ここから本文です

こっそりワイスピ?!

あの〜、これってワイルドスピードのモデルですよねぇ?
とメーカー様にお聞きしたいです!

というのがコチラのモデル。

だって、パッケージに描かれている商品画像って同社の1/43スケールでリリースされている「ワイルドスピード」シリーズの製品ですよねぇ

ただ、今回リリースされた商品のパッケージにはどこにも「ワイルドスピード」「FAST & FURIOUS」のロゴが見当たりません・・・
ライセンスの問題でしょうねぇ。きっと。。。(^^;)

同時にリリースされたミニカーは全6種。
上記の1970ダッジ・チャージャーの他に、

1967フォード・マスタング。

これは東京ドリフト登場モデルでしょ?

それから1970ダッジ・チャレンジャー。

これはX2でブルーの1969イェンコ・カマロと一緒に登場した車体でしょ?


それから、レッドとプライマーグレーの1970シボレー・シェべル。
これはMAXですね。


最後にブルーのR35・GT-R。

これはスカイミッション登場モデル?
ボンネットがカーボン仕様ではなく、ブルーもちょっと明るい色ですが・・・
どうなんでしょう?

という訳で、私は「ワイスピモデル」と解釈し、自分なりにディスプレイを楽しむのでした〜 ^0^/

例によって100円ショップで購入した小型のコレクションケースを少しだけ装飾。
こんな感じ。。。

イメージ 1

前回のブリット×マスタングの時と同じように、適当な画像を厚紙にプリントしてケースの大きさに合わせてカットし、両面テープで貼りました!!

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

ドミニク役を演じているヴィン・ディーゼルのモノクロ写真もカッコいいっ!


100円ショップのケースでも1/64スケールのミニカーをディスプレイするには丁度良いですね〜 ^^


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

他の5種類も作っちゃう?!




この記事に

今回の題材はコブラ!
そう、前回、F100にホイール&タイヤを持っていかれ、「その後はどうなるの〜?」という状態だった車体。
WELLYの1/24スケールモデルです。

元々はこんな感じ。

コブラにしてはちょっと腰高な印象。
私としてはフェンダーとタイヤの隙間が気になります ^^;

そこで〜。
これまでにも当ブログで登場したこともある、FUJIMIから出ている改造パーツ、「RSワタナベ深リムホイール」をセットしたいと思います!!

いえ、もうやっちゃいました!! (笑)

こんな感じ!

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

どうですか?
車高ベタベタ、タイヤはパッツンパッツンのブリブリマッチョ仕様です!

タイヤも一応、回転しますよ〜。^^
サイド出しのマフラーも位置変更することなく、何とか地面に擦らずにイケました。

ノーマルと比較すると大分、印象が変わりましたね!

イメージ 4
イメージ 5

さあさあ、どのようにしてこうなったかというと???

イメージ 6
この辺りの車高を下げる過程で邪魔になる箇所を徹底的にカット!
ニッパーやカッターなどで思い切ってやっちゃいます。

イメージ 7
シャーシパーツも大胆にカットして形状変更します。
粗くカットした後はヤスって平滑にならしています。
リューターやドリルなど電動工具も使ってます。
時短できる工程はケガしないように気をつけて文明の利器を使いましょ。^^

イメージ 8
固定用のビス穴も邪魔になるのでカットします。(2箇所)
その他にも出っ張っている部分はリューターでゴリゴリ。
鉄ヤスリでもイケます。

イメージ 9
リヤタイヤはココ、白くマーキングした部分に穴を開けてシャフトを通します。

イメージ 10
タイヤ太っ!!

元々付いていたパーツも邪魔になる部分は大胆にカット!
なるべくフェンダーからはみ出さないようにね!
シャフトを通した時に当たってしまうビス穴部分もカットしています。
(白くなっている丸い2箇所)

イメージ 11
カットする前。

イメージ 12
カットした後。
パーツを戻すときにビスで固定できなくなったので、両面テープで貼りました!


あ、写真撮るの忘れたのですが、フロントもちょうど良い位置を見つけてドリルで穴を開け、シャフトを通しています。

そして組み上げると〜・・・
イメージ 13
イメージ 14
若干ハミ出てる?!
ま、おもちゃなので許容範囲ということで・・・

イメージ 15
イメージ 16
いや、収まってるな。
うん、収まってる。^^;

前回のF100と一緒に!
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
イメージ 20

自分としては大満足!!
車高を下げてタイヤ&ホイールを交換しただけですが、かなり力強さを感じられるようになりましたね〜

イメージ 21

しかし、ワタナベ8スポーク、アメ車とも相性良いですね。
ミニカーのプチカスタム、楽しいですっ!!

次は何をイジろうかな〜。
では・・・

この記事に

今回は大好きなピックアック、1956 F-100をプチ・カスタム!!

モデル素材はコチラ。

モーターマックスの1/24スケール。
元々のスタイリングも良いのですが、ホイールがちょっと気に入らない・・・

そこでWELLYのコブラからホイールとタイヤをスワップすることにしました! 
なんか似合う気がするんですよね〜 ^0^/
イメージ 1

早速コブラをバラしていきまーす。

イメージ 2
WELLYは1/24スケールでもステアリングが切れるものが多く、ホイールの取り付け方は金属シャフト(車軸部分)を使用していません。
リアもこんな感じ。

では、パーツが破損しないように注意しながら引っ張って外します。

イメージ 3
F100の方に付いていた金属シャフトにマスキングテープを適当に巻いて太さを調整し、ホイールを装着します。


カスタム箇所はコレだけ。


車高を下げることも検討したのですが、仮組みした時にノーマル車高でシックリきたのでそのまんま。(笑)

大径ホイールでレストモッドに仕上げるのなら車高を下げた方がカッコ良いでしょうね ^^

今回は「マッチョ仕上げ」!!

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
じゃ〜ん!
どうでしょうか?!

自分としてはかなりイケてますっ!!

コブラのホイールが元々中心部分がガンメタなのでシブく決まりました!

元々はコレですよ〜。

それが・・・
イメージ 7
イメージ 8
こうなるんですよ〜 ^0^

ホイール&タイヤが変わるだけで「チカラ強さ」を感じさせます。
「エンジンもイジってるんだろうな〜」なんて勝手に想像しちゃいます。

イメージ 9

ミニマムな変更ですが、けっこう満足度高いです!
作業は超簡単なのでオススメ!

次回は、ホイール&タイヤを奪われたコブラがどのように変身するのか?!
お楽しみに・・・ ^0^/

この記事に

CAMARO's GARAGE

大好きな69カマロを集めてみました〜

イメージ 1
イメージ 2
カマロ専門のショップ風。。。

イメージ 3
イメージ 4
こちらのメタリックグリーンのレーシーなカマロはよりレーシーに・・・

イメージ 5
前回でもご紹介しましたが、ホイールをスワップしてより自分好みに仕上げています!

そう、この白いホイールを使います。
イメージ 6
例によってビス1本で簡単にバラせます。

イメージ 7
より軽快なレーシースタイルに変身!!
タイヤのイエローレタリングもこの車体にバッチリ似合ってマス!

イメージ 8


そして、元々グリーンのカマロに付いていたホイール&タイヤは・・・

イメージ 9
イメージ 10
もともとこの組み合わせだったでしょ?
っていうほど似合ってマスね・・・ ^^

車体の赤いラインとタイヤの赤いラインがコーディネートされているようです。

イメージ 11

というわけで、3台とも自分好みのカマロに仕上がったのでした!!
かなりの満足度!

1/64のメカニックフィギュアが欲しいな〜。
かなり良い雰囲気が出せるのにな〜 ^^

この記事に

今回は久しぶりにミニカーを自分好みにカスタムしてみましたよ〜 ^0^ /

素材はコチラ。

JadaToys製の1/24スケール、1957年式ベルエア。



そして、目指すスタイルは〜???
キャンパーを牽引しているMaisto製の1/64スケールのベルエア。
< Tow & Go >シリーズとして昨年リリースされたモノ。

この同じベルエアの鉄チンホイール×ホワイトウォールタイヤ、黒い屋根のカラーリングが気に入ってしまい、「1/24スケールで作りたい!!」という衝動に駆られたのでした・・・ ^^;



という訳で、早速作業を進めていきまーす!

イメージ 1

ホイールとタイヤは同じJadaToys製のカスタム・マーキュリーから部品を拝借することにします。

イメージ 2

もともとベルエアに付いているタイヤは大径×ぶっといモノ。
シャーシが極端にナロードされてなんとか収まっています。


そして、
イメージ 3

マーキュリーのタイヤ。
細っそ。
ベルエアのモノと比べるとスペアタイヤのノリですね。

ではでは、バラしていきます〜。

イメージ 4
いつも通り、ビスを外すだけなので超簡単!

イメージ 5
Jadaにしては珍しく、フロントのホイールを外すのがちょっと固かった・・・
でも、車軸をしっかりペンチで掴んでホイールを回転させながら引っ張ると何とか外れました。

ちなみにホワイトウォール部分は樹脂の別パーツで構成されていました。
ホイールとタイヤの間が溝のように形成されていて、そこに挟まっているような取り付け方法です。


イメージ 6
フロントのみ交換した図。

ホイールのサイズがかなり違っているのが分かります。
前傾姿勢! ^^;

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
ホイール×タイヤ交換完了!!

この径のサイズの方がバランスが良い気がしますね〜 ^^


そして次は屋根の色を変更したい。

塗装するのが面倒なので、超お手軽作戦を決行!
カッティングシートを貼ることにしました。

イメージ 10
屋根よりも少し大きめサイズにカットして、引っ張りながら貼り込みます。
エッジ部分はドライヤーで温めながらユックリと・・・

それから屋根パーツにカッターの刃を沿わせながらカット。

イメージ 11

あ、ミスってる!! 

貼り直すシートの材料が無いため作業を続行します 

イメージ 12

シートを小さくカットして上から重ね貼りで補正。
何とかカタチになりました。

しかし黒で良かったな・・・ (汗)

イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15

屋根の仕上がりがとっても粗くなってしまいましたが、ご愛嬌

雰囲気は良いカンジですっ!!

でもやっぱり屋根の色変更は塗装の方が良さそうですね・・・


イメージ 16

1/64と並べて撮影!

イメージ 17

なかなか ソレらしくなってますね!

グリーンライト社から1/24のキャンパーもリリースされたので、更に雰囲気を高めることも出来そうです〜 ^0^ /



やっぱり楽しいです。
ミニカーのカスタム!!

では。。。。
 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事