ピピ島へ行こう 〜 クラビ・サムイ・パンガー・カオラックホテル〜

タイ南部リゾート、サムイ、ピピ・クラビ・パンガー・カオラックのホテル日本語予約

ピピカシタ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

ピピカシタ

イメージ 10

ピピホテルグループの“ピピカシタ”を見学してきました。
トンサイ港から徒歩で約15分なので、ちょっと歩きますが、
ローダラムビーチまではたったの1分。

イメージ 11

ロビーは、天井も高く開放感抜群。
全体的に木の風合いとなっているので、落ち着いた感じです。

イメージ 12

ホテルの前には、マッサージ屋さん。食堂、ツアーカウンターがあり、
ちょっと行けばビーチに出れるので、以外と便利いいです。
ビューポイントまでは約20-30分坂道を歩けば行けるそうですが、
今回は断念しました。。
イメージ 13

イメージ 14


敷地内の通路は、木の桟橋(?)でつながっていて、
両サイドには植木がたくさん。
まるで日本庭園のような感じ!?です。

・バンガロー
寝るだけなら十分ですが、ベッドの周りはあまりスペースがないので、
スーツケースを思いっきり空けるには厳しいかも。
入り口を入るとすぐ左手にバスルームがあり、

イメージ 1

イメージ 2

・ビルディングルーム
バンガローのお部屋より広くなり、バルコニーもあります。
バルコニーからの景観は素敵なものではありませんが、
とても静かです。
イメージ 3

イメージ 4

・ヴィラ
建物の周りは、小さな池で囲まれていて、
小さな橋を渡りお部屋に入るので、プライベート感があり、
見た目にも涼しげな印象です。
内装もちょっと豪華になっていて、タイらしい絵も飾られています。
バルコニーもちょっと広めになってるので、ゆったりくつろげます。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

お部屋の広さでいうと、ビルディングルームが一番広かったです。
どのお部屋もエキストラベッドの搬入ができないため、
1部屋大人2人まで宿泊可能です。

敷地内の一番奥にはプールとレストランがあり、
プールはジャグジーになっている場所もあります。
イメージ 8

イメージ 9

こちらのホテルは、全体的にこじんまりとした印象を受け、
過去のブログにも書いているように、
まさしく“プチリゾート”っていう言葉がぴったりです。
リーズナブルな料金でリゾート気分を味わいたい方にはお勧めです。

※こちらのホテルは、10歳のお子様の宿泊はできなくなっております。

ピピカシタの料金はこちら↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2007/7782918.html

お問い合わせはこちら
hkt@thailand-travelgateway.com
 
当社HP
by  チャ

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

お部屋の中は、敷地内で摘んだお花で装飾されてます。

ベッドの上はもちろん、
ドレッサー、シャワールーム、足拭きマットなどにも
さりげなく、ちょこんと置かれており、
ハッピーな気分にしてくれます。


【ピピ島ホテルのお問い合わせ・ご予約】

hkt@thailand-travelgateway.com

【ブルーアイランドHP】

http://www.blueisland-phuket.com/



BY:あさり

この記事に

開く コメント(0)

ピピカシタの桟橋

イメージ 1

昨年11月に初めてピピカシタを見たとき、
心打たれたのは、バンガローを繋ぐ桟橋。

周りの景観はあまり期待できませんが、
この桟橋で繋がっているピピカシタ内は、
少し別の空気が流れるプチリゾートです。

以前は橋の所々に小さい穴がありましたが、
女性のヒールなどが突っかかってしまう事もあり、
現在はコンクリートで埋められ、
歩きやすくなっています。


【ピピ島ホテルのお問い合わせ・ご予約】

hkt@thailand-travelgateway.com

【ブルーアイランドHP】

http://www.blueisland-phuket.com/



BY:あさり

この記事に

開く コメント(0)

ピピカシタの朝食

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

レストランはプールの奥にあります。
そこからの眺めはというと、目の前のはらっばに、
その先のロダラムベイがちょっぴり見れます。

朝食はブッフェスタイル。
私が宿泊した日の内容は、
エッグコーナー、ベーコン、ハム、ソーセージ、フライドライス、
フライドヌードル、ベイクドビーン、ベイクドポテト、フレッシュサラダ、
食パン、ヨーグルト、コーンフレーク、コーヒー、紅茶、ミルク、
ジュース(オレンジ、パイナップル)、フルーツ(スイカ、パイナップル)が並んでいました。

他の2つのホテルに比べると内容が劣るという話も聞きましたが、
ピピ島での朝食にしてはなかなか大満足の内容です。


【ピピ島ホテルのお問い合わせ・ご予約】

hkt@thailand-travelgateway.com

【ブルーアイランドHP】

http://www.blueisland-phuket.com/



BY:あさり

この記事に

開く コメント(0)

ピピカシタのテレビ

イメージ 1

イメージ 2

ピピカシタのテレビには、ピピホテル屋上に設置されているカメラからの映像
(トンサイベイ側とローダラムベイ側)が放映されているチャンネルがあります。

「シービューではないお部屋でも、シービューが楽しめちゃいますっ(ブイブイ)!」
とセールスの方はとっても自慢気に説明してくれました。

本当に24時間映像が流れているのかい?と疑い深い私は、
夜中にチャンネルを合わせてみました。
確かに、そこには真っ暗で灯りが点々としている様子が流れていました・・・。

ピピカシタ以外にも、ピピホテル、ピピバンヤンも同様のサービスとなるようです。



【ピピ島ホテルのお問い合わせ・ご予約】

hkt@thailand-travelgateway.com

【ブルーアイランドHP】

http://www.blueisland-phuket.com/



BY:あさり

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事