都市商業研究所(都商研)

「都市商業研究所」は学生主体の研究機関です。「市街地活性化・都市交通などに関するコラム」と「都市別の市街地紹介」をお届けします。

全体表示

[ リスト ]

大分県別府市  市制:1924年4月1日
 【人口】125,385人(増加率:-1.2%)、外国人数3652人
 【面積】125.23k㎡
 【平均年齢】47.1歳
 【事業所数】6332事業所
 【年間小売販売額】1239.4億円(増加率:-2.6%)(ゆめタウン開業前)
 【大型店面積合計】120,706㎡
 【主要駅など】JR別府駅、駅前バスターミナル(以下BT)、駅西口BT、北浜BT、別府交通センターBT・別府国際観光港
 【主な市街地大型店】トキハ、ゆめタウン、マルミヤ、別府ステーションセンター(B-passage、BIS)、ヤマダ、エディオンなど
 【主な郊外大型店】トライアル、山の手ライフガーデン(新鮮市場)、HIヒロセ
 【主な撤退大型店】近鉄百貨店(再開発予定)、ダイエー(→マルミヤ)、寿屋(→マルショク)、マルショク流川(→建替出店?)
 【主な商店街】駅前通、駅市場、北高架、ソルパセオ銀座、弥生、楠、流川、八坂通など/郊外:鶴輪、亀川など
 【主な観光地】別府温泉、地獄めぐり、ラクテンチ、スギノイパレス、城島高原パーク、鶴見岳、近鉄ロープウェイ、冷麺など
 【主な事業所】スギノイ、城島高原パーク、トキハ、ゆめタウン、マルショク(旧本社)、大分みらい信金(本部)
(人口など:'10年国調、面積:'12年国土地理院、事業所:'12年総務省経済センサス、小売:'07年経産省商業統計、大店面積:'12年4月)


 『中心市街地に集積する大型店の狭間で夜型へと生まれ変わる国際温泉観光文化都市の商店街』(2)
−浜脇温泉・鉄輪温泉・亀川温泉
 
 別府市の中心市街地は別府駅周辺に広がる「別府温泉」地区にある。しかし、別府市には「別府八湯」と言われるように複数の温泉街があり、また別府市は人口の9割以上がDID地区に居住しDID人口密度は6000人/k㎡を超え、多くの人口が狭い扇状地内に密集している。そのため、郊外地域にも多くの個性豊かな商店街がある。
イメージ 14
トキハ12階より郊外方面、北側を望む。マンションが多い。
 
浜脇温泉・浜脇商店街
 中心商店街の南端、楠銀天街において最も火災の影響を受けたアーケードから松原公園を経て南に10数分ほど歩いた場所には浜脇モール商店街(浜脇商店街)がある。浜脇商店街は東別府駅近くに位置し、浜脇温泉を核とした商店街である。ここは昭和末期に再開発が実施され、1991年からは13階建ての市営浜脇高層住宅下層階(1階、一部は2階まで)を用いたテナント型商店街に生まれ変わった。再開発に当たって昭和初期に建設されたアールデコ調の浜脇高等温泉の解体も行われたが、戦前の温泉建築の解体には賛否両論が起きたという。
 この区画整理・高度化事業からはずれた地域には、古くからの路地が多く、味わい深い町並みが広がる。別府市(1)においても触れたように別府市街地は戦時中に空襲に遭っておらず、この浜脇地区にも戦前の温泉街の街並みを感じされる建物が数多く残り、別府温泉地区と同様に古い街並みを歩く街歩きイベントが定期的に実施されている。JR東別府駅は現在も1911年の開業当時の駅舎を使っている。
イメージ 21
浜脇モール商店街。区画整理により13階建て市営住宅下層部に入居。左奥に市営浜脇温泉がある。
 
イメージ 17
浜脇高等温泉跡、市営浜脇温泉。アーチは浜脇高等温泉時代のものを復元。
 
イメージ 18
浜脇モール商店街。地場スーパーのマルショクも出店。
再開発前のマルショクは戦前の旅館を改築し1階が店舗、2階が社宅という造りであったが今は無い。
 
イメージ 23
東別府駅。明治44年築の木造駅舎。
 
イメージ 24
東別府駅構内。
 
イメージ 1
浜脇商店街周辺の古い町並み。貸席「ますや」と貸席「かしく」跡。
 
イメージ 2
区画整理が行われていない地区には古い建物や路地が多く残る。
 
イメージ 13
浜脇温泉、朝見川沿いより海側を望む。
 
イメージ 19
浜脇地区、朝見神社参道。参道の商店街。
 
イメージ 20
朝見神社。

別府国際観光港・港中央通り商店街
 中心市街地の北側に当たる餅ヶ浜地区の国道10号線沿いには大型店が多く立地する。ここは中心商店街から徒歩15〜20分ほど。
 この国道10号線の1つ山側には港中央通り商店街がある。別府市では最も新しい商店会。この辺りには学生も多く居住するほか、マンションも非常に多い。
 通り沿いにはマックスバリュ別府店も立地。少し北に進むと別府国際観光港がある。
イメージ 3
港中央通り商店街。周辺にはマンションが多い。
 
イメージ 4
別府国際観光港附近、左側は国道10号線。この1つ左側(西)に港中央通りがある。
 
鶴見・鉄輪温泉・鉄輪商店街・いでゆ坂
 鶴見・鉄輪地区にかけては鶴見通り商店街、つるりん通り(鶴輪通り=鶴見と鉄輪を結ぶという意)商店街がある。
 これらはいずれも1つの街路のロードサイド型商店街であるが、原(はる)交差点を境に南側が鶴見通り商店街、北側がつるりん通り商店街となっている。この2つを合わせた道路には「鉄輪線」という通称もある。
 鶴見通り商店街にはマルショク、コープ大分が、つるりん通り商店街には新鮮市場があり、徒歩客のほか車での来客も多い。また、つるりん通り商店街ではニュージーランドとの交流も行っている。 
イメージ 12
鶴見通り商店街。個人商店が多いほか、スーパーや銀行、病院も複数立地。
 
イメージ 31
つるりん(鶴輪)通り商店街。北に直進すると鉄輪温泉。右の山の上に見えるのは立命館大学。
つるりん通りには大手チェーンも多く出店するほか、マンション下層に出店する店舗も多い。
 
イメージ 25
つるりん通り商店街。左側に「ニュージーランドハウス」と呼ばれる公民館がある。
 
イメージ 33
鶴輪通りから下り、荘園・野口・市役所を経て別府駅に至るまで2kmほど個人商店などが続く。
この辺には商店会は無い。正面海沿いに見える大きなビルは3km先にあるトキハ別府店。
 
 鉄輪(かんなわ)温泉地区は温泉街の中心ともいえる地区。鉄輪商店街があるほか、多数の温泉旅館や芝居小屋などがあり、温泉街が広がる。地獄めぐりもこの周辺である。
 周辺の商店やスーパーでは、温泉の噴気を用いて調理する「地獄蒸し」用の野菜なども販売されている。
イメージ 30
亀の井バス・鉄輪バスセンターの待機所。バスの本数は比較的多い。
 
イメージ 22
鉄輪温泉地区の商店街、いでゆ坂、みゆき坂、鉄輪商店街の交差点。
横通りが鉄輪商店街、直進するとみゆき坂通り。右側は鉄輪バスセンター。
 
イメージ 7
鉄輪温泉街。いでゆ坂とゆけむり通り交差点附近。側溝からも湯けむりが立ち上る。
 
イメージ 29
鉄輪温泉街。いでゆ坂。
 
イメージ 26
鉄輪商店街。飲食店も多い。南に直進するとつるりん通り商店街。
 
イメージ 16
鉄輪温泉街。みゆき通り。
 
イメージ 5
地獄めぐりの代表格、海地獄。
 
別府大学通り商店街
 別府大学駅周辺に東西に延びる通りは大学通り商店街である。通り沿いにはマルショクがあるほか、西側には別府大学があり学生が多く歩く。
イメージ 6
大学通り商店街。右の茶色いビルは別府大学駅ビル。留学生会館との複合施設。
 
イメージ 32
大学通り商店街、別府大学から海側を見る。
 
 亀川温泉・亀川商店街
 JR亀川駅近くの亀川温泉周辺には亀川商店街がある。
 亀川地区は1935年の別府市合併まで「亀川町」という自治体であり、比較的規模の大きい独自の商店街が形成されている。
 亀川地区は立命館アジア太平洋大学に近く、学生も多いことから、学生を生かした街づくりへの取り組みも行われているほか、国立病院や社会福祉法人太陽の家(身障者が勤務できる工場が多く立地する)もあるために、バリアフリー化を行っている店舗や温泉もある。
 亀川商店街周辺は学生向け・ファミリー向けマンションが多く立地し、新たな住民が多いにも関わらず、商店街は古いまま生まれ変われていない部分が多い。今後は新たな居住者を取り込んでいけるような街づくりが求められよう。
イメージ 27
亀川商店街の末端部。温泉も複数ある。
 
イメージ 8
亀川商店街、亀川筋湯前。奥に見えるマルショクは建物の一部でしか営業していない。
 
イメージ 9
亀川商店街。直進するとJR亀川駅。
 
イメージ 28
亀川商店街口よりJR亀川駅東口方面を望む。マンションが多く立地。
中央奥、左側に亀川駅がある。左折すると太陽の家・国立病院に至る。
 
イメージ 15
亀川駅西口近く、太陽の家・国立病院前。
太陽の家が運営する完全バリアフリースーパー「サンストア」は周辺住民も多く利用する。
 
イメージ 10
JR亀川駅前(東口)、亀川温泉街入口。
 
イメージ 11
JR亀川駅東口。特急列車も一部停車する。2010年に建替えられ橋上駅舎となった。
 
取材協力:駅前通り商店街の皆さん、プラットフォーム08

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事