ここから本文です

束の間の

盲導犬候補だったラブラドールレトリバーのエミルが、盲導犬適性試験に落ち、正式に我が家の犬になってからもう4ヶ月になろうとしている。エミルもすっかり‘我が家の犬’然としてきた。我が家の犬になる!と決まった時の、息子の晴空の喜び様はそれはそれは、だった。初日の夜のことは今でも覚えている。晴空はエミルと一緒にソファで寝る!と聞かなかったのだ。今日だけ特別だぞ、とそれを許すと、本当にソファで仲良く寄り添いながら寝だしたのだった。

イメージ 2


さすがにこの体勢のまま寝るのは無理あるだろ、と思っていたが、

イメージ 1



本当にスヤスヤ寝だしたではないか!ちゃんと馴染み、しっかり寄り添って寝てるじゃないか!と、微笑ましさを感じながら、俺は風呂に入りに行き、そして風呂から出てまた見てみると









イメージ 3



いやエミルを枕にしてる!笑
束の間だったーー。しっくりきてたの束の間だったーー。
エミルは堪らず、

イメージ 4



まあ、こうなるわな。


仕方ないから

イメージ 5



レトリバー枕をエミルの代わりに寄り添わしました、とさ。アーメン。
でわまた!

この記事に

開くトラックバック(0)

赤ペン先生

娘が赤ペン持ってニヤニヤしてる。

イメージ 1



一体なにをたくらんでおるのだ?

ん??

イメージ 2



みずほ銀行からもらったカレンダー全部祝日にしてくれてたー!笑
嬉しいー!でも俺の職業は日曜祝日とかとはまったく関係ない職業だったー。アーメン。
でわまた!

この記事に

開くトラックバック(0)

ロケ前乗り

昨日仕事で泊まったホテル、面白ホテルだったなぁ。とにかく朝食を推してくるホテルだった。夜24時過ぎにホテルに着きチェックインしたんだが、とにかく朝食の時間だ朝食の場所だの説明を長々とされた。俺は(今日はもう遅いし早く部屋に入りたいのになぁ。第一明日の朝俺は朝食を食べるかどうかわからないのになぁ)と思いながら聞いていた。
そして、今日の朝、俺は6時半に起きてシャワーを浴び、髪を乾かそうとドライヤーを探すと、部屋のどこにもドライヤーが見当たらない。しかたなくフロントに電話したら、あろうことかフロントに取りに行くシステムだと言うのだ。いや俺今パンツ一丁なんだけど!俺はパンツ一丁で髪乾かしたい派なんだけど!と思いながらも、わざわざ着替えてフロントまで取りに行った。するとドライヤーを渡されがてら「お客様、朝食の準備できてますのでお早めにどうぞ!」と言われた。いや強制!?朝食強制!?どんだけ推してくるんだよ朝食!「お庭が見えるお部屋での朝食になりますので、そちらの方もご堪能ください」だと。なるほど、朝食券とかで食べるか食べないかはお客さんの自由系のホテルじゃなく、ちゃんとお客さんそれぞれに朝食を用意してくれるパターンのホテルか、ならば食べに行ってみよう!と思い、髪を乾かしたあと食べに行った。いや庭殺風景!!

イメージ 1



そして鮭と白ご飯と海苔と味噌汁!
質素!なんであんなに推したんだよ!朝食はいいからドライヤー各部屋に置いてあげてくれ!アーメン。
てわまた!

この記事に

開くトラックバック(0)

沖縄

昨日まで沖縄でお仕事だった。ちょうどゴールデンウィークだし、家族も沖縄に連れていった。空き時間には海にも行けた。

イメージ 2


イメージ 1


天気もまずまずだったし、海も綺麗で楽しかった。「海遊び」の後は恒例の「埋め遊び」をやった。まずは晴空。


イメージ 3



そして鼻ポテト。それを抜いて食べる陽彩。笑

イメージ 4



お次は「パパの番だ〜!」だと。

イメージ 5


イメージ 6



お、おい!や、やめろよぉぅ〜!

イメージ 7


イメージ 8



身動きとれなくなるだろぅ〜!や、やめろってぇ〜!

イメージ 9



いやまだ途中!!足が自由に動かせる!最後まで埋めろや!何2人で飽きて‘たこ焼き’食べてんだよ!アーメン。
でわまた!

この記事に

開くトラックバック(0)

宿題

息子の晴空が今年で小学4年生になった。今回初めて男の担任の先生になったみたいだ。その先生のだす国語の宿題が面白い。毎日その日習った漢字を復習させるのは普通だが、水曜日だけは月曜火曜と習った漢字を全部使って自由に創作文を作らせるという宿題らしいのだ。今週の月曜火曜で晴空が習った漢字は
「児」「巨」「席」「然」「巣」「達」「特」「得」「養」「老」
の10個だったようだ。そして昨日が水曜日。この漢字を使った晴空の創作文はこうだった。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



なんて素敵な文だ!息子晴空よ!パパは感動したぞ!ちょいちょい「何で〜〜かって?」(誰が聞いてるんだよ!?)とか「あ、もうこんな時間だ」(ユリオカ超特Qか!)とか「また今度ね〜」(また会うつもりかよ!)とか、なぜか‘1人語り風’の文体が笑える。そして何より熊本の地震のことを心配している部分に感動する。まだ熊本がどこにあるかとか、どれくらい離れてるかの距離感とかもよくわかってないであろうに、そんな小4の息子でも遠く離れた熊本の人達を心配していることに心を打たれた。先日ツイッターにもあげたが、1歳の妹の足いっぱいに「うんこ」とかイタズラ描きしてた同じ奴が書いた文とは到底思えないぜ。アーメン。

イメージ 5



俺たちトータルテンボスも熊本は毎年全国ツアーで訪れている県。そこでお会いしてきたあの人達のあんなに素敵だった笑顔が、今は曇っているのかと考えただけで心が痛む。今年も絶対に熊本は行く。絶対にまた笑わせに行くから、俺たち風情にはそれしかできないから、今はとにかく不安だろうけどどうか頑張ってください。息子ともども応援しています。
でわまた!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事