プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

シルクトリートメントといえば、スコーカルチャラルスパの専売特許かと思っておりましたが、
この度、タンタラースパでも、シルクパッケージの販売をすることになったということで、
早速足を運んでみました。

HPのほうではすでにご紹介しておりますが、今回受けてきたコースは、
3時間のシルクパッケージB。

・タイハーバルスチームサウナ
・ウォームウォータージャグジー
・アロマテラピーコールドタオル
・シルクパウダーボディースクラブ
・ゴールデンシルククリームボディマッサージ
・シルクパワーフェイシャルトリートメント
・ハーブティーとフルーツ

といった内容となっております。

トリートメントの前に、トリートメントに使用する、シルクパウダーについて、
教えていただきました。
シルクは、タイ南部のチュンポーンより送られてくるそうです。
こちらは、真空の状態になっていて、開封したらすぐに使用しないといけないそうです。
生きてるって感じですね〜。

タンタラー曰く、シルクパウダーは、オイルとは馴染みが悪いため、
クリームに混ぜて、シルククリームマッサージにしてあるということでした。
シルクの中には、18のアミノ酸があります。荒れた肌を癒すとともに、
皺にはたらきかけ、ほこり、化粧品、酸、アルカリなどの科学製品からうける、
肌のダメージを防ぐ助けをします。

まずはスクラブから。
スクラブには、ミルクとシルクを解いた粉が用意されます。
シルクはクリーム色で、ちょっとおいしそう?

まずミルクで肌を湿らせてから、その上にシルクスクラブを置いて、擦っていきます。
匂いはほとんどなし。甘いミルクの匂いがします。粒子も細かいので、
肌への刺激も少ないと思われます。

スクラブの後は、シャワーで流します。(室内に半屋外のシャワーがあります。) 
ミルクのおかげか、肌がしっとりして、お湯をかけても、
肌にしっかり潤いがくっついているといった感じです。

続いてシルククリームマッサージ。
こちらはのびのいいクリームで、とても気持ちがいいです!
オイルのベトベト感が苦手な人には、クリームマッサージはお勧めです。
クリームの中にも、少し粒が入っています。
オイルだったら、すぐに流してしまう私も、クリームは抵抗なく、
そのまま肌にのせて置く事ができました。これで、肌への浸透はバッチリ!

続いてフェイシャル。
このメニューの中で、一番お勧めなのは、フェイシャルです。
セラピストさんは、フェイシャル専門なのか、ボディマッサージとスクラブの人から、
バトンタッチ。

クレンジング〜マッサージ〜スクラブ〜マスクが入っているのですが、
嬉しいのは、顔だけではなく、首のほうにも丁寧にしてくれること。
普段、首はついついサボリがちなので・・・。
マスクはひやりとしたコットンをあてた後、温かいコットンで、
塗った部分をくるくるとなぞっていくのですが、とても気持ち良かったです。

仕上がりは、ピカピカ、肌の表面はツルツルといった感じ。
術後にファンデーションを肌にのせたら、普段はがさがさで、
肌に塗りこむといった感じ(塗り壁!?)なのですが、
つる〜んと、ゆで卵の上に、ファンデを滑らせているような感覚に感動。

やっぱりシルクは一味も二味も違う実感がありました。
術後3日間ぐらいは、肌の調子はとってもモチモチしておりました。

タンタラースパは、シルクのほかにも、頭に暖めたオイルを流す
「シロダラーパッケージ」の他、タイ南部のお米を使った、タイライストリートメント
「サンヨッド」など、興味深いトリートメントが揃っております。

http://www.phuket-spa-esthe.com/tarntara.htm

併設のレストランでのお食事メニューもUPしておりますので、
チェックしてみてくださいね。

タンタラースパは、来年の2月ぐらいには、新しくビラを作る予定だそうです。
従来の建物は、少し古くなっているため、少しずつ新しくしていこうという計画が
あるそうですよ。こちらのほうも楽しみです。


☆プーケットのスパ予約はブルーアイランドの
プーケットでスパ&エステ☆
http://www.phuket-spa-esthe.com/


BY さくらこ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事