NEW YORK PHOTO DIARY

ニューヨークへ、ようこそ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

歩いて行こう

2月以来3ヶ月も更新を怠ってしまいました。すいません。

震災の2週間後、日本へ帰った。当たり前のものがそこにあることに感謝することの大切さを学んだ。

NYの花粉症もやっと終わりをつげ、暑い夏もすぐそこ。

被災地の皆さんのことを思いつつ、僕はここNYでがんばる。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(3)

いけすの中。

いけすの中にいる魚や動物園の動物達はエサを取る必要が無い。

人間に例えるならいつまでも家族や他人に金銭的援助を受けている人達ということになる。

人間として生きていく術を学ぶはずの20代から30代の黄金期に、いけすの魚よろしく生きてきた人間には人生の荒海を生き延びる実力はつかない。

いけすから飛び出せ! 今ならまだ間に合う。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)

いつものように。

まだまだ寒いNY。

ところがなぜか明日は最高気温が17、8度まで上がるとの予報。

でもその数日後にはまた氷点下まで下がるとの予報も。

まぁ、周囲の環境の変化に一喜一憂することなく、平常心をもって物事を粛々と進めていければと思います。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

とりあえず一歩

もしかしてあなたの周りの空気が停滞してますか?

そんな時は少しでいいから自分で自分の身体を動かすのだ。

そうすれば身体の周りの空気が動きだし、やがて共鳴という作用によって大きなうねりになる。

やはりいつでも大事なのは最初の一歩だ。
イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

グラセン

グランドセントラル駅の電燈。

NYでは、あっていない時計、切れている電球、壊れている公衆電話など、まるで最初からその状態だったようにずっと放置されているのが当たり前なのだが、さすがに大勢の観光客が訪れる人気のスポットだけあって、切れている電球が一つもないのがおもしろい。

このシャンデリア、家にもって帰って室内で灯してみたいものだ。

きっと未来まで明るくしてくれるに違いない。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事