プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19

イメージ 19

先日バンコクから遊びに来たお友達2人と一緒に、カタビーチリゾートに2連泊して来ました。

ロビーは吹き抜け(4階建)で、エレベーターが昇り降りしているのが見えるので、
リゾートホテルと言うよりはバンコクのシティーホテルのような雰囲気です。
夕方チェックインを済ませ、2階のデラックスルームの部屋へ。
まだこちらのホテルはカードキーではありません。

ドアを開けると少しスペースがあり、靴や大きな荷物を置けます。
右手にはクローゼット、左手にバスルーム。
お部屋はエキストラベットが入っていましたが、全く息苦しさを感じることのない広さです。
家具はブラウン、カーテンなどオレンジの暖色系で、
ホテルの外観はピンクオレンジの微妙な色なのですが、お部屋は落ち着く配色になっています。
バルコニー側にタイ風サラ(シッティングスペース)があり、三角枕やクッションが置かれています。

設備はエアコン・テレビ・電話・冷蔵庫・ミニバー・コーヒー&ティーメーカー・無料の飲料水。
少し小さめのクローゼットの中には、デジタル式セーフティボックス・傘。
バスルームはバスタブ付きになります。
バスアメニティーはシャンプー・コンディショネー・バスフォーム・石鹸・
綿棒・シャワーキャップが可愛らしく置かれ、ヘヤドライヤーもありあます。

バルコニーはタイ風サラの部分が突き出ていて少々狭さを感じましたが、
デラックスルームはプール&シービューとなるので、ここからの眺めは文句なし。
オンザビーチリゾートの醍醐味を味わえます。

ホテルの周りは繁華街になっているので、夕食は近くのイタリアンへ。
パトンなど他のエリアに行く時はホテルの前にトゥクトゥクが停まっているし、
昼間プーケットタウンに行く時はソンテウの発着所(カロンビーチ経由)
になっているのでとても便利です。
ホテルに戻ってからは、チェックイン時にもらったウェルカムドリンククーポンを利用することに。
朝食場所の「アトリウム コーヒーショップ&テラス」か「ペッピーノ イタリアン レストラン」。
後者のイタリアンでウェルカムドリンクをいただきました。
お部屋に戻ってシャワーを浴びた後は、ワインを飲みながら就寝です・・・。

2日目の朝、お楽しみの朝食です。
「アトリウム コーヒーショップ&テラス」は屋内・外とありますが、屋外の席へ。
私はあまり大型ホテル(カタビーチリゾートは273室)を好まないのですが、
ビュッフェの種類は小さなホテルとは比べものになりません。
朝食パン派の私にはうれしい種類の豊富さ。
ジャムはよくあるガラスのボールに入っているのではなく、可愛らしい木のBOXに入っていました。
さらにはちみつも蜂の巣からタラタラと流れ出てくるようになってなんともオシャレ。
またシリアルもいろいろな種類とトッピングがあり、
こちらもまたまた可愛らしい木のBOXに入っていました。
屋外の席で日差しを浴びながらの朝食はおいしく、ついつい長く居座ってしまいました。

朝食後は水着に着替えホテルのプールへ。
プールは大・小2つあり、ビーチチェアは大きいプールの周りにあります。
ビーチ側に向いている場所は人気なのかすでに埋まっていました。
とりあえず場所を確保したら目の前のビーチへ。
オンザビーチのホテルなので、ビーチに荷物かかえて行く必要がないので非常に楽チンです。
この日は波がかなり高く、波と格闘し疲れたのでホテルのプールへ。
「プールサイドバー」(プールに入りながらのプールバーでもあります)
でビールを買いビーチチェアでそれぞれ本を読んだり、気が向いたらプールに入ってリラックス。
大きいプールは柵で子供用が仕切られてあり、ジャグジーもあります(ちょっと弱め)。
小さいプールは泳ぐというより、みんなプールサイドによりかかって
ビーチを眺めながら、会話を楽しんでいるようでした。
プールの横には、「ココ パーム バー&レストラン」があります。

夕方はホテルの前からトゥクトゥクを利用してプーケットタウンの私のアパートへ。
30分位ドライバーに待ってもらって往復で650バーツでした。
2日目の夕食はオシャレして、モムトリズヴィラロイヤルのレストラン「モントリズ キッチン」へ。
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/35629278.html
いい気分になって部屋に戻ってからはビールを飲みながら就寝です・・・。

3日目の朝食のビュッフェは内容が多少変わっていました。
またゆっくりとおいしく朝食を楽しみ、ビーチ・プールと前日同様ホテルライフを満喫。
お友達の帰りのフライトが夕方だったので、
一度チェックアウトを済ませ時間までプールサイドでリラックス。
チェックアウト後は4階のフィットネスセンターのシャワールームが利用できます。

ホテル内のその他設備は、テーラー・ギフトショップ・ビューティーサロン・
タイマッサージ・ギフトショップ・カフェ「ザ コーヒー ミル」(インターネット設備あり)・
ワインセラー「カタワイン セラー」。
日本の連休明けだったせいか、殆ど日本人の宿泊者は見かけませんでした。
(タイは連休だったのでおそらくバンコク在住者の2組だけ)
オンザビーチでロケーションもいいのにもったいない。
まだまだ穴場なホテルとしてお勧めしたいと思います。

【料金】

2016年11月1日から12月19日まで
スーペリア 4900バーツ
デラックス 5700バーツ
グランドデラックス 6700バーツ
プールアクセス 7700バーツ
ジュニアスイート 12900バーツ

2016年12月20日から2017年1月10日まで
最低宿泊日数 5泊以上です
スーペリア 9400バーツ
デラックス 10200バーツ
グランドデラックス 11200バーツ
プールアクセス 12200バーツ
ジュニアスイート 17200バーツ
*12月24日と31日はガラディナー代が別途かかります。

2017年1月11日から3月31日まで
スーペリア 6000バーツ
デラックス 6800バーツ
グランドデラックス 7800バーツ
プールアクセス 8800バーツ
ジュニアスイート 14000バーツ

2017年4月1日から10月31日まで
スーペリア 3800バーツ
デラックス 4400バーツ
グランドデラックス 5400バーツ
プールアクセス 6400バーツ
ジュニアスイート 11600バーツ

※プールアクセスのお部屋は、お子様はご宿泊不可となります。

上記料金は1泊1室朝食付き、税・サービス料込みの
当社の販売価格です。

Kata Beach Resort
1Pakbang RD Tambol Karon Muang District Phuket

★ご予約、お問い合わせはこちらから
hkt@thailand-travelgateway.com

●当社HP
http://blueisland-phuket.com/

BY:あさり

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事