プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

以前からとても興味のあった「タイライス」を使用したスパ。
タンタラースパにも新しくタイライスのコースができましたので、体験してまいりました。
他のスパではジャスミンライスを使用しているところが殆どですが、
こちらは「サンヨッド」という、タイ南部にある米を使用しています。
繊維を多く含み、ビタミンEも豊富で、皺を減らし、
皮膚表面をなめらかにすることで、お肌を若々しく見せる効能があります。

今回受けたのは、サンヨッドパッケージB、3時間:3000バーツのコースです。
・タイハーバルスチームサウナ
・ウォームウォータージャグジー
・アロマテラピーコールドタオル
・タイライスと蜂蜜のスクラブ
・アロマテラピーボディマッサージ
・タイライスとアロエヴェラフェイシャル
・ハーブティーとフルーツ
の内容になります。

受付で、冷たいハーブティーとお絞りをいただき、問診表に記入します。
コースの説明を受けたら、アロマテラピーマッサージのオイルを選びます。
レモングラス・オレンジ・ワイルドミント・ジャスミン・ローズゼラニウムの5種類から。
女性には冷え性に効くローズゼラニウムが人気との事ですが、
この日は喉の調子が悪かった為、ワイルドミントにしました。
日焼けした肌、喉がイガイガしている方に合うオイルとなります。

◎タイハーバルスチームサウナ&・ウォームウォータージャグジ(30分)
ロッカールームでパレオに着替えたら、併設されているサウナとジャグジーに入ります。
香り&すぐにジワジワと汗がでてくるなどちょうどいい温度のサウナ。
そして温水ジャグジーは、ずーっと浸かっていたくなるくらい、ボコボコと刺激されて快適です。
サウナに入る前は冷たいお絞りを、ジャグジーの間にはハーブティーをスタッフが渡してくれます。

新しいパレオに着替え、ロッカールームから出たら、
担当のセラピストを紹介され、お部屋に案内されます。
通されたのは、スパ前のラグーンが少し覗けるお部屋でした。

◎タイライスと蜂蜜のスクラブ(50分)
タイライスのスクラブと聞いたら、真っ白いものを想像するかと思いますが、ブラウンカラーです。
これは、お米の表面の、一番栄養がある茶色い部分のみ使用しているからとの事です。
この栄養タップリのタイライススクラブにミルクを混ぜ、
さらにハチミツをプラスしてのボディスクラブ。
スクラブが始まった途端に、甘〜い香りにつつまれます。
このいい香りは何に近いかと言うとキャラメルです。
キャラメルマキアート・キャラメルフラペチーノなど、
キャラメル使用もの好きの私にはたまらない香り♪
甘い香りを楽しみながら、足の1本1本の指、脇の下、バストまわりなど、隅々までスクラブ。
粒子は少し粗めで、特に普段手の届かない足の指は、
ず〜っとやって〜とセラピストさんに訴えたくなるくらい気持ちいい。
天使が舞い降りてきた、感動の念入りスクラブでした。
シャワールームで軽くスクラブを流し落とします。
タイライスの粒々を落としていくていくと、肌の感触はとてもしっとりうるるん♪
そしてシャワールームの中も甘い香りが広がります。

◎アロマテラピーマッサージ(60分)
タイライスのスクラブ効果か、セラピストさんが手を伸ばしたら、
スーっと肌に馴染んでいく感触がありました。足も腕も背中もどこもかしこもです。
そしてその夜、気付いたら、喉の痛みは消え去っていました。
ワイルドミントのアロマオイルが、60分のマッサージによってちゃんと身体に浸透してたようです。
またまた感動。

◎タイライスとアロエヴェラフェイシャル(30分)
フェイシャルはビィーティサロンのスタッフにバトンタッチになります。
まずはクレンジングをしてから、ボディスクラブと同じ、
甘い香りのタイライスフェイシャルスクラブは、
ゴシゴシと毛穴の汚れを取り除いてくれそうな気持ちよさです。
タオルで拭き取ってから、クリームマッサージを念入りに。
それをまたふき取ったらマスクになります。
一度顔全体に塗ってからかなり温かいコットンでクルクルとなぞっていき
(一瞬ビックリしますが、温かくて気持ちいい)、
さらに冷たいコットンでクルクルなぞってから10分おきます。
マスクをふき取ったあとはローションを馴染ませてくれます。
身体を上半身お越し、軽くマッサージして終了。

ロッカールームで着替えたら、
受付で温かいハーブティーとフルーツをいただきながら、アンケートに記入します。
その日はかすかに優しく甘い香りが残り、しっとりスベスベお肌の感触でした。
この日は遅かったのでファンデーションは塗らなかったのですが、
アロマオイルマッサージと同じように肌にスーっと馴染む感触になったのではないかと思います。

タンタラースパのメニューについてはこちらへ
http://www.phuket-spa-esthe.com/tarntara.htm

☆プーケットのスパとマッサージ予約はブルーアイランド☆
http://www.phuket-spa-esthe.com



BY:あさり

この記事に


.


みんなの更新記事