ハンターカブ中心生活?〜TONY’S甲信生活!

いろんなカブに乗りながら、ローカル生活を楽しんでいます!

CC110 CROSS CUB

[ リスト | 詳細 ]

クロスカブ CC110の話題はこちらで!
記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

CC110オーナーさんはマッドガードGET!?

イメージ 1

ご存知かもしれませんが、昨日、クロスカブのサービスキャンペーンが発表になっていました。


「フロントフェンダー後部の泥はね防止構造が不適切なため、雨天走行等でフロントタイヤより
巻き上げた砂等がスロットルボディへ飛散し、ストップスクリューとスロットルドラム間に噛み込む
ことがあります。そのため、スロットルグリップを戻してもエンジンの回転が下がらなくなるおそれが
あります。」

・・・マッドガードセットがもらえるそうです。

オーストラリア郵政仕様には、もともと付いていた部品なんで、はしょっちゃったのがいけなかった?




開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

クロスカブ CC110 @東京モーターショー2013

「東京モーターショー」で3番目に観たかったのがクロスカブ・コンセプトです。

色違いバージョンですね。市販されるのかな?


イメージ 1

まずはオリーブドラブ仕様。

オリーブドラブというと、私の世代ではキヤノン F−1を思い出したりしません?

あれはかっこよかったな〜


クロスカブにも要望の多い色みたいですね。

ぜひ出して欲しいです。





イメージ 2

CROSS CUBのロゴもカモ柄でいい感じ。





イメージ 3

色パーツで、スーパーカブにも転用できますね。 (^^;

・・・絶対やるよね。





イメージ 4

ピンクは、離れたところにあったので見つけるのが大変でした。

受付の人に「ピンクのクロスカブはどこですか?」と聞いたら、「ナンですかそれは?」

と言われてしまいました。





イメージ 5

キャリアもピンク。

マイカが入ったようなキラキラ塗装です。

シートにもピンクのステッチ。





イメージ 6

ピンクは市販は厳しいかな〜

・・・枠にはまるな、HMJ。

売れなかったらカラー部品交換して売れば良い?




開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

東京モーターショーのクロスカブ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

東京モーターショーの一般公開が始まっていますが、週末は混むみたいですね。

ピンクとオリーブドラブのクロスカブが展示されているので、行きたいんですが・・・

とりあえず写真で我慢かな?


開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

PINK&ODのクロスカブ @東京モーターショー

イメージ 1

東京モーターショーの事前情報にありましたが、ピンクとオリーブドラブのクロスカブが展示されて
いるようです。

ソース:
WEB BikeBros:
http://news.bikebros.co.jp/topics/news20131120-4/

ODは、まああればクロスカブを買う人も増えそうですね。

ピンクは、関西の某CKさんが???



※Nさん、勝手に転載しちゃってゴメンなさい。問題あれば削除します。


開く コメント(4) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

中国製スーパーカブの燃料ポンプ不具合の説明@カフェカブ

イメージ 1

中国製スーパーカブの燃料ポンプ不具合について、カブの中国生産を推進した今田典博さんより、
以下のような説明がありました。
今回のカフェカブ参加の収穫のひとつでしたので、まとめてご紹介します。

・今回の燃料ポンプの不具合について

1)今回、不具合になったのはタイで生産した燃料ポンプで、これを中国まで海上輸送する際に
  部品を湿度や気温から保護するために塗布していた液体がポンプの樹脂に浸透して、
  樹脂を膨張させる結果に繋がった。

2)従って不具合の対象は、中国でその部品を使った日本向けと欧州向けのカブのみで、
同じ部品を使うタイで製造・販売したカブには起こっていない。

3)保護用の液体を変更することで、対策ができることがわかったため、もう大丈夫。

4)原因を掴むのに時間が必要であった。

・・・と言う感じのようです。

私の横で、この説明を聞いていた大手電機メーカー勤務の方が「赤道を越えるような海上輸送をする
際の実証試験をするのは、メーカーとしては当たり前なんだけど・・・」と言っていたのが印象的
でした。

燃料ポンプが急に停まって、事故が起こった利する可能性についての言及はありませんでした。



開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

ブログバナー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 今日全体
訪問者262521527
ブログリンク024
コメント08732
トラックバック0336

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事