プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

パトンビーチの年越し

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

新年明けましておめでとうございます。
昨夜は沢山の旅行者ほか日本人の方がタイ、プーケットで年越しをされたと思います。
一年中半袖でも過ごせるタイでは一年もあっという間に感じてしまいますが
やっぱり年越しの瞬間はどこの国の方もハッピーになるものですね。

今年は2008年、タイは仏暦2551年になりました。
今回もローカルの皆さんから旅行者の方がどんな年越しをしていたか、
自分も楽しみながら色んな場所で見てきました。
パトンのタイのお寺があるピシツコラニー通りからサイナムエン通りは
地元のアパートや住宅街と旅行者向けのゲストハウスが入り混じった通りです。
ここに実家がある人たちは親戚や近所の人が集まって大宴会。
だいたい家の前にテーブルと椅子をだして外でやってるところが多いです。
そして大音量でタイの演歌を流して歌って踊ってって早い時間からパンパンと
花火や爆竹を鳴らして盛り上がってました。

カウントダウンイベントは色んなところで行われましたが、パトンのショッピングモール、
ジャンセイロンのポートエリアでも特設ステージを設けてイベントが行われました。
バンコクから芸能人、歌手などが来てコンサートが行われたので
旅行者よりもタイ人のファンが多かったと思います。時刻が23時を過ぎる前から
打ち上げ花火は上がってましたがもうカウントダウンが始まる前は
年越した後みたいにパンパンなってました。

お祭りといえばバングラー通りです。パーティ用のスプレー、花火、爆竹、
光り物グッズ等などが通りでは売られ、いつもと同じく人は多いですが
熱気があって凄く暑かったです。
爆竹は10メートル以上の長さの物が通りの真ん中を走り、
煙に包まれたりもしました。
ソイにあるビアバー、レストラン、みんな知らない人でも声を掛け合って
新年の挨拶を交わしていました。ビーチではロイカトン(タイのお盆)の時と
同じようにコムファイ(バルーン)が飛び、花火が上がり、空を鮮やかに灯しました。

ディスコのカウントダウンももちろんフロアが揺れるくらいの人で溢れ、
ダンスナンバーにみんなが踊っていました。
おそらく朝まで続いたんだと思います。
ビーチ通り、200ピー通りの交通量はずっと多く、ホテルや他のところで
パーティを終えた人たちもそれから街に集まり2次会、3次会と進んだんだと思います。

今年もやはりパトンで過ごしました。
世界中の人が集まるプーケットのピークの瞬間でした。
今年もみんなが楽しく、明るい一年になるように祈りたいと思います。

またブログをいつも拝読いただきありがとうございます。
これからも何か新しい情報を、また違った視点でお伝えできればと思います。
2008年もどうぞよろしく願いします。


By JAJA

この記事に


.


みんなの更新記事