詩による自分史 13

 目覚めの季節 中学二年生になった頃から 何故かクラスの女の子のことが 気になりだした その中でも特にS子の存在を 意識するようになった S子はおさげ髪をした こけしのような顔立ちの 成績優秀な女の子で クラスで彼女に関心のない子は 一人もいなかった 男の子にとってS子はマドンナだった そのS子の父親が朝鮮人だという 根も葉もないうわさが広がったのは M男とS子の仲が うわさされるようになってからだ M男とS子に嫉妬しながら 性の匂いのする感情を抱きながら 私は二学期末の試験に臨んだ 英・数・理・国の試験はいつも 百点に近い成績であったが 社会科だけは平均八十点位しか取れなかった 社会科のY先生は まだ二十代の若い女の先すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事