ピピ島へ行こう 〜 クラビ・サムイ・パンガー・カオラックホテル〜

タイ南部リゾート、サムイ、ピピ・クラビ・パンガー・カオラックのホテル日本語予約

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11

イメージ 11

カオラック一の繁華街に近い、バンニアンビーチにある
ムクダラビーチヴィラ。メイン通りからはちょっと奥に
入りますが、ホテルのそばには、ラマダカオラックや、
ラフローラなどもありますし、ローカルレストランやお店も
徒歩圏内にありました。日中だったら、ぶらぶら歩いて
大通りまで歩いたりもできそうです。
カオラックセンターまでは、5−10分程度です。

今回見たカオラックのホテルの中で、実は一番印象に
強く残ったのがこのホテルでした。最初、ホテルのウェブサイト
を見て、下調べをしていたときは、「なんかダサいホテルかも・・」
と思ったのですが、ウェブサイトのデザインがイケていなかった
だけで、実際みたら、オールドタイタイスタイルで、すごく良かった
です。他のホテルが、モダンタイスタイルで、オシャレでシンプルな
ホテルが多かったので、より昔ながらのタイスタイルだったこの
ホテルが、新鮮に思えたのかもしれません。
(逆に、ものすごく期待していたサロジンは、結構普通でした・・・
やっぱり実際見てみないと、わからないものですね。)

ロビー前にある象をあしらった噴水から、ロビーのカラフルな
枕のようなクッション、金色の蓮の花の絵画、牛舎や仏像の
オブジェなど、タイアンティークを感じさせるものが
ホテル内にたくさん溢れています。
やはりタイに来たら、こういうムードも味わいたいですね。

ホテルのオープンは、2005年。3階建てのビルディングタイプ
と、ビーチの近くに建てられたヴィラタイプに分かれています。

ビルディングタイプは、デラックスロイヤルウィング、
グランドデラックスロイヤルウィングの2タイプ、
ヴィラは、デラックスガーデンヴィラ、デラックスジャグジーヴィラ、
ハネムーンスイートヴィラ、プレジデンシャルスイーとヴィラの
4タイプに分かれています。

【客室について】

・デラックスロイヤルウィング(74室、45SQM)
一番お部屋数が多いのが、このカテゴリーになります。
バルコニーからは、ガーデンまたはプールビューになります。
お部屋は広々としていて、木のフローリングが涼しげです。
全室バスタブ付きになり、バスタブとシャワーブースが
分かれています。バスタブはお部屋からこんにちはできる
タイプです。ベッドサイズはツインの場合は、
普通のシングルサイズとなります。
ツインベッドは74室のうち8室しかないので、早めの
予約が必要です。

・グランドデラックスロイヤルウィング(2室、90SQM)
3階にあり、ガーデン又はプールビューですが、
デラックスロイヤルウィングより景観はよくなります。
ベッドルーム、リビングルームと分かれており、
アウトドアジャグジーがあります。ダブルベッドのみ。

・デラックスガーデンヴィラ(54室、70SQM)
ビルディングタイプの前にあるヴィラで、ガーデンビュー
になりますが、一戸建てタイプの素朴なヴィラです。
とんがりお屋根も、やっぱりタイ風。ガーデニングも
とてもタイ風です。ヴィラの前には、木のチェアーがあり、
足を置く台も木でできています。室内は、ビルディングの
お部屋よりも、重厚な感じで、高級感がぐっと感じられます。
ファブリックに、タイシルクなどが使われているよう。
お部屋は、ベッドルームの横に、ちょっと大きめなサラ
(出窓)があって、三角枕がおいてあります。
ここはくつろぎスペースとして、活躍しそうです。
ツインベッドも10室ほどあります。

バスルームは、「おお!」とつい言ってしまいましたが、
石のおおーーーきなバスタブで、体の大きな人でも
のびのび入ることができそうです。バスタブの後ろは
蓮池が配置されていて、いい感じ。隣には、半屋外
レインシャワーがついています。

・デラックスジャグジーヴィラ(13室、70SQM)
部屋のサイズや一などはガーデンとほぼ同じですが、
部屋の装飾が少し違うのと、バスルームも違います。
ベッドは天蓋がついていて、バスルームは、バスタブが
ジャグジーになっていました。また、スイッチを入れると
窓のところに、水が流れるようになっています。
こちらのお部屋にはDVDプレイヤーがつくということでした。
サラスペースと、アウトサイドレインシャワーは、
デラックスガーデンと一緒です。ダブルベッドのみ。

・ハネムーンヴィラ(6室、70SQM)
場所はビーチの前になりますので、バスルームから
海が見えるという贅沢なヴィラです。部屋の前のチェアーも
海から至近距離。
室内は、バスルームが海側にあり、その奥にベッドルームと
サラがあります。ベッドもハネムーンぽく、スモーキー
ピンクで、象さん柄という、ちょっとラブリーな感じです。
部屋のあちこちに、タイの骨董を感じさせるアクセントが
ちりばめてあります。ヴィラの入り口のドアも、チーク材を
彫刻したもので、タイの神話をモチーフにした絵柄が
入っています。豪華!

・プレジデンシャルスイートヴィラ(2室、320SQM)
今回は見学できませんでしたが、2ベッドルームヴィラになる
ということです。ジャグジーバス、アウトサイドシャワー、
見にキッチン、アウトドアダイニングスペースなどがあります。

【室内設備】

エアコン、テレビ、DVDプレイヤー(部屋タイプにより)、電話、
みにばー、無料の飲料水、ポット、無料のコーヒー、紅茶、
バスローブ、スリッパ、ヘアドライヤー、セーフティーボックス

【バスアメニティー】

シャンプー、コンディショナー、石鹸、バスフォーム、ボディローション、
歯ブラシ、髭剃り

【インターネット】

ホテル内はワイヤレス使用可能(有料)、パソコンはビジネスセンター
にあり。利用は無料。


【レストラン・バー】

Touch Beach ビーチサイド、シーフード
Khaolak Diary 軽食 ドリンク
La Cuisine イタリアン
Leela タイ料理 イタリアンレストランとくっついています。
Absolute Bar
Poolside Bar

【ホテル内施設】

プールは大きなメインプールがひとつと、その上に階段を
上っていくと、ハネムーナーなどにお勧めな静かなプールが
2階にあります。一階プールには、水着のまま入れる
プールバーが二箇所あります。また、海のそばにももうひとつ
プールがあるので、全部で3つのプールになります。

プール前のビーチとの間には、イスとテーブルが
並べられていますので、ここで軽食やドリンクを楽しむ
こともできます。

他には、ビーチサイドにウィンドサーフィン、シーカヤック、
ビーチバレーなどができるマリンアクティビティエリアあり。

ライブラリー、会議室、ビジネスセンター、キッズコーナー、
フィットネス、テニスコート

【スパ】

Mukuda Spa 10:00−18:00
ホテルのロビーから道路側に降りた、別の建物になります。
全4部屋で、2部屋がプライベートジャグジー、アウトドア
レインシャワーがついた、スパスイートになります。
他2部屋は、普通のお部屋です。
スパ内には大きなプールがあり、その周りにトリートメント
ルームがあります。こちらももちろんタイタイスタイル。
中央にある、屋外のサラスペースでのタイマッサージは
とても気持ちがよさそうです。
宿泊客以外でも、利用ができるということです。

【料金】


2017年5月1日から10月31日
デラックスロイヤルウィング 2100バーツ
デラックスガーデンヴィラ 3200バーツ


Mukdara Beach Villa & Spa Resort
67/179 Moo 5 Khukkak Takuapa Phang Nga 82190


★このホテルのお問い合わせ・ご予約は
hkt@thailand-travelgateway.com

★カオラックのホテル、カオラック情報は★
http://www.phuketwebmagazine.com/khaolak.html

BY さくらこ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事