プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

     
プーケットタウンの東側にある、シレー島に、新しく、海辺で
タイクッキングを学べる施設「タイクッカリースクール」が
できました。

タイクッキングスクールというと、主に主婦の方にしか興味を
持たないのではないかと思いましたが、このスクールに参加して
みて、考えが変わりました。
子供でも男性でも、老若男女、皆さん楽しめるスクールである
こと、また海のそばで、リゾート気分も味わえること、市場
見学で、実際タイのお菓子などを買ったりという、お楽しみも
プログラムに含まれています。

作る種類は、4種類+デザート1種類の5種類。
自分の作った、本格タイ料理で、お腹も満たされます。
また海の前には、思わず寝っころがりたくなるリラックスス
ペースもありますので、ほどよくリラックスタイムも含んだ、
スローペースなクッキングスクールです。

各ホテルへの送迎がついていて、7時から7時半ぐらいにお迎え、
プーケットタウンのカセーッ市場に集合して、市場見学、
その後、スクールのある、シレー島に移動。
シレー島は、まだまだ緑が多い土地です。ちょっと山なりの
道を海側に進んでいくと、緑の土地の中に、スクールがあり
ます。

到着すると、作るレシピカードが入った封筒と、ボールペン、
エプロンを渡されます。レシピカードも絵はがきのような大
きさで、英語で書かれています。なかなか素敵です。

イメージ 2


まずロビーがあって、ロビーには、タイのお土産品が少しと
調味料などが売られています。ロビーの向かって右手側に
先生が教えるお部屋があり、突き当たりには、実習をする
キッチンスペースと、その奥が、ダイニング。海に面して
います。 一番海に近いところは、シッティングスペースに
なっています。

イメージ 3


最初のレシピは、朝10時からスタート。エプロンを着用したら、
先生が教える部屋に通されます。ここは、先生用の台所で、
その周りに、コの字に生徒が座るようになっています。
15人から20人ぐらいは、入れると思います。
この日の参加者は、10名で、私をのぞく9名はオーストラリア
からの観光客でした。カップル参加が多かったです。

レシピカードは5枚。トムヤムクン、グリーンカレー、クイテ
ィオ炒め、ソムタム、デザートの、カオニアオマムアン
(もち米とマンゴー)というメニューでした。
日によって、トムカーガイ(チキンのココナッツスープ)、
マッサマンカリー、チャーハン、春巻き、パッタイなどなど
何のメニューになるかは、お楽しみです。
(一応週ごとのメニューはありますが、食材によって変更に
なる場合もあります)

先生のお手本は、とにかくトークが楽しくて、みんなすごく
盛り上がりました!笑いを交えながら、タイの生活や、食材
の効能や特徴、切り方、どうしたらおいしくなるかのアドバ
イスなど、料理の腕ももちろんですが、プロフェッショナル
な話術に脱帽しました。

イメージ 4


実践では、2人に1人ぐらい、アシスタントがついてくれて、
手順を忘れてしまっても、教えてくれるので大丈夫です。
緊張せずに、安心して作れますし、写真を撮ってくれるという
サービスも忘れません。



できた料理を持って、海辺のダイニングに移動すると、
ちゃんとテーブルクロスとお水が用意されています。

プーケットのビーチレストランで、食事は、とても高いの
ですが、ここは送迎もついて、自分で作る楽しみもあって、
料理も自分好みにできるので、本当においしいと感じました。

一品作っては食べて・・・というスタイルなので、ちょこちょこ
食べて、休憩しての繰り返しも、せかされ感がなくていいです。
あと、朝食は食べてこなくてOK!ということなので、お腹を
空かせて来てください。

滞在中、もし半日、フリータイムがあったら、是非この教室を
お勧めしたいと思います。勉強もできて、おいしいものも食べ
れて、トークに笑って・・・と、本当に贅沢な1日になると
思いますよ。

ベジタリアンや、特定の食べ物アレルギーの方用にもアレンジ
してくれます。


★スケジュール

7:00−8:30 ホテルお迎え
08:30 市場散策
09:45 スクールに到着、コーヒー、紅茶のサービス
10:00 授業スタート 5品を作ります。
15:00 終了 各ホテルへ

料金 お一人様 2600バーツ

お子様は10歳からご参加可能です。
10−12歳 1300バーツ

料理をしないお子様も同伴可能です。人数によっては
追加送迎がかかる場合もございます。9歳以下のお子様は
見学のみとなります。

マイカオ、ナイトーン、ナイヤーンは、追加送迎代が
お一人様 350バーツかかります。そのほかプーケットの
ホテルは、送迎が含まれます。

 詳細は、こちらのページをどうぞ↓


お問い合わせは
hkt@thailand-travelgateway.com


 当社のHPはこちら

BY さくらこ

この記事に


.


みんなの更新記事