ここから本文です
今回はミニカーに似合うフィギュア探しの第7弾。

アメリカンダイオラマ社から新シリーズのフィギュアが入荷しましたのでご紹介します。

その名も「リメンバリング・パールハーバー」シリーズ。
クラシックなクルマによく似合うフィギュアですね!

では早速・・・

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
【REMEMBERING PEARL HARBOR - FIGURE III】

1/24と1/18スケールの展開です。
今回は「お名前」は付いておらず、 I からIV まで4種類のラインナップ。

ご紹介した III にはカバンが付いているので、トランクルームに元々カバンが入っているタッカー・トーピードにピッタリ!
情景描写にもってこいのフィギュアとなっております〜 ^^

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
【REMEMBERING PEARL HARBOR - FIGURE IV】

こちらの淑女はとても清楚な雰囲気。
少しまぶしいのか、手をかざして遠くを見つめておられます。

クルマから降りて目的地を確認してるんでしょうかね?!
それにしても白のベルエアと良く似合ってます ^^

その他の2種類はこちら。

【REMEMBERING PEARL HARBOR - FIGURE I】


【REMEMBERING PEARL HARBOR - FIGURE II】

一緒に撮影したミニカーはこちら。

【RoadSignature 1948 タッカー トーピード】

【モーターマックス 1957 シボレー ベルエア】



4種類とも雰囲気があって良い出来だと思います。
映画のワンシーンが再現できそうなシリーズですね。

ミニカーとフィギュアのディスプレイ、楽しいですね〜。
では。。。。




この記事に

今回ご紹介するのは映画「60セカンズ」に登場する、シェルビー・マスタングのカスタムカー“エレノア”を製作したチップ・フースの69カマロRS。

M2マシーンからリリースされた1/24スケールの新製品です。
往年のマッスルカーをモダンにモディファイする「レストモッド」仕様!
超わたし好みです!! (^^)


早速ですがこんなんです〜

イメージ 1
濃い赤のメタリック。激シブです!

イメージ 2
かなり太いタイヤが装着されています!

イメージ 3
フロントマスク。コンシールド・ヘッドライトがカッコいいです!


イメージ 4
ブルーメタリックも同時にリリースされました!
ボディカラーは少し落ち着いた雰囲気ですが、ホワイトの内装とレーシング・ストライプで軽快な印象です。

イメージ 5
リアウインドウにはしっかり「FOOSE」のロゴが入っています!

イメージ 6
RSはフロントビューが良いですね〜



イメージ 7

イメージ 8

フースの69カマロ。
とってもCOOOOOOL!!

コレクションに追加しちゃいます! (笑)

この記事に

今回は入荷時から商品破損により、倉庫に眠っていたニューレイ社の1969ダッジ・チャージャーを素材にして自分好みにカスタムしてみました!

・・・っと言ってもホイール&タイヤを交換しただけの超プチ・カスタム ^^;

バランスが良かったのでローダウンもしてません!

元素材はこんな感じ。


それが・・・
イメージ 1
こうなりました!

フジミから出ているカスタムパーツ「BBS20インチ」を使用しています。

実は以前、ブログにも掲載させていただいたシボレーC10ピックアップトラックをカスタムした時のパーツをそのままスワップ。

<以前の記事はコチラ>



今回の69チャージャーもこの20インチ大径ホイールを使用することでレストモッド的雰囲気を狙っています〜 ^^


その全貌は・・・

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

いかがでしょうか?

自分としては大満足ですが・・・(笑)

冒頭の画像と比較すると、ホイールを換装しただけで随分とカスタムっぽい雰囲気が出ましたね!

ちょっとした手間でもより自分好みに。
入荷時より破損していた「不良品」ですが、カッコ良く「チョイ不良(ワル)」的に蘇りました!! ^o^ /

イメージ 5




この記事に

「マスタング・ドック」なんてタイトルを付けてしまいましたが、マスタング好きのガレージという設定で撮影してみました〜 ^^

こんな感じで。。。

イメージ 1

レース用マシンとストリートカー。
どちらも1967年式のマスタング。

このように同じ車種の色違い、仕様違いを並べるのも良いカンジ

今週末のレースに向けてエンジンを調整しているトコロ。

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

67マスタングは2台ともマイスト社のモデル。



フィギュアはお馴染み、アメリカンダイオラマ社の、ピートさんと、ルーカスさんです。




自分でストーリーを設定しながらミニカーを飾る。
素敵です ^o^

この記事に

さあ、今回もアメリカンガレージの中でピックアップトラックの隣に並ぶスーパーカーをご紹介します!

今回は・・・
イメージ 1

そう。
ランボルギーニがスーパーカーの地位を築き上げるきっかけとなったモデル「ミウラ」。

ミニカーは、モーターマックス社からリリースされた「ランボルギーニ ミウラ P400S 1/24」です。



横に並ぶピックアップトラックは、同じモータマックス社の、
「1969 フォード F-100 ピックアップ 1/24」です。



イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

ピックアップトラックの隣だと、ミウラの車高の低さが際立ちますね〜 ^^


イメージ 5

このメーカーの1/24にしては珍しくドアのガラスが再現されています。
スペアタイヤの姿もチラっと見えますね!

イメージ 6

このミウラは造形もよく、「アタリ」だと思います。
この価格帯のモデルとしては満足レベル ^o^
ベルトーネのロゴもシッカリ入っています。

イメージ 7

小さい頃に憧れたスーパーカーをこのように自由にコレクションできるのは、ミニカーならではの世界観。

ムフフフ。。。 (笑)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事