都市商業研究所(都商研)

「都市商業研究所」は学生主体の研究機関です。「市街地活性化・都市交通などに関するコラム」と「都市別の市街地紹介」をお届けします。

全体表示

[ リスト ]

高知県四万十市 市制:1954年3月31日 合併新発足:2005年4月10日
 【人口】35,933人(増加率:-5.2%)、外国人数108人
 【面積】632.42k㎡
 【平均年齢】49.5歳
 【事業所数】2411事業所
 【年間小売販売額】476.4億円(増加率:-4.5%)
 【大型店面積合計】53,785㎡
 【主要駅など】土佐くろしお鉄道中村駅
 【主な市街地大型店】マルナカ中村一条店、フジ中村店、アピアさつき
 【主な郊外大型店】フジグラン四万十、マルナカ四万十店
 【主な撤退大型店】中村スーパーマーケット
 【主な商店街】天神橋、一条通、京町通、東下町稲荷通、栄町、大橋通/奈路
 【主な観光地】四万十川一帯、中村城、かつお、テナガエビ
 【主な事業所】中村ソーイング、アロインス製薬、新ロイヤルホテル四万十、幡多信金(以上、本部)
(人口など:'10年国調、面積:'12年国土地理院、事業所:'12年総務省経済センサス、小売:'07年経産省商業統計、大店面積:'12年4月)


「土佐の小京都」にある「四万十の新宿」
 
中村
 高知県四万十市は四万十川の河口附近に立地する高知県西部・幡多地区の中心都市である。
 2005年に隣接する西土佐村と合併する前までは長らく「中村市」という名前であった。中村市としての市制は1954年と高知県では高知市に続いて2番目である。
 現在の四万十市の人口は約3万5000人と非常に小さな都市であるが、中心部の中村地区は幡多地区にある宿毛市、土佐清水市、幡多郡9万人の中心地として大きな都市集積を築いている。
 この中村地区は戦国大名である一条氏が京都を模した街づくりをしたことから「土佐の小京都」とも称される。
イメージ 37
中村城(模擬天守閣)。
 
イメージ 5
四万十川。
 
イメージ 40
テナガエビは四万十の名産。

 四万十市の中心市街地は四万十川下流に形成された沖積平野である中村城下に広がる。
 中心市街地の南端には土佐くろしお鉄道(旧JR中村線)の中村駅がある。中村駅の駅舎内は改装されて綺麗になったばかり。この内装リニューアルは2014年10月には鉄道デザインの世界的コンペであるブルネル賞の優秀賞を受賞した。
 この中村駅の駅正面にあるパチンコ店は、現在の四万十市役所建替えの2010年にパチンコ店の内外装のまま市役所の仮庁舎として使われ話題となった。駅前の国道439号線(国道56号の旧道)沿いには大手百貨店の高知大丸四万十店(小型店)も立地する。 
イメージ 6
土佐くろしお鉄道中村駅。
 
イメージ 7
駅構内。改装されたばかり。
 
イメージ 9
中村駅前。向かいに見えるパチンコ屋は旧市役所仮庁舎。横断歩道の場所が国道439号。
 
イメージ 8
国道沿いの商店街。大丸百貨店が見える。
 
 国道439号線に沿い、中村駅の北側にはショッピングセンターの「アピアさつき」がある。中村スーパー、ゲオなどを核とした駅前ショッピングセンターであったが、2014年9月の中村スーパー経営破綻により、現在は1階の大部分が空き店舗となっている。(追記:2015年にサニーマートが出店した)
 この通りの更に北側には四国最大手スーパーであるフジが運営する総合スーパー「フジ中村店」もある。駅から10分ほど歩き、国道439号線に沿って土佐くろしお鉄道宿毛線の高架橋を越えると、中村の中心部となる。
イメージ 10
国道沿いの商店街、中村駅附近。
 
イメージ 11
アピアさつき。
 
イメージ 12
フジ中村店。
 
 高架を越え、少し進むと国道沿いには京町商店街が形成されている。京町商店街あたりはもともと中村城の城下町であり、現在も古い個人商店が多く立地する。この京町商店街の核店舗も中村スーパーであったが、店舗は閉鎖された状態となっている。また、京町通りの西側に並行して走る商店街の核店舗も中村スーパーであったが、こちらは経営破綻前に閉店しており、本社として使われていた。このあたりから西を見ると、中村城を遠望することができる。
 中村城は為松城の別名を持つ平山城で、戦国大名として名を馳せた一条氏が築いたもの。中村城には模擬天守が設置され、博物館となっている。「土佐の小京都」と呼ばれた城下町の町並みはこの辺の地域を指すが、この地域は1946年の南海地震の被害が大きかったために古い町並みの多くは失われてしまったという。
 京町商店街の東側にも個人商店が多く立地するほか、四万十市民病院を始めとして複数の病院が立地する。
イメージ 25
国道439号線沿い、高架を越えた辺りから東側。
 
イメージ 13
国道439号線・京町商店街。一条通りとの交差点附近。
 
イメージ 34
京町商店街。
 
イメージ 21
京町商店街より北側。中村スーパー前。奥は四万十川になる。
 
イメージ 23
京町商店街の西側の商店街より一条通り方面。中村郵便局が立地。
 
イメージ 35
郵便局近くから西側を見ると中村城が見える。
 
イメージ 24
京町商店街の西側の商店街。中村スーパー前。郵便局方面を見る。
かつては隣接地に「中央マーケット」もあった。
 
イメージ 22
京町商店街の東側、市民病院の前の街並み。
 
 京町商店街の南側に東西に交差する通りは一条通り商店街である。この一条通りは一条氏の祖先を祀る一条神社も立地していることに由来したもの。一条通り商店街を更に西に進むと天神橋商店街となる。
 天神橋商店街は高知県西部で唯一のアーケード商店街。2012年にはフジテレビ系ドラマの舞台となったことでも話題となった。商店街はウェブサイトも開設しており、2014年にはアーケード照明がLEDに更新されている。
 一条通り商店街と天神橋商店街の接続地点にはイオングループとなった地場大手スーパーのマルナカも出店しているほか、通りには金融機関、コンビニ、衣料品店、飲食店、宝石店、写真館、楽器店など様々な業種の店舗があり、「四万十の新宿」とも称される。毎週日曜日には日曜市が開催され賑わう。
イメージ 27
一条通り商店街。
 
イメージ 28
一条神社。
 
イメージ 29
天神橋商店街東側入口、マルナカが立地。
 
イメージ 30
天神橋商店街。西側を見る。
 
イメージ 31
天神橋商店街。東側を見る。奥は一条通り。
 
イメージ 32
照明はLED化されている。商店街灯は赤トンボを模したもの。
  
イメージ 33
天神橋商店街、西側。右に曲がると東下町稲荷通り商店街。

 天神橋商店街の西側には東下町稲荷通り商店街がある。このあたりも綺麗に整備されており、飲食店が多く立地するほか、四万十随一の高層シティホテルである「新ロイヤルホテル四万十」がこの北側にある。
近接する栄町商店街も同様に飲食店が多く、歓楽街的様相を見せる。 
イメージ 20
東下町稲荷通り商店街。
 
イメージ 26
東下町稲荷通り商店街。
 
イメージ 19
京町から見た新ロイヤルホテル四万十。
 
イメージ 39
新ロイヤルホテル四万十附近には古い街並みも残る。東下町、天神橋との交差点附近。
 
イメージ 18
栄町商店街、市役所近く。奥に見えるのは四万十市役所。
 
イメージ 36
栄町商店街。奥に見えるのは天神橋商店街のアーケード。左奥にロイヤルホテルも見える。

 更に南に行くと、国道56号線の旧道に出る。国道56号線の旧道沿いには中村大橋通商店街が形成されている。大橋とは四万十川にかかる四万十大橋のこと。
 この辺りに四万十市役所もある。市役所は建替えられたばかりであり、中村城下のランドマークとなっている。
イメージ 16
中村大橋通り商店街。東側を見る。左側に曲がると東下町稲荷通り、一条通りに出る。
 
イメージ 17
中村大橋通り商店街。西側を見る。右に見える建物は四万十市役所。
 
イメージ 15
四万十市役所。
 
 なお、中村城下から西に2キロほど行った四万十市具同地区には多くのロードサイド店舗集積がある。フジグラン、マルナカなどのショッピングセンターや総合スーパーも多く立地する。
 四万十市でも商業の郊外化は大きな問題となっているが、人口規模の割に中心市街地はそれほど衰退しておらず、郊外のショッピングセンターとの棲み分けも出来ているようである。
 その要因としては、中心商店街に地場大手スーパーがあることや、商店街利用客が四万十市役所の駐車場が無料で利用可能であること、狭い範囲に大きな飲食店街の集積があることなど複合的なものがあろう。
 しかし、高知県西部・幡多地区では全市町村とも人口減少率が非常に高く、郊外化よりも少子高齢化のほうが深刻な問題となっているほか、隣接する土佐清水市、宿毛市などの中心市街地は四万十市中村地区と比較して衰退が著しいという現状もある。 
イメージ 14
ロードサイド店舗が集積する国道56号線沿い。

西土佐(江川崎・奈路)
 西土佐村は四万十川中流域に位置する人口約4000人ほどの村であったが、2005年に中村市と合併した。かつて役場があった江川崎地区には規模は小さいながらも奈路商店街という商店街がある。
 この江川崎は2013年に国内観測史上最高気温となる41.0℃を記録したことでも有名となった。
イメージ 2
奈路商店街。
 
イメージ 1
奈路商店街。旧役場近く。
 
イメージ 3
江川崎駅。
 
イメージ 4
旧西土佐村の風景。四万十川。
 
イメージ 38
四万十川沿いにある半家(はげ)駅は平家の落人が住んでいたことに由来する地名。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事