
元浅草の北端。合羽橋の南、新堀通りから元浅草・蔵前方面の町並み。
 
 なお、昭和40年代の住居表示変更により、上野広小路から仲御徒町駅にかけては「台東区上野」、仲御徒町から新御徒町駅にかけては「台東区台東」、それより北側は「台東区東上野」という味気のない町名になってしまった。しかし、古い街の名前は駅名として、街路名として、今も生き続けている。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事