ここから本文です

♪ 第2弾もGETぉ〜!!

前回の創刊号・トヨタ2000GTに続き、第2弾のハコスカもGET出来ました〜 ^o^ /

イメージ 1
「国産名車コレクションhttp://www.jpc24.jp/home.html」の第二弾。
< 日産 スカイライン 2000GT-R >

いわゆる「ハコスカ」ですね。
創刊号の2倍以上の価格にも関わらず、今回も入手困難で苦労しました・・・
イメージ 2
イメージ 3

パッケージにサイズの記載がありますが、コレは台座のサイズ。
本体サイズは全長が約18cm。

1/24スケールっていうのが丁度良いです!
私好み ^^

早速、箱から出して〜
イメージ 4
前回同様、ブリスター形式なので、青い台紙部分をビリビリと破って取り出します。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
台座に載った状態。
十分、このままでもディスプレイが出来ますね!

しかーし、もちろん。
私は台座から外します。。。

さっ。
トヨタ2000GTの時と同じように小さめのプラスドライバーを用意して・・・・

・・・・ん?!

ドライバーが空転してる?
サイズが合ってないの?

イメージ 8
えーーーーーっ!!
プラスじゃないの???
何で三角なの???

思わず、「うっそ〜ん」と独り言をつぶやいてしまいました・・・
一瞬、途方に暮れそうになったのですが。

あ、何ヶ月か前にトミカを改造しようとして三角ねじ用のドライバーを買った記憶が蘇ってきました!

イメージ 9

あった!!

トミカは結局まだ改造が進んでいないので、当然のことながらこの工具も買ったまま。
でも、良かった ^o^

でも、サイズは合うのか?

イメージ 10
じゃーん。
小さい方の2mmで回りました!

でも、おかしいですよね?
この製品の台座部分にどうして三角ねじを使うんでしょうか?
意味がわかりません・・・

・・・気を取り直して。。。

早速裏返し。
イメージ 11
ま、こんなもんでしょう。

イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
なかなかのプロポーション。
ドアガラスも再現されています。

イメージ 16
運転席も程よいクオリティ。

イメージ 17
サイドビュー。

イメージ 18
フロントサイドのマーキング。
かなりの再現性です。
8スポーク・ホイールも良いですね!

イメージ 19
とても小さいですが、リアのGT-Rエンブレムもしっかり立体で再現されています。サイズは約3mm角。

イメージ 20
イメージ 21
前回のトヨタ2000GTに続き、今回のハコスカもリアビューがお気に入り

・・・・と、気分良くなったところで〜
イメージ 22
イメージ 23
今回も載せる ♪(笑)

やっぱり良い雰囲気です ^^
なんか、特別感が出ますよね〜
「大切に扱われてる」って。


イメージ 24
創刊号のトヨタ2000GTと。

創刊号は超破格だったので、もちろん、見つけたら即GETをオススメしましたが、今回の第2弾の価格も価格設定としては安めになっているので、「見つけたら即GET」の価値があると思います。

そうそう。
触れていませんでしたが、塗装はとてもキレイに仕上がっています。
照明に当てるとシルバーメタリックがキラキラと輝いてとても良い感じ ^^
(画像ではちょっと伝わりにくいですが・・・・ ^^;)

今回のハコスカ。
とても満足。

ワイスピでも登場していますし(黒ですが)、アメリカンなシーンにもとても似合うと思います。

今度、アメリカンガレージにアメ車と並べて「ムフフ」なジオラマ作ってみよ〜っと。

では。。。








この記事に

今回はパーツスワップ超初級編。
同じメーカー、同じスケール、同じ車種のバリエーション違いのモデルを使った部品の入替(パーツスワップ)を行い、自分好みのミニカーを作ろう大作戦!!

今回使用するモデルはコチラ。
イメージ 1
グリーンライト社の1/43スケール、ジープラングラー・アンリミテッドです。



ちなみにトリビュート元となったカッコいい実車はこんな感じ。
イメージ 2
イメージ 3
どちらもバリバリのオフロード仕様で超クール!!

個人的に、イモータル・トリビュートのモデル(グリーンの車体の方)のソフトトップがハードトップだったら良いのに・・・という希望。

ということで、早速パーツスワップ!

イメージ 4
イメージ 5
何もしない状態がコチラ。

イメージ 6
イメージ 7
それぞれの屋根を外すとこんな感じ。
ボディの形状は全く同じようです。

イメージ 8
装着完了!

・・・う〜ん、青のラインが邪魔なのと、黒い屋根だけど艶があるのが今イチかな?
できればラインを消して艶消しの黒で塗り直したいところ。

イメージ 9
こちらはほとんど違和感ありませんね〜。

イメージ 10
スワップ完了!
っと言っても、ただ外して差し替えただけ(笑)

グリーンライト社からは既にバリエーション違いがたくさんリリースされていますし、今後も新製品が出てくるので、このように自分が好きなように簡単にイジれます。
屋根の部分だけだったら塗装もそんなにハードル高くなさそうですね。
ホイールを交換しても良さそう。

ミニカーも気楽に楽しみましょっ!
 ^^ /

この記事に

♪ GETしました〜!!

8月末に発売され、結構すぐに買いに行ったつもりなのに売っておらず、近所を何店舗もまわっても何処にも売っておらず・・・

でもやっとGETできたんです〜!!

コレ!
イメージ 1
トヨタ2000GTの1/24スケールモデル。

たくさんCMも流れているのでご存知の方も多いと思いますが、アシェットから出版?!された「国産名車コレクションhttp://www.jpc24.jp/home.html」の第一弾。
イメージ 2

そうなんです。
こんな素敵なミニカーが書店で手に入るんですね〜。

ただ、相当人気が高いらしく、大型書店でも入荷量はごくわずか。
しかも、入荷分は予約分としてほとんどが割り当てられる為、ほぼ店頭に並ぶ事が無いようです。(私の行動エリアでは・・・)

ちなみに、同じ時期に発売されたデアゴスティーニの「フェラーリコレクションhttp://deagostini.jp/site/fer/pretop/index.html?utm_source=google_lis&utm_medium=cpc&utm_campaign=ferはまだ残ってましたね。

ただ私はフェラーリにはあまり興味が無いので購入せず。。。


ところで、この2000GTですが、スゴイんです。
価格が。
創刊号の特別価格という事もあり、何と税込1,299円!!  

クオリティもまずまず。
というのも、パッケージの画像を見ていただくと分かるんですが、「IXO」のロゴが。
そう、どうもイクソが製品を作っているようですね。
このクオリティでこの価格はあまりにもコストバリューが高すぎます!!

興味がある方は是非GETしてみてください。
なかなか出会えないかも知れませんが、幸運にも巡り会えたら、それは一期一会のチャンスかも?!です ^^


・・・前置きが長くなってしまいましたが、早速バラしていきますっ。

イメージ 3

イメージ 4

透明ケースが台紙に貼り付いているので、ビリビリと剥がします。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

出ました〜。
台座はそのままディスプレイに使用できるクオリティ。
この状態でも雰囲気がとても良いですね!

イメージ 8

リトラクタブル・ヘッドライトは輸送中に開いてしまわないように小さい透明の丸シールで固定されています。
弱粘タイプだったので、爪で簡単にキレイに剥がせました。

イメージ 9

本体と台座は4本のビスで固定されていますので取り外し〜
シッカリと固定されていましたがドライバーで簡単に外れましたヨ。

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
リトラクタブル・ヘッドライトは車体裏のこのツマミで開閉します。
「壊れそう・・・」という不安感もなく、ココチ良い感触 ^^

イメージ 18

ロゴもしっかり再現されています。
満足レベル!


・・・・と、気分良くなったところで〜
イメージ 19
イメージ 20

載せる ♪(笑)

良い雰囲気です ^^


そして〜
イメージ 21

トヨタの名車同士で並んでパシャ。
FJ40ランクルは同じスケールのモーターマックス製。


続いては〜
イメージ 22
アメ車と並べてパシャ。
こうして見比べるとやっぱりアメ車ってデカい!
(マイスト製のシボレー・ノバと)

開閉ギミックはドアとヘッドライトしかありませんが、十分満足できました!!
これは良いモデルだと思います。
現在、カスタム用にもう1台捜索中!(笑)

もう1台GETできたら実車ではまずやらないだろうカスタムを画策中。
果たして幸運にもその日はやってくるのだろうか・・・

イメージ 23

今回、イチバンお気に入りのショット。
2000GTはやはり曲線が美しい!!
しばらくの間はコイツで目の保養ができそう。^^

ちなみに次号はハコスカらしいんです。
コチラも気になります・・・


では。。。


この記事に

本日のお気に入りミニカーのご紹介は、私の大好きなカスタマイズされたクラシック・ビートル!!
タイプ1のオーバルウィンドウ!
イメージ 1
ガルウィング&チョップド・ルーフ仕様のクール・カスタム!
数箇所にピンストライプが入ったホットロッド・テイストなクルマです。
艶消しの水色というカラーリングも素敵
キラキラ輝くクローム仕上げのディープリム・ホイールもマッチしてますね〜

コチラは新しくリリースされたマイスト・アウトローシリーズの新製品。

【 Maisto OUTLAWS ワーゲン ビートル MATTE BLUE 1/24 】


イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
あまりにも似合う(笑)、同スケールのホットロッド・シリーズのフィギュアと共に・・・





イメージ 7

お気に入りのミニカーを並べて、写真に撮って楽しむ。。。
楽しいですね〜 ^^

この記事に

私の大好きなVWタイプ2が勢ぞろい。

個人的にクラシックワーゲンはヨーロッパ車というより、アメリカ西海岸のイメージをとても強く感じます。。。
だからクラシック・ビートルとタイプ2は大好きなのです〜 ^^

今回、新商品が入荷したのですが、ずら〜っと並べるとちょっと面白かったのでサイトアップに先んじて少しだけご紹介。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

全て1/24スケールなのですが、左からウェリー、モーターマックス1、モーターマックス2、モーターマックス3、モーターマックス4、マイストです。

(モーターマックスは年内に更なるバリエーションが出る予定みたいです。)

ミニカーは例え同じスケールでもメーカーによって同じ車種でもサイズ感がバラバラだったりするのですが、この3社は大体同じぐらいのサイズかな?

ふと気付いたけど、これだけ同じ車種でたくさんのバリエーションがミニカーでリリースされているのはVWタイプ2が一番だったりして?!

思い浮かべると、世界中のたくさんのメーカーからとても多くのバリエーションが出ていましたね〜

・・・ということで、近日中にサイトアップします。
お楽しみに。。。 ^^ /

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事