ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

ご報告とお願い

お騒がせしております著作権の一件につきまして、今まで経緯をお伝えしてまいりましたが、ここで一つ終止符を打ちたいと思います。
結論から言えば
・手芸本などに掲載されている「技法」に著作権は及ばない。また、製作販売も問題はない
・意匠権、実用新案、商標登録がなされていれば、その許諾を必要とする(登録の有無は特許庁のデータベースで検索出来ます)
・作例などの作品には、著作物としての権利は発生するみたいですが、法的な問題というよりもモラルの問題なので、やはりデザインの考案者さんと連絡が取れれば、許諾を得た方がいいが、法的に罰せられる可能性は極めて低い。誰がデザインしたんだかもうわからんみたいな普遍的なデザインの場合も、特許庁に登録してない以上、許諾は必要ないと思う。
・だから皆様怯えずに手芸(ハンドメイド)頑張って勉強して、腕を磨いて、どんどん広げましょう。

という事です。

今回一連の騒動で、改めて思った事なのですが、権利を守る事、仕事を阻害する事があってはならない。
しかし、文化に関わる以上、やはりオープンマインドに、その技法、レシピなどを公開していく必要性を強く感じました。
そこに金銭のやりとりが発生する事は、ある程度勉強して、技術を磨いて来た人ならば、咎められてはならないし、無料公開だろうと、書籍だろうと、ブログであろうと何であろうと同じ事なのです。
その姿勢は歪められてはならない。
製作販売、情報を提供する人達というのは、いつも大切なバトンを持っているのだと自覚しなければならないのです。
文化、技法、技術という大切なバトンを。
販売という形、教えるという立場、色々あるとは思いますが、そのバトンは、自分のところだけで止めていいものでは決してありません。自分の利益だけを考えて、止めてはならないのです。
手に取って貰った人に、勉強したいと思う人に、昔々から受け継がれて来たバトンを、次に渡すのだという自覚。

利益を上げる事は、現代社会では必須でしょうが、それだけではない重み、そういうバトンを扱う仕事、趣味なのだと自覚すれば良いだけの事なのです。
多分。
どうしたら、誇りを持って、仕事を出来るでしょうか?
どうしたら、もっと広がりを持たせられるだろうか?
我々モノを作る人間の根幹にあるものは、きっと同じじゃないだろうかと思うのです。

せっかくモノを作るという事に出会えたのだから、その歴史、その未来を感じてモノを作って行ければ、きっと、きっと未来はそんなに悪くはないだろうな、と思うのです。

今一度、考えるきっかけになると信じて。

桃源郷 神田 よろと

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事